Posts Tagged ‘集団的自衛権’

集団的自衛権は、国連加盟国ならば、どの国にも認められている権利です。
権利だから行使しない、という選択肢もありますが、そうするとすべて、個別的自衛権で対処しなくてはならなくなりますから、国民の負担はもっと重くなります。
経済的負担だけではなく、それこそ「徴兵制」「国民皆兵制」等を敷く必要が出てくるかもしれません。

武装そのものが「悪」だという考えもあるかもしれません。しかし、非武装によって国民が蹂躙され、弾圧され、「専制と隷従、圧迫と偏狭」にさらされたら、その責任はだれが負うのでしょうか?
そのような軍事力を行使する(もしくは軍事力を背景に圧力をかけてくる)悪しき勢力から国民を守る武力は、「善か悪か」と言えば、善でありましょう。
「正義の戦い」はありうるのであり、戦いはすべて悪、というのであれば、「水戸黄門」も悪となり、この世は悪代官がはびこる真っ暗闇の世界となります。

昨日は、金沢市東長江にて、辻立ちをさせていただきました。

img_2811

img_2812

img_2813

下記をクリックすると、動画をご覧いただけます。

↓ ↓ ↓


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

「鬼手仏心」という言葉があります。
集団的自衛権の行使を容認することは
「国民が戦争に巻き込まれる!」という恐れを抱かせる鬼かヒトラーかというような怖いことのようにも見えます。しかし結果として国民を守ることになるなら、それは仏の心のごとき慈悲であると言えます。
これとは逆に、「地獄への道は善意で舗装されている」という言葉もあります
一見優しく、耳に聞こえのいいことであっても、堕落へとつながる場合もあります。
保護や補助も過ぎれば怠け者や努力せずして結果だけを手に入れようとする人々を生み出し、 結果として不幸な人々を多数生み出すのみならず、国家そのものを傾けてしまうこともあります。

集団的自衛権については、憲法の解釈変更ではなく、「憲法改正から入るべきだ」というマナーの問題をあげつらう方もおられます。
それはその通りかもしれませんが、結局、行使を容認
したくない勢力の先延ばしのための言い訳に使われるようならば、やはり国民を守れないことになります。
また、ローメーカーたる国会議
員が、裁判所のようにあまりにも細かいことを審議し続ける状況が続けば、ますます国民には何が大事なのか、その本質が見えにくく、分かりにくくなりますし、結局、国防の備えが後れることになります。
法律を定める場合、「すでに起きた(悪しき)こと」を規制するためのものが多く、未来に起こりうることを想定して法律を作ることは極めて難しいように思えます。ここは行政府がリーダーシップをとって、リスクを背負って、創造的に未来に備えた方がよいでしょう。

総じて、反対派や(改憲から入るべし、とする)慎重派は、中国の脅威をあまりにも軽く見すぎている傾向があるように思いますし、脅威は感じながらも、そんなに急なことはあるまいと高を括っているようにも思います。
しかし、現在進行形で中国の侵略の歩武は進められており、侵略され自治区になった地域に住む少数民族は大変な迫害や弾圧を受け、根絶やしにされようとしております。
そんな国に、日本の70年以上前の(ありもしなかった)侵略や虐殺をあげつらう資格はありません。
もし日本が前非を悔いるとするならば、戦後70年の武士道精神を忘れて町人国家と化し、隣国の不幸を見て見ぬふりをしてきた(見ようともしなかった)腰抜けぶりを悔いるべきであり、その反省の下に、アジアの平和と自由を守るためにアジアの盟主として立ち上がるべきでしょう。

安倍政権による、「集団的自衛権の行使容認」という閣議決定は、「勇断」と言ってよく、少なくともここ20年はなかった、チャレンジングかつリスクテイキングで創造的な政治だとは思います。
しかし、それでもまだ「中華帝国主義」の野望に対する備えとしては、十分なものではなく、次の(いつになるかは予断を許しませんが)総選挙においては今度こそ、ぜひとも「憲法改正」を最重要課題として掲げていただきたいものです。

平和を守るためには、守るために戦う人が要る、というのも歴史の鉄則と言っていいかもしれません。
そういう使命を担う人々は、国民から尊敬されて当然であり、それこそ“グローバルスタンダード”でありましょう。
命を賭けてわが国を守っておられる自衛隊員の皆さんが、いつまでも鬼子扱いされていいわけはありません。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

