Posts Tagged ‘国難’

先般の台風で甚大な被害を受けたところもあり、被災された皆様には衷心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲となられた皆様には、心からお悔やみ申し上げます。

私自身、1999年7月~2002年8月までの3年1か月、和歌山県田辺市に住んでいましたので、
台風の脅威は、北陸・石川県では想像もできないぐらい大きかったことを覚えています。

特に、今回も被害のあった那智勝浦や新宮は、いつも雨量が多く、住民の皆様ご苦労されていました。

大川隆法幸福の科学グループ創始者兼総裁は、その著書『青春に贈る』(1996年発刊)第3章「心の王者を目指して」のなかで、

昨今(一九九三年九月時点)の日本の情勢を見ていると、地震や風水害などの天変地異が続いています。また、不況は長期化し、政治も混乱しています。こうしたさまざまな事態を総合して、心静かに眺めてみるならば、「今、日本という国は国難のなかにある」と言って間違いないと思います。

(中略)

たとえば、最近(一九九三年九月時点)、台風が日本列島を何度も襲ってきています。実は、日本神道系の神がみのなかには、日本人に対して、そうとうに怒り、反省を求めている霊たちがいるのです。日本神道系の神がみは、警告を発するときに、雨と風をよく使う傾向があります。

また、諸外国を見ても、世界各地で天変地異が続いていますし、ヨーロッパの戦乱もまだまだ収まる気配を見せず、大きな心配のもととなっています。

こうした神がみの怒りが治まらないかぎり、日本列島は、まだまだ災害から逃れることができません。国民が「これは少し異常なのではないか」と思うところまで、次から次へと続いていくと思います。

これは、本来は中心にあるべきものが、現在、中心にきていない、ということなのです。

と述べています。

1993年当時の自民党政権下でもそうでありましたが、現在も、3月の東日本大震災に続いて、民主党政権下で、こうした天災に見舞われるということは、神々の怒り、警告であり、すなわち、現政権を良しとしてはいないことの現れです。

例えば、きょうも、野田首相は、政府税制調査会の冒頭で、東日本大震災の復興財源について、「将来世代に負担を先送りしない」と述べ、臨時増税に強い意欲を示したと報じられています。

増税こそが、「将来世代に負担を先送り」することだと気付かない頑迷さ。

野田首相は財政再建原理主義者とも言われますが、「政府が貧しいから、国民も貧しくなれ」と言っているのと同じことです。

白川日銀総裁も、追加の金融緩和を見送り、「思い切った緩和をしている」と開き直る始末です。

日本は、今未曾有のデフレ不況だということを全く認識していません。

この際は、政府の財政赤字など、もっと拡大しても構わないから、大胆な財政出動と、金融緩和のベストミックスによらなければ、この国の経済、ひいては世界経済を救うことはできません。

財政出動は、将来国富を増大させる未来産業に大胆に投資することにより、将来的に回収できます。

鳩山―菅―野田と続く民主党政権は、価値を創造するということ、富を創出するということの意味が全く理解できていないというほかありません。

経済政策的な面から見れば、海江田氏の政策の方が正しかったと言えます。

したがって、民主党政権が続く限り、この不況もまた続き、国民はさらなる耐乏生活を強いられることになります。

そんなこんなの憂いを忘れさせるほどの、さわやかな青空が広がり、吹く風も爽やかな加賀市で、昨日辻立ちをさせていただきました。

お車の中からお手を振って声援をくださる方、本当に励みになります。ありがとうございました。

そして、急な辻立ちにもかかわらず、駆けつけてくださったサポーターのS.Hさん、J.Hさん、ありがとうございました。

日本と、世界の希望の未来のために、がんばってまいります。

加賀市イオン加賀前にて

加賀市イオン加賀前にて

加賀平野

加賀平野


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

共同通信が2、3両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、野田内閣支持率は62.8%だった。政党支持率も民主党が27.2%で、自民党の23.6%を上回った。挙党一致を掲げた野田政権への国民の期待が表れた。不支持率は18.1%。

