Posts Tagged ‘民主党政権’

先般の台風で甚大な被害を受けたところもあり、被災された皆様には衷心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲となられた皆様には、心からお悔やみ申し上げます。

私自身、1999年7月~2002年8月までの3年1か月、和歌山県田辺市に住んでいましたので、
台風の脅威は、北陸・石川県では想像もできないぐらい大きかったことを覚えています。

特に、今回も被害のあった那智勝浦や新宮は、いつも雨量が多く、住民の皆様ご苦労されていました。

大川隆法幸福の科学グループ創始者兼総裁は、その著書『青春に贈る』(1996年発刊)第3章「心の王者を目指して」のなかで、

昨今(一九九三年九月時点)の日本の情勢を見ていると、地震や風水害などの天変地異が続いています。また、不況は長期化し、政治も混乱しています。こうしたさまざまな事態を総合して、心静かに眺めてみるならば、「今、日本という国は国難のなかにある」と言って間違いないと思います。

(中略)

たとえば、最近(一九九三年九月時点)、台風が日本列島を何度も襲ってきています。実は、日本神道系の神がみのなかには、日本人に対して、そうとうに怒り、反省を求めている霊たちがいるのです。日本神道系の神がみは、警告を発するときに、雨と風をよく使う傾向があります。

また、諸外国を見ても、世界各地で天変地異が続いていますし、ヨーロッパの戦乱もまだまだ収まる気配を見せず、大きな心配のもととなっています。

こうした神がみの怒りが治まらないかぎり、日本列島は、まだまだ災害から逃れることができません。国民が「これは少し異常なのではないか」と思うところまで、次から次へと続いていくと思います。

これは、本来は中心にあるべきものが、現在、中心にきていない、ということなのです。

と述べています。

1993年当時の自民党政権下でもそうでありましたが、現在も、3月の東日本大震災に続いて、民主党政権下で、こうした天災に見舞われるということは、神々の怒り、警告であり、すなわち、現政権を良しとしてはいないことの現れです。

例えば、きょうも、野田首相は、政府税制調査会の冒頭で、東日本大震災の復興財源について、「将来世代に負担を先送りしない」と述べ、臨時増税に強い意欲を示したと報じられています。

増税こそが、「将来世代に負担を先送り」することだと気付かない頑迷さ。

野田首相は財政再建原理主義者とも言われますが、「政府が貧しいから、国民も貧しくなれ」と言っているのと同じことです。

白川日銀総裁も、追加の金融緩和を見送り、「思い切った緩和をしている」と開き直る始末です。

日本は、今未曾有のデフレ不況だということを全く認識していません。

この際は、政府の財政赤字など、もっと拡大しても構わないから、大胆な財政出動と、金融緩和のベストミックスによらなければ、この国の経済、ひいては世界経済を救うことはできません。

財政出動は、将来国富を増大させる未来産業に大胆に投資することにより、将来的に回収できます。

鳩山―菅―野田と続く民主党政権は、価値を創造するということ、富を創出するということの意味が全く理解できていないというほかありません。

経済政策的な面から見れば、海江田氏の政策の方が正しかったと言えます。

したがって、民主党政権が続く限り、この不況もまた続き、国民はさらなる耐乏生活を強いられることになります。

そんなこんなの憂いを忘れさせるほどの、さわやかな青空が広がり、吹く風も爽やかな加賀市で、昨日辻立ちをさせていただきました。

お車の中からお手を振って声援をくださる方、本当に励みになります。ありがとうございました。

そして、急な辻立ちにもかかわらず、駆けつけてくださったサポーターのS.Hさん、J.Hさん、ありがとうございました。

日本と、世界の希望の未来のために、がんばってまいります。

加賀市イオン加賀前にて

加賀市イオン加賀前にて

加賀平野

加賀平野


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

こんにちは!みやもとさとしです。

震災を機に、増税に持っていこうとする勢力に対しては、何とかして阻止したいと思います。

それは、大げさではなく、この国の自由と繁栄をかけた闘いだからです。

以下、幸福実現党名誉総裁・大川隆法総裁著『震災復興への道―日本復活の未来ビジョン』より引用いたします。

もう一つ、政府がやるべきことは、財政出動です。

景気調整の方法としては、日銀を中心とする金融政策、つまり、市場に流通している資金量を調整するやり方と、もう一つは、財政出動といって、いろいろなところに政府予算を出動するやり方とがありますが、今は、この財政出動が必要なのです。

民主党政権は、ケチケチ運動から始まっていて、「財政出動が、いかに要らないか」ということを言い続けてきたため、このマインドを変えるのは実際には難しいだろうと思います。

国の借金を減らすことばかりを考えていたところ、“運よく”震災が起きたので、「これで、増税ができる。今なら、国民は臨時増税を呑むのではないか」などと考えている可能性が極めて高いのです。

自民党のほうにも、今、同じような動きが出ています。自民党にも増税論者がけっこういるので、「震災増税ならば国民も聞いてくれるのではないか」と考え、「震災対策に充てる」と称して、震災を受けていない人に増税をかけそうな雰囲気を感じます。

しかし、本当に、これ以上の経済音痴はありません。まさに、「経済音痴、ここに極まれり」で、もはや経済学など、なきに等しい考え方です。

日本経済への影響について、今のところ、「今回の震災のダメージは、GDPベースで、マイナス一パーセント分ぐらいに相当する」と言われていますが、いずれそれ以上の規模に被害が拡大し、今、増税をすれば、さらにダメージが大きくなるかもしれません。不況期に増税をかけたら、もっと不況が進むのは分かっていることなのです。