ようやく、集団的自衛権の行使容認が閣議決定されましたね。
一つの記念すべき日とはなりました。

幸福実現党からもプレスリリースが発表されました。→http://info.hr-party.jp/press-release/2014/3171/

私ももちろん、賛成して来た立場なので、まずは良かったと思います。
それにつけても、集団的自衛権の行使容認を巡っての騒動は、日本においては、憲法の改正が困難であることはいうまでもなく、 憲法の解釈すら、「不磨の大典」と化していて、容易に変えることができないものだったということを実感させるものではありました。
その点から見ても、今回の閣議決定は、歴史的と言えるかもしれません。

現行日本国憲法を素直に読めば、個別的自衛権だってほんとうは持てないでしょう。
第9条の、いわゆる「芦田修正」によって、「前項の目的を達するため」でなければ戦力を持っても良い、という十分怪しい解釈になっています。
「解釈改憲」などという大げさなものではなく、「変えるべきでない」と一部左翼陣営が言っている現在の憲法解釈も、別に国民投票によって決定したものではありません。
時代も環境も変わっているのですから、国民の生命・安全・財産を守るために必要とあれば、時代や環境に合わせて解釈を変えることは、何の問題もないではありませんか。

もちろん、憲法改正は時間がかかるから変えなくてよい、いつまでも解釈を変えるだけで対応していけば良い、というわけでもありません。やはり改正を急ぐ必要はあると思います。

「奴隷の平和」でも構わない、人権蹂躙や弾圧を甘受してでも、絶対に戦争は避けるべきだ、という選択肢もあるでしょうが、それではあまりにも情けないではありませんか。
とはいえ、「戦争したいですか、したくないですか」、あるいは「自分の息子(娘、あるいは自分自身その他の家族など)を戦争に送り出すことに賛成しますか」 などという質問の仕方をしたら、大多数は反対するでしょう。
主権国家としての誇りと主体性を守る気概があるか。
それ以前に、個人としての生き方においても、自らの運命を主体的に選び取って人生を生き抜きたいという意志があるならば、私たちは、ある程度の犠牲も覚悟の上で、「自分の国を守るためには、武力の行使も辞せず」と腹をくくらなければならない。
その覚悟があるか否か。それが問われている時代なのだと思います。

今朝は、野々市市新庄2丁目で、朝の辻立ちを致しました。
久しぶりに、サポーターのKさん、Tさんも 応援に駆けつけて下さいました。
ご支援くださる皆様方には、本当に感謝・感謝でいっぱいです。

2014-07-01-野々市市新庄2丁目交差点にて

2014-07-01-野々市市新庄2丁目交差点にて

下記をクリックすると、動画をご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

2014 07 01 野々市市新庄2丁目交差点での辻立ち


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

集団的自衛権の行使容認は、今までの政府見解を変えることになるので、憲法を改正することなく、時の政権の都合で恣意的に変えられることになる。それは、民主主義に反する、あるいは立憲主義に反するからよろしくない、という意見があります。

一方で、憲法改正は王道かも知れないが、それには長い道のりが必要で、いまは急を要する国防の危機的状況であるから、国民の生命・財産・安全を守るためには、取り急ぎ、解釈を変更してでも集団的自衛権は行使できるようにした方が良い、という意見があります。

私はもちろん後者の意見です。手続きというか、マナーの問題に終始して、本当に守るべきものが守れなかったら本末転倒ではないか、と思ってしまうのです。
そもそも、憲法を守るために国民がいるのではなく、国民を守るためにこそ憲法があるのではないですか。

この議論とは別に、宗教的勢力は宗派を問わず、概ね「反集団的自衛権」で一致団結しているようです。
この点、反原発運動と似ていなくもありません。
「平和勢力」とはただひたすら戦争を欲しない勢力のことなのでしょうか。

戦争さえ起きなければすべてよし、とするならば、「奴隷の平和」を甘受しなければならなくなるでしょう。

無反省で利己的で、一方的に自らの主張を押しつけてくる無法者の帝国主義的侵略に屈して、それでも戦争は悪だから戦いません、というのは、卑怯者ではないですか。
日本だけが我慢すれば済む、という話に止まらず、フィリピンもベトナムも、その他のアジア諸国も、無法な侵略主義に困っているのであるならば、共同して無法者に立ち向かわねばなりません。