野田内閣支持62%、小沢氏処分解除に反対77% 共同通信世論調査 – MSN産経ニュース

難問山積みの、国難の時に、こんな布陣しかできないというのは、
ある面、日本国民の運の悪さを物語っていると言えましょう。

しかし、これは民主党に政権交代したときから、わかっていたことではあります。

民主党政権になって3代目の内閣ですが、
前任者の低支持率に比べれば支持率62.8%とは。

多分にご祝儀であろうし、多少は期待値が含まれているだろうとは思いますが。

しかし、常ならば「ご祝儀」で済まされようが、この「国難」の時に、「ご祝儀」では済まされない。

60%の支持率は、国民の信任を得ているなどと慢心せず、
「小心翼々」として、国政に当たっていただきたいと思います。

しかし、その布陣を見ると、

幹事長は、日教組のドンと言われる方。

消費者相兼拉致問題担当相兼国家公安委員長はすでに「拉致軽視」と野田首相の姿勢への批判が出ている。

厚生労働相は、「子ども手当」の生みの親、過激なジェンダーフリー論を振りかざす。

法務相は、民主党「リベラルの会」で代表世話人を務めたこともある方。

防衛省は、同郷の人なのであまり悪く言いたくはないが、安全保障について、関心を持っていたとは寡聞にして知らない。
さっそく「素人だから文民統制…」と発言して物議を醸してしまった。
少なくともきっちりとした安全保障の哲学や、国防の気概なくして、
中国の軍事的脅威や沖縄の基地移転問題という難問を、どう乗り切るのか。

財務相は、唯一?の「サプライズ」と揶揄されるのは、やはり経済、財政に通じているとは思われないからだろう。
この人は、増税したい野田首相が使いやすいということではないだろうか。

行政刷新・公務員改革相は、「仕分けの女王」がゾンビのごとく、復活。

などなど、野党から見れば突っ込みどころ満載の内閣ではないですか。

首相自身も、「A級戦犯は戦争犯罪人ではない」と、少しは骨のある発言もしたが、「靖国神社には在任期間中は公式参拝しない」と発言するなど、すぐに腰砕けになりました。

要するに、この布陣を見る限り、リベラル・左翼内閣であり、
北國新聞の社説でも「『実務型内閣』とは言い難い」「必ずしも『適材適所』と這い難く、自民党政権時代の派閥均衡型人事に近い」とバッサリ斬っているのは、正鵠を得ています。

どうみても「党内融和」を最優先した布陣であり、
「面倒なことは先送りし、なんとか民主党代表任期の1年は持たせたい。
解散しても選挙には勝てないから、衆議院の任期の2年を持たせたい」
という気持ちが伝わってくるようです。

つまり、口では「国難」と言いつつも、
国難に立ち向かい、打破しようという気概が感じられないのです。

しかし、私たちは、苦難をばねに、
ピンチをチャンスに変え、
必ず、もっと発展することができます。

それは、国民である私たち一人一人の意志次第です。

それは、「発展をとるのか、それとも現状維持以下をとるのか」
その選択です。

「発展をとる」と勇気をもって言う人の数が多ければ、
その集合想念として、国家全体が発展へと向かいます。

「現状維持でいい。なんとか国に面倒見てもらって、老後を送れればいい」
という人が多ければ、国家は衰退に向かいます。

幸い、まだ全体主義国家、社会主義国家ではない日本には自助努力によって道を開ける可能性が残っています。
企業家精神に満ちた人々が、繁栄を生み出します。

このまま、左翼ドロドロ内閣によって、日本国が溶融してしまわないよう、
何とか増税を止め、国防を全きものとし、新しい坂の上の雲を目指し、繁栄の道を歩まなければなりません。

この国が社会主義化してしまわないよう、「自由」を守り抜かなければなりません。

私たちは、高貴なる「自由の大国」を目指します。
真なる自由こそが、人間に最大の幸福と繁栄をもたらすと信じるからです。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