「不況期に震災が来て、ここで増税をかけたらどうなるか」といえば、企業活動はさらに停滞し、消費活動も停滞して、もっと景気が悪くなっていきます。

これでは駄目なのです。もし、火事場泥棒風に、ここで増税をかけようと考えるようなら、その“悪代官”のクビをはねなければいけません。「東日本復興目的税」などと称して、たくさん税金を取ろうとするようなら、もう辞めてもらわなければいけないと思います。

    (『震災復興への道』第1章 震災復興への道/3 「常勝思考」で大胆に日本をつくり変えよ/「震災増税」は、さらに景気を悪化させる より)

政府も野党も、震災復興の財源に、増税しか思いつかない発想の貧困さに、クラクラと眩暈がしそうです。
「今は増税すべきではない」と言っている人も、復興債を発行して、償還のためには増税やむなし、と思っているようです。

増税したくてしたくてしょうがない、一部の人にとっては、震災が”絶好のチャンス”と捉えているのでしょう。

「痛みを分け合おう」と思う志は尊いと思いますが、それを口実に増税に誘導しようとする”洗脳”圧力には十分注意しなければいけません。

震災復興への道―日本復活の未来ビジョン

震災復興への道―日本復活の未来ビジョン


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

与謝野経済財政担当相は7日、衆議院予算委員会で、民主党がマニフェストに掲げた年金制度の一元化について、国民1人ひとりに番号を配る番号制度の定着が前提との考えを示した。

FNNニュース: 与謝野経済財政相、年…

こんな番号制度が導入されれば、政府が国民一人ひとりの納税額や社会保障費の額など、収入や財産を監視・管理できるようになる。

国民の自由の余地がなくなってしまう。

幸福実現党は民主党政権の本質は、国家社会主義だということを訴え続けてきたが、かつて、「民主党が日本経済を破壊する」という書を著し、民主党政権に反対するために「立ち上がれ日本」に参加していた与謝野経済財政担当相は、完全に民主党政権、すなわち国家社会主義に取り込まれてしまったと言える。

私たち幸福実現党は、2月11日(建国記念の日)より、「この国を守り抜け―国難突破運動を全国展開してゆく。
その第一義的目的は、国防強化であり、危険な隣国からわが国の平和を守るために、「憲法9条適応除外」を訴えてゆくことだが、一方で、国家解体へと向かう国難の2つ目は、民主党が(意図的にか無意識かを問わず)目指している国家社会主義であることも、忘れてはいけない論点だ。

「平和主義」の名のもとに、日本から真の独立国家としての気概を失わせようとする勢力、また、国家社会主義化し、日本から自由と繁栄を奪おうとする勢力に対して、私たちは、言論をもって、断固として戦い続ける決意である。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

きょうは、幸福の科学金沢支部にて、「幸福維新大会」に参加し、先日、幸福実現党の名誉総裁に就任された、大川隆法先生の御法話「政治と宗教の大統合」を拝聴させていただきました(本大会は、東京正心館から、全国の精舎・支部に衛星配信されたものです)。

石川悦男新党首あいさつ、宗教法人幸福の科学・一倉洋一理事長より、石川党首への推薦状授与もありました。

参加者全員で、参院選勝利を誓い、鬨の声をあげました。

政治と宗教の大統合がスタートした、歴史的な日であったと後世言われる日となることでしょう。

私たちが昨年夏の衆院選以来訴え続けてきた、国難が現実のものとなっております。

このまま民主党政権が続けば、①長期不況への突入、②日本が大中華帝国圏に組み入れられ、植民地化、属領化する、③向かう先は、社会主義的全体主義国家であり、それは自由の死を意味する、という3つの危機。

脱北者を支援したのは、キリスト教の一派の支援団体であり、ナチスの迫害からユダヤ人をかくまったのもキリスト教会でした。

圧政や、暴虐政治の最後の砦になるのは宗教です。

宗教性がなくなるからこそ、国民が圧迫され、苦しんでいく。もし、国民に神性あり、仏性ありと思うなら、そのように圧迫はしないでありましょう。

唯物論に支配されれば、この世の権力者は、最高の権力を求め、人々を機械のように扱い、権力者に奉仕させ、さもなくば粛清する、というところに行きつきます。

日本は、北朝鮮、そして中国という、共産党一党独裁国家、全体主義国家に隣接し、これらの国の軍事的脅威に曝されています。

中国海軍の船が、日本の領海内を堂々と航海しても、海上自衛隊は、威嚇射撃すらできない、まことに情けない国家になってしまっています。

背骨なき、クラゲのような国家に、骨格を与えるには、宗教的精神が必要です。

宗教はいま、裏側に追いやられていますが、それは本来の姿ではありません。

戦後の宗教を否定的に扱う風潮がありますが、この壁を、突破していかなければなりません。

健全な宗教的精神があってこそ、自由も守られ、繁栄を実現することができるのだということを、訴え続けてまいりたいと思います。

この国は、聖徳太子以来の大改革が求められています。

そして、正しい宗教的精神にあふれた、自由と繁栄の国家モデルを提示し、それを世界に広げることで、世界を平和と繁栄に導く。

これが、日本がこれから世界のリーダー国家として果たすべき役割であろうと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。