正義の実現こそ、神仏が人間に求めることではないでしょうか。

「悪を押しとどめ、善を推し進める」ことは、仏教の根本でもあります。

「戦争に正義の戦いなどなく、すべて悪である」というのは間違いです。
「正義の戦いもあれば、悪なる戦いもある」というのが真理です。

三千年に渡り、八百万の神々が守り、「仏陀再誕の地」である、神国・仏国土・日本 こそ、アジアと世界の平和を守り、繁栄に導く盟主であるべきであると考えます。

神意・仏意は、「積極的平和主義」にあると言うべきでしょう。

ブログは久しぶりになってしまいましたが、辻立ちの動画はしばしばアップしておりました。
よろしければ、ご覧になって下さい。

↓ ↓ ↓

2014 06 10 野々市市新庄2丁目

2014 06 12 金沢市東長江交差点にて辻立ち

2014 06 16 加賀市作見町にて

2014 06 20 金沢市東長江交差点にて辻立ち


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

「集団的自衛権」とは、「集団的侵略権」などではありません。
憲法以前に、国際的に認められている権利です。
目くじら立てて反対する理由など、ありません。
「集団的自衛権は、あるけど使えません」などという不可解な解釈が何十年もまかり通って来たこと自体が異常です。
これ、英語で訳すとき、どうしてるんでしょう?

憲法の解釈なんて、それ以前に、憲法自体も、永遠不滅の普遍の真理などでは全くありません。
軽んじるつもりもないが、しょせん人間が、人間世界で生きていく上でなるべく争いや諍いが起こらないように、起こったとしても、早めに丸く収まるように、と考えて作られたものでしょう。
神ならぬ身の人間が作ったものである以上、完璧であるはずがない。
ならば、時代や環境の変化に合わないものであるならば、対応できるように速やかに変えればよろしい。
仏神から降ろされたはずの、モーセの十戒も、ムハンマドのコーランも、イエスの言葉も、孔子の論語も、釈尊の仏説も、普遍の真理がちりばめられてはいるが、二千年も三千年も経つと、さすがに現代ではそのまま通用しない部分があるのだから。
それゆえに、そうした世界宗教でさえ、数百年か千年単位で、中興の祖や宗教改革者が現れて、変革して来た歴史があるではないですか。
神や仏の言葉でさえ、時代によって変遷するのです。

私たちは、北朝鮮の核ミサイルの暴走や、中華帝国主義に備えよと訴えるものですが、
「そんなミサイルがいつ飛んでくるの?」と冷笑する人もいます。
いつ飛んでくるかは分からない。しかし、だからといって備えをしないのは、「地震などいつ起こるか分からないから備えなどしない」と言っているのと同じく、愚かなことだと思います。
そんな愚かな人が、「選良」と呼ばれる方々の中にも少なからずいらっしゃるのだからあきれてしまいます。
本来、憲法改正が筋だとは思いますが、「いつミサイルが飛んでくるか分からない」状況であれば、悠長なことは言っておれません。
取り急ぎは、解釈の変更で乗り切るしかないではありませんか。

平和主義も結構ですが、相手はそうではありません。軍事拡張を続けており、アジアの脅威となっております。
あまりに宥和的に譲歩を重ねると相手の増長を招き、かつてのナチス・ドイツによるヨーロッパ各地への侵略のように、取り返しのつかないことになりかねません。

やはり、日本は、アジアのリーダーとして、一日も早く集団的自衛権の行使を容認し、アジアの平和と安定に貢献できるようにならなければなりません。

昨日夕方、白山市徳丸交差点にて辻立ちを致しました。

白山市徳丸交差点にて(1)

白山市徳丸交差点にて(1)

白山市徳丸交差点にて(2)

白山市徳丸交差点にて(2)

下記をクリックすると、動画をご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

2014 06 03 白山市徳丸交差点での辻立ち
(マイクの電池が突然切れて、中途半端に終わっています)


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

集団的自衛権—。その行使を容認するか否かを論じることができるようになったこと自体が、今までの日本の政治風景から見れば、時代が変わって来ていることを象徴してはいます。しか行使容認への道は、しばしば「再び戦争のできる国にするのか」と批判されます。
あえて言いますが、「戦争も辞せず」という覚悟がなければいざという時に国を守れるものではありません。
最初から「戦争は致しません」と自ら手足を縛って、「言論で戦う」と言っても「平和を愛する諸国民」とはとても思えないような輩を相手に、言論などという高貴な武器は通用しないでしょう。それはあたかも、サバンナを丸腰で歩いていてライオンに出会って、「私を食べないでくれ」と説得するようなものです。

