Posts Tagged ‘金正恩’

決意、と言ってもそんな大げさな話ではないのですが。

春!私は春が好きです。

もちろん、夏も、秋も、冬も、それぞれに好きなのですが、

長い冬を経て、生きものたちが息を吹き返し、活力に溢れてくる感じが好きです。

寒くて寒くて、朝起きるのも顔を洗うのも着替えるのも億劫だった冬が去り、春が来た!

なんとも言えないワクワク感が好きです。穏やかで暖かい感じが好きです。

そうはいっても花冷えの、寒い日もあるのですが。

温かい日も寒い日もある春。そんなこんなを引っくるめて、春が好きです。

ふれあい訪問の時に、野に出て採ってきたアサツキをザルに上げて根を切っているおばあちゃんを見ると、懐かしい故郷の土の香りとともに、「春だなあー!」と実感します。

しかし駘蕩たる春の雰囲気に浸っているだけではいけません。

こうしている間にも刻一刻と人類の選択の時は迫っています。

まずは北朝鮮問題をなんとかしなければいけません。

今、宥和ムードが漂っているだけに、選択を間違えるようなことがあっては取り返しがつきません。

はっきり言えることは、北朝鮮は何十年もかかって開発を続けてきた核を捨てる気はない、ということです。

そして、文在寅大統領は、日本を仮想敵国にし、共通の敵として南北を統一しようとしており、核放棄を求めるどころか、核を持つ南北統一朝鮮ができればそれを良しとしているということ。

日本政府も、米国政府も、この人の公式発言を信じてはならない。誰に対しても耳ざわりのいい言葉で語りつつ、顔の皮の厚さは城壁の如く、腹の黒さは炭の如しである。
(大川隆法『文在寅 韓国新大統領守護霊インタビュー』まえがきより)

やはり、幻想を抱いてはいけないのです。

日本の、そしてアメリカのやるべきことを見失ってはいけない。

こちらをご参考に。↓  ↓  ↓

http://www.irhpress.co.jp/recommend_detail.php?product_id=2012

日本は、やはりサムライ精神を復興させなければいけませんね。

元寇の時、毅然として、元の使者を斬った北条時宗に倣って。

穏やかな春の日にふさわしからぬお話になりました。

今月の街頭演説の動画です。

4月。心機一転、愛する石川県内を、一生懸命回ります。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍が29日夕、軍事境界線を挟んだ韓国江原道鉄原郡馬◆(山ヘンに見)里の韓国軍兵士詰め所に2発銃撃した。韓国軍も応戦し、機関銃で3発を発射した。韓国側に負傷者はなかった。

時事ドットコム:北朝鮮軍が韓国側に銃撃=兵士詰め所に2発、負傷者なし

尖閣諸島をめぐる諸問題を端緒として、中国の動向にばかり目が行きがちであるが、北朝鮮の動きもキナ臭い。
軍事的にも経済的にも、中国・北朝鮮は深く結び付いている。中国は北朝鮮を盾として使うだろう。

軍事的示威行為は、3代目・金正恩氏の実績となる。
3代目が決まった北朝鮮は、おそらく祝砲を打つだろう。
尖閣に目を引き付けておき、北朝鮮にことを起こさせる、ということもありうる。

もう喉元過ぎているかもしれないが、昨年の核ミサイルの悪夢の再現だ。
そうなった場合、今度も日本列島を飛び越えるとは限らない。
いまだに日本人にはアレルギーが強いが、武力という「抑止力」がいかに重要か、深く思う秋である。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

北朝鮮は10日、朝鮮労働党創建65周年の閲兵式に金正日 キムジョンイル 総書記と後継者の三男、金正恩 キムジョンウン 党中央軍事委員会副委員長をそろって登場させ、「3代世襲」路線を華々しく演出した。

「3代世襲」「中国後ろ盾」異例の生中継で演出 : 北朝鮮 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

上記は、少し古い記事であるが、中国、北朝鮮ともに予断を許さないときであるので。

一説では、韓国の哨戒艦撃沈も、金正恩氏が実績作りのためにやったという。昨年の日本に向けてのミサイル発射も、実質的には彼の指揮によるという。

軍事的実績を積み重ね、3代目の地位を確固たるものとしたい彼の狙いは、朝鮮半島の統一である。

軍事的にも経済的にもその後ろ盾になっているのが、ほかならぬ中国だ。

いまは昨年の北朝鮮によるミサイル危機以上の危機感を持って、国防の対策を立てなくてはいけないときである。

この時期に、自衛隊の最高指揮官たる内閣総理大臣が菅直人氏とは、なんとも不運なことかと思うが、まだ諦めることはできない。

国防のための武力を持ち、国民の生命・安全・財産を守るのは、主権国家として当たり前のことなのだ。

そうしたことが当たり前のこととして、国民的な議論ができるようになればよい。

日本国民が間違った左翼思想、間違った平和主義の洗脳から解放され、日本も大国としての責務を果たせるような国家となることを心の底から祈念する。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。