Posts Tagged ‘日米同盟強化’

【北京=峯村健司】沖縄県石垣市の尖閣諸島の南小島に同市議2人が10日に上陸したことについて中国外務省の姜瑜・副報道局長は11日未明、「中国の領土と主権を侵犯した」と非難する談話を発表。日本政府側に抗議をしたことを明らかにした。

asahi.com(朝日新聞社):石垣市議の尖閣上陸、中国が非難「領土と主権を侵犯」 – 国際

国境を守る気概あふれる二人の石垣市議に、エールを送りたい。

中国の非難は、想定されたことであるが、言うまでも無くまったく論外だ。尖閣諸島は中国の領土ではないし、したがって主権を侵犯したわけでは全くない。

日本国政府には、そのような非難に屈したり遠慮したりせず、毅然とした姿勢を貫いていただきたい。

それには、今後も、日本人の上陸を認めることだ。

このまま日本人の上陸を認めないという方針を堅持するならば、結局はやがて中国による実効支配を許してしまうことになる。

そうなってから「領土問題は存在しない」と言えばそれは中国領土だから、と解釈されてしまうだろう。

日本国政府が本心から尖閣諸島は日本固有の領土だと思い、それゆえ「領土問題は存在しない」と言うなら、毅然とした姿勢で、国家の意志を示す必要がある。

そして、日本政府が中国政府に遠慮して弱腰になる根本の原因は、思想的な面を別にすれば、核兵器を始めとする軍事的脅威である。

だから、このような悪を犯させない、正義を実現するためには、それを担保するだけの実効性ある防衛力が必要なのだ。

とりあえず、先島への自衛隊配備と日米同盟の強化は当然必要だろう。

しかしながら、日米同盟は、普天間基地移設問題で一歩間違うと亀裂を生じさせかねない、きわどい状況にある。

こんな状況だからこそ、二人の石垣市議の勇気ある行為は、賞賛に値する。

いま、必要なことは、日本国民であるわたしたち一人ひとりが、国を守る気概を持つことではないだろうか。

かつて日本は、周囲を海に囲まれているがゆえに、そう簡単に侵略されることは無かったわけだが、いま、領海、EEZの広さは、世界第6位の広さである。そして、あたりまえのことだが、海においては、すべて国境を接していることになる。しかも、危険な2つの隣国と接していることを、全国民が正しく認識しなければならないと思う。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

幸福実現党は、10月1日(金)の役員会にて、来月行われる沖縄県知事選に金城タツロー氏を候補者として擁立することを決定し、本日、沖縄県政記者クラブにて出馬会見を行いました。金城氏擁立の主旨は、以下の通りです。

 先般の尖閣諸島領海内での中国漁船衝突事件に見られるように、沖縄は中国の直接的な軍事的脅威にさらされています。沖縄県民の生命と安全、領土を守るべく、日米同盟を早急に強化し、沖縄防衛を堅固なるものとすべき時に、仲井真、伊波両氏は普天間飛行場の「県外移設」「日米合意の見直し」を掲げており、結果として日米同盟を破綻させる間違った判断をしています。両氏いずれが知事になろうとも、沖縄の植民地化の危機を防ぐことはできません。

 両氏は県外・国外移設と言っても、移転先等の具体策を有しておらず、十数年かけて結論に至った辺野古案を白紙撤回すれば、普天間飛行場の長期固定化は避けられません。現在、普天間飛行場の周辺民家は大変危険な状態にあり、現実に即して言うならば、日米合意の通り、辺野古移設以外に道はありません。

 沖縄と日本の危急存亡の秋にあって、幸福実現党は、沖縄県本部代表代行の金城氏を沖縄県知事選候補者として擁立し、下記政策を実現して参ります。

幸福実現党|ニュース・詳細

 

去る10月3日、那覇市で開催された「尖閣諸島を守れ!緊急デモ集会〔尖閣諸島を守ろう実行委員会主催〕に参加させていただきました。

デモは(詳細は4日、5日のブログをご参照していただきたいと思います)、沖縄県庁前を出発して漫湖公園まで歩き、そこから流れ解散になりました。

県庁の地下駐車場にレンタカーを停めてあった私たちは、県庁前まで歩いてもどりました。

デモ参加者は、当然もう誰もいないものと思って戻ったわけですが、そこで見たのは、金城タツロー氏がひとりで、デモの感慨をかみ締めるかのように、忘れ物や落し物、ゴミがないかを確認している姿でした。

その誠実な姿を見て、沖縄と日本の、まさに危急存亡の秋に当たり、沖縄県政を託すにふさわしい人格であると感動いたしました。

彼は、必ず、沖縄と日本の未来に対して、誠実に、そして責任をもってその使命を果たしてくれるものと確信しております。

遠く北陸・石川県の空の下からではありますが、金城タツロー氏のご健闘、そして勝利を、心より祈念いたします。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