自由、独立を守るためには、どの国だって、血を流すことを厭わないものです。いや十二分に厭いはするが、のたうち回るような懊悩を経て、あえて青年の血を流さなければならないかもしれない決断をしなければならないこともあるのが、真の責任あるリーダーの姿でしょう。
この世の命を至上と考え、それを守ることのみに汲々とする姿は、ある面で、人間の、と言うよりも動物の本性でありましょうが、人間はそれを超えた高貴なる存在であります。
この世の命のみが至上なのではありません。この世の命を超えて、守るべき崇高なものがあるのです。
この世の命至上主義とでも言うべきものは、ある意味で、唯物主義と変わらず、行き着くところは「自分さえよければいい」という自己中心主義の極致でしかない、ということは、13億か14億かの人口を抱える、隣りの巨大な唯物論国家を見れば、思い半ばに過ぎましょう。

偉大な先人たちは、自らの身命を擲って、この世の命以上に崇高で守るべきものがあることを身を以て示されました。
イエス・キリストしかり。またその弟子たちも。時代を下って、ジャンヌ・ダルク、ヤン・フスもそうであったでしょう。
日本においては、明治維新前夜の吉田松陰先生をはじめとする、数多の志士たち。
名もなく散っていった草莽の志士たち。
大東亜戦争(どこかのメディアでは、プレスコードでこの用語は使ってはいけないそうです)で散華した三百万英霊。
目には見えないけれど、この世の命をも超えた、価値あるもの。
愛、慈悲、智慧、真理、自由、勇気、正義、献身、などなど。
これらを守るために、人はあるときには、自らの命を投げ出すこともあるのです。

やみくもに戦争を欲しているわけでは決してありません。また、戦争を賛美するつもりもありません。
戦争はあるとき起きるものであり、避けることができない場合もあり、そういう場合も想定して備えをするのは例えば国家のリーダーならば当然のことでしょう。
「戦争にいいも悪いもない。戦争はすべて悪い。だから日本は(日本だけでも)戦争はすべきではない」と言う方もいるでしょう。
もし「戦争にいいも悪いもない」のが真理ならば、先の大戦で、負けた日本のみが悪者にされるいわれはなく、勝った連合国側も悪い。
そして、東京大空襲で無辜の民を焼き払い、広島・長崎と2発も原爆を落とした罪は、人類史上最大の虐殺、最悪の「人道上の罪」の一つとして断罪されるべきでしょう。

悪なる戦いと、正義の戦いは、確かにあります。
少なくとも、国民が自由を奪われ、粛清や弾圧を受けるような未来が待ち受けているならば、そうならないように断固として戦うべきだと思うのです。
戦いには勇気が必要です。
あえて言えば、勇気なき国民は滅びるしかないのです。

またある人は言う。「時の政権によって、自由に憲法の解釈が変えられるようでは、立憲主義に悖る。憲法改正こそ筋ではないか」と。
確かに、憲法改正こそ王道でしょう。しかし、それだと何年かかるのですか?目の前に迫る有事に対処できるのですか?
法律(憲法)を守って、国民の命を守れないというならば、それは本末転倒でしょう。
結局、集団的自衛権の行使容認を認めたくないがための言い訳、時間稼ぎにしか思えません。

さらに言いますが、「立憲主義」がさも世界の「常識」のように言われますが、それは果たして真理でしょうか?
「立憲主義」は全能の神のごときものなのでしょうか?
憲法と言い法律と言い、人間が作ったものです。
わけても現行日本国憲法は、GHQ主導で1週間ほどで作られ、「下賜」されたものです。
法の根源にあるものは、神仏の法であるべきですが、近現代の(法)哲学の流れは、そうしたものを否定する方向で流れて来ていると言えましょう。
しかし、人間の作った法が、神仏の法を超えてよいとは、どうしても思えないのです。

人間心、あるいは人間の頭を超えた崇高な理念を語るには、神仏から話を始めなければ無理でしょう。
神仏の存在を、そしてその愛や慈悲を、信じることが、どうしてそれほど難しいのでしょうか。いや、難しくなったのでしょうか。
かつての日本人はそうではなかったはずです。
英霊たちは「靖国で会おう」と言って散って行ったのです。単なる言葉だけの、慰めで言っていたとは思えないのです。
私の幼い頃はまだ、年配の人たちは、神社の前を通る時、一礼して通り過ぎたものでした。
お盆やお彼岸に、お墓参りするのは、決して儀礼としてのみの行為ではなかったはずです。今でも心から故人を偲んで冥福を祈って手を合わせる姿を見るのはそれほど困難なことではありません。

神仏を信じる行為は、決して恥ずべき行為ではありません。
信仰を持っているということは、唯物論国家を除けば、世界の、極めてスタンダードな姿です。
「日本の誇りを取り戻す」とは、「日本人の信仰心を取り戻す」と言うことでもあります。なぜなら、人間としての誇りの根本は、神の子、仏の子として、神仏と同じ性質を宿しているということに行き着くからです。

そしていつの時代も、時代を動かすものは、神の愛であり、神の愛を具現化せんとする使命を帯びた一群の人々であります。
私も、全能の神の愛を具現化する者のひとりでありたいと熱望するものです。

写真は、5月20日野々市市御経塚交差点での辻立ちの様子です。
野々市市御経塚交差点にて

野々市市御経塚交差点にて

下記をクリックすると、動画をご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

2014 05 20 野々市市御経塚での辻立ち(前半)
2014 05 20 野々市市御経塚での辻立ち(後半)


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

集団的自衛権のワナ

集団的自衛権のワナ 第1次世界大戦100年の教訓  (丹羽宇一郎氏の経営者ブログ) :日本経済新聞

「集団的自衛権」そのものの問題ではない。

この人の考えは、「刃物を持つと危ないから、持たないようにしましょう」「自動車を運転すると交通事故をこすかもしれないから、運転しないようにしましょう」と言っているのと変わらないレベルではないか、と思ってしまったのは、次の文章。

第1次世界大戦が今で言う「集団的自衛権の相互行使」によって、欧州だけでなく世界が2つの陣営に分かれて泥沼のような戦争にはまり込んでしまい、甚大な被害を招いた側面があるからです。

集団的自衛権行使の連鎖が閾値(いきち)を超えてしまうと、今度は戦争の連鎖を起こすという「集団的自衛権のワナ」と呼ぶべき現象が根本にあったと思います。

そして、次の文を読むと、日米同盟を否定しようと、一生懸命論理を立てているようにも見えます。

集団的自衛権を行使して日米同盟が双務的なものになれば、東アジアで有事が勃発した場合に米国をより頼みにできるという期待はあるかもしれません。一方で、例えばウクライナやシリアのように日本とは直接利害関係のない場所で米国が軍事的支援を必要としたときは、日本は派兵を求められる可能性も出てくるわけです。日本と戦火を交えたことがない国にも派兵すれば、その国の日本への対応は変わってくるでしょうし、「敵国」と認識されることになります。この構図は第1次世界大戦以来、さほど変わってはいないのです。

同盟を結ぶ以上、これらのことは、当然受け入れるべきリスクであり、これがいやならそもそも同盟などするべきではないと思うのです。
おそらく世界中のどこでも、国家のリーダーたちは、そうなる可能性はあることを受け入れつつも、それでもこの同盟は必要だと判断をし、同盟を結んでいるのです。
第一次世界大戦のときは、日英同盟に基づき、日本も参戦し、軍事的には”先生役”の時期もあったドイツを敵としました。
その後、第二次大戦時には、今度はドイツと同盟を結んだのでした。
その選択の結果がその国にとって良かったか悪かったかは、国家のリーダーが結果責任を負う必要はあるのですが、このような変転は国際政治ではよくあることでしょう。

「戦争は嫌だ。絶対反対だ」と唱えてさえいれば、戦争は起こらない。たとえ世界のどこかで起きたとしても、巻き込まれることはない」というならば、そんな楽なことはないのですが、世の中そううまくはできていません。
「戦争はいやだいやだ」と言っいてたヨーロッパ諸国が、戦争を避けるために、次々とドイツに割譲を許し、あっという間にドイツに席巻され、結果、第二次世界大戦へと突入していった事実を、丹羽氏はどう見るのでしょうか?
毎年、軍事費10パーセント超の成長を続ける中国の軍拡を、自国の防衛を強化することなく(外交努力はするにしても)、指をくわえてみていなければならないとは。
その外交努力も、背景に武力がなければどれほど立派なことを言っても、結局は虚しいものです。虚空に吠える犬の遠吠えにも似て。

座して死を待つのか、隷属に甘んじ、卑怯者国家として(国家とは呼べなくなっているかも知れませんが)生き延びるのか?
数千年の歴史を誇り、サムライ精神を根底に持つ国としてはかなり恥ずかしいことです。

丹羽氏は、日本人のなかにこういう発言をする人が(しかも大使まで努めた著名人に)いることで、中国を油断させる役割を担って、わざとこのように言っていると信じたい。
駐日大使時代に、国旗を奪われるという、万死に値することをされたので、その罪を償うために、必死でそのような演技をしているのだと信じたい。