この日は将来、一つの大きな転換点となった日として、歴史に残るだろう。

いつの時代でも、同時代に生きる人々には、なかなかことの重大さがわからないことが多いものだ。

5月11日、「日米同盟強化と普天間基地移設問題の即刻決着を求める会」主催のデモ集会に、わたしも仲間とともに、参加させていただいた。

数多の協賛団体のなかに、幸福実現党東京本部、同沖縄本部も入っている。

平日の、雨天にも関わらず、会場の日比谷公園大音楽堂は、入りきれないほどだった。

3000人ほどだろうか。

わたしたちは午前3時に白山市を出発、会場には1時間ほど前に到着したので、前の方に陣取ることができた。

先日の沖縄県民大会に続き、昨日も、沖縄では基地縮小を求める大会があったようだ。

基地反対を主張するデモや集会は、頻繁に報道されるが、

私たちのように、日米同盟強化と辺野古移転を訴えるものは数少ないのではないか。

これは報道にも問題があるかもしれない。

事実、私たちのデモおよび国会請願も、国内のメディアにはほとんど取り上げられなかった。

米メディア、Stars and Stripesでは報道されたようだ。

日比谷公園を出発し、歩くうちに雨はやみ、晴れてきた。

そして国会議事堂前で請願。

参議院議員の大江康弘先生が、請願書を受け取って下さった。

とてもさわやかな方だな、と思ったが、その時は、大江先生がわが党に入党されるとは、思ってもみなかった。

米軍出ていけ、基地は要らない、といったメッセージを送り続けていては、日米同盟に深刻な亀裂が入るだろう。

なにより、外交は、最強国との同盟が基本なはずだ。

アメリカは、もちろん、自国の国益にかなうことだからではあるが、

同盟を結んでいる以上、いざとなったら日本を守る気持ちで基地に来ている。

それを、出ていけ、というなら、誰が日本を守るのだろうか。

鳩山首相がようやく気付いたと仰っているように、

米海兵隊は、沖縄と日本を侵略から護る強力な抑止力となっている。

日本のみならず、韓国や台湾の有事にも備えている。

某経済評論家が、海兵隊は、真っ先に適地に上陸する、即ち攻撃のための部隊であり、抑止するためのものではないというようなことを仰っていたが、

強力な攻撃力があるからこそ、抑止力になるのである。

防御しかできないなら(今の自衛隊がそうである)、侵略されてからでなければ反撃できない、即ち抑止できないのであるから。

良識ある、日本国民の多くは(その声がなかなか届かないのではあるが)、日米同盟の堅持を望んでいる。

そして、そうした問題意識をあまり持っていない人たちは、情報が正しく伝えられていないことが多いと思われる。

中国政府の実態、チベットやウイグルの実態を知るならば、全体主義国家の覇権下に入って、言論その他の自由がない世界に生きるより、

種々問題がたとえあったとしても、自由と民主主義というものがまだまだ機能しているアメリカとの同盟を堅持したほうがいいということは自明だからである。

自由か平等ならば、迷わず自由を選ぶべきである。

自由よりも平等を選ぶならば、自由は必ず死滅する。

平等→結果平等→貧しさの平等、となっていく。

奴隷や家畜のごとくではなく、人間らしく生きたいならば、やはり自由を選ぶべきである。

日比谷公園大音楽堂にて(1)

日比谷公園大音楽堂にて(1)

日比谷公園大音楽堂にて(2)

日比谷公園大音楽堂にて(2)

主催者代表・徳留朝臣さんのご挨拶

主催者代表・徳留博臣さんのご挨拶
沖縄の皆さま

沖縄の皆さま

国会請願に向かう

国会請願に向かう

大江康弘参議院議員に請願書をお渡しする

大江康弘参議院議員に請願書をお渡しする


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

こんにちは!みやもとさとしです。

本日、石川県庁にて、今夏の参院選立候補の記者会見をさせていただきました。

昨夏の衆院選において、私たちが国難と訴えておりましたことが、

民主党政権下で顕在化しております。

経済の危機、国防の危機、教育の危機という3つの国難を、

なんとしても止めたいという一念で、

参院選への立候補を決意いたしました。

参院選に臨む政策として、

①「富国」策―GDPナンバー1国家を目指す

②「強兵」策―アメリカとの同盟強化、防衛力強化

③「学問のすすめ」―公教育の復興

の3つの柱に加え、

◎参議院の廃止―国政の効率化

さらに、地元石川県の繁栄のために、

①地方と都市の格差を縮める未来志向交通網の整備(新幹線、空港、リニアモーターカー)

②石川県の殖産興業(宇宙・航空・ロボット産業等)

③「加賀は天下の書府なり」と言われた、学問の府・石川復興

などを提言させていただきました。

国難をバネとして、新たな繁栄の時代を築く、

「幸福維新」成就に向けて、

国民の皆さま、県民の皆さまとともに、戦ってまいりたいと思います。

ますますのご支持、ご支援を、心からお願い申し上げます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。