どの主権国家にも認められている、集団的自衛権の行使に反対もしくは慎重であれ、という主張は、日本だけが、「○○に刃物」のように、行使させるのは危険だ、との論理であり、その底流には、”自虐史観”が脈々と(滔々と、かも知れません)流れているようです。
日本は、正当なる誇りを、取り戻さなければなりません。

8日の朝は、これまた久しぶりに、野々市市で辻立ちを致しました。

野々市市新庄2丁目交差点(1)

野々市市新庄2丁目交差点(1)

野々市市新庄2丁目交差点(2)

野々市市新庄2丁目交差点(2)

下記をクリックすると、動画をご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

2014-04-08-野々市市新庄2丁目での辻立ち


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

阪田雅裕元内閣法制局長官は6日、日本記者クラブで記者会見し、内閣法制局の役割について「(法令解釈の)理屈をしっかり立てて言えるかがレゾンデートル(存在意義)だ。そこが失われたら『政府の使い走り』ということだ」と指摘した。安倍晋三首相が意欲を示す集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の変更を、小松一郎法制局長官が容易に認めるのをけん制した発言とみられる。

元法制局長官が憲法解釈変更けん制  :日本経済新聞

この人はきっと、わが国がいま未曾有の国防の危機に立っており、国家の存亡が掛っていると言うことを理解していない(できない)に違いない。

それにしても、「使い走り」だとか、「番犬」(某共産党議員)だとかいう言葉は、言う人の品位を疑います。
内閣法制局は、内閣に置かれているのだから、そのトップは内閣総理大臣のはずです。
例えば社長の意向を汲んで仕事をする部長を、「使い走り」とか「番犬」と言うでしょうかね?

国民の生命・安全・財産を守り、国家主権を守るために必要ならば、憲法の解釈を変更するぐらいのことは当然ではないですか。
それらを守ることよりも、従来の憲法解釈を変えないで守ることの方が大事だとは、到底思えないのですが。

従来の解釈では立ち行かない状況が生起した場合、解釈を変更することよって対処しようと判断する、その最高責任者は、言うまでもなく総理大臣です。
その解釈が間違っている、と糾弾するのは、内閣法制局の仕事ではなく、国民(が次の選挙で落とす)であり、司法(最高裁)の仕事だと思うのですが。
日本は、三権分立の国のはずです。

ああ、憲法(の解釈)守って、国滅ぶ、なんてことがあってはなりません。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

安倍晋三首相は6日、首相官邸で自民党の石破茂幹事長、高村正彦副総裁、高市早苗政調会長と個別に会談し、集団的自衛権の行使を容認するための憲法解釈変更について、与党内の調整を進めるよう指示した。年末に予定する日米防衛協力のための指針(ガイドライン)改定に向けて、慎重論が残る与党内の理解を深めていく狙いだ。

首相、集団的自衛権行使へ与党内調整指示 石破幹事長らと会談  :日本経済新聞

「集団的自衛権」の講師容認は、議論の余地なし。「時間をかけて」などという余裕もない。
そもそも主権国家ならば当然のことなのだから。
むしろ遅すぎるぐらいです。

世界中のどの国(主権国家)であっても、「わが国は、集団的自衛権は行使すべきでない」などと国会議員が言う国があるでしょうか?たとえ野党の議員であってもであっても、確信的に国を滅ぼそうとしていない限りは、言わないのではないでしょうか。
これに反対するなどという国会議員は、与党ではありません。国民の代表者でもありません。日本国民ですらないかもしれません。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

久しぶりに加賀市で辻立ちを致しました。

消費増税に負けずに、景気回復・経済成長を目指しましょう。

最大の国難・国防の危機に備えるためにも、憲法改正・集団的自衛権の行使容認は喫緊の課題です。その元にあるのは、自虐史観。それを覆せないでいる根本原因は、「河野談話」です。安倍首相には、「河野談話」「村山談話」の白紙撤回を強く求めたい。

そして、宗教政党の意義。
日本では宗教が裏側に押し込められていますが、宗教を否定したら、最終的には唯物論・無神論国家と変わらなくなってしまいます。

日本こそが、無神論・唯物論国家による世界帝国の野望を打ち砕き、アジアと世界の平和の守護神となるべきです。

img_2120-e3838fe38299e383bce382b7e38299e383a7e383b3-2

下記をクリックすると、動画をご覧いただけます。
↓ ↓ ↓
加賀市上河崎町での辻立ち(2012.10.21)


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。