民主党の野田佳彦代表は30日午後、衆参両院本会議での首相指名選挙で菅直人首相の後継となる第95代、62人目の首相に選出された。直ちに党執行部人事に着手し、党運営の要である幹事長に小沢一郎元代表に近い輿石東参院議員会長を起用して党内融和の姿勢を示した。政策調査会長には前原誠司前外相、国会対策委員長に平野博文元官房長官を内定した。新内閣の組閣人事では岡田克也幹事長を重要閣僚に処遇、代表選を争った鹿野道彦農相、海江田万里経済産業相の入閣も固めた。

幹事長に輿石氏、政調会長は前原氏 野田代表が人事  :日本経済新聞

「誰がなっても同じ」とは言い古されたフレーズだが、誰がなっても同じなどということはありえない、とずっと思っていた。

今回もそう思いたい。少なくとも、前任者よりはまし、という程度だとしても。

「国難」という言葉が何度も使われている割には、新首相の発言からは、国家は如何にあるべきか、というビジョンが見えてこない。

せいぜい、財政再建、そのために増税、といった程度か。
しかしこれも、財務官僚の振り付けであるとの見方が強い。

8月中旬、「A級戦犯は戦争犯罪人ではない」という発言もあったが、
代表選では国防について全く触れなかった。

震災の「復旧・復興」ということも、繰り返し言っていたが、具体的な復興計画も語らず、菅政権時代の延長線上以上のことは見えてこない。

大胆な復興計画によって、ピンチをチャンスに変えることも可能であるというのに。

結局、国難よりも、党内をいかにうまく収めるかという方に関心があるようだ。

解散権も自ら封印するような言い方をし、民主党4年間の天下を全うしさえすればいい、というさもしい心根だとすれば、許し難い。

増税についても、松下政経塾出身の野田新首相に一言言いたい。

松下政経塾の創立者・松下幸之助翁は、「無税国家論」を説いたのではなかったか。

当時とて財政破綻は危ぶまれていたので、高度経済成長期の妄想、と単純に片付けられないはずだ。

松下翁の「無税国家」「収益分配国家」の夢は、120年かけての計画であった。

増税は、この松下翁の追究した理想と真逆の方向であり、宗教で言えば、根本教義を捨てるに等しい。

新首相が、真に今を国難と認識し、それを乗り切らんとして自ら名乗り出て民主党代表となり、首相となったのであるならば、まずこの国をどうしたいのか、自らの言葉で、そのビジョンを語るべきだ。

それを自ら語る言葉がないというならば、せめて松下政経塾の精神に還り、松下翁の説かれた国家論を自らの理想とし、その実現に命を懸けよ。

民主党自らが招いた国難とは言え、その国難を乗り切るには、相当の気概、覚悟が必要である。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

菅直人首相(民主党代表)は26日午後の同党役員会で退陣を表明した。退陣の条件としていた赤字国債発行法と再生エネルギー特別措置法の成立を受けたもので、同日夜、首相官邸で記者会見する。

菅首相が退陣表明「約束通り降りる」  :日本経済新聞

最悪の宰相が退陣する。

5月の浜岡原発停止要請から退陣を要求してきた私たちとしては、まずはよしとすべきでしょう。

危機管理能力のない人がトップに立つことが、どれほどの害を及ぼすことか、菅首相を最悪の反面教師として、次期首相になる人は、深く教訓にしていただきたいと思います。

しかし、民主党政権が続く限り、この国の国難は終わらない。

これは幸福実現党立党以来、継続して主張していることです。

国防。

経済。

教育。

この3つの点は、国家経営の最重要の柱と言えるが、
民主党の政策においては、いずれも不十分か、全く欠如しているか、真逆の亡国路線であるか、いずれかです。

左右両極端の人々を抱える民主党は、「挙党一致」も「挙党体制」もありえず、そこにあるのは野合でしかない。

引き続き、国難打破のために、あらゆる啓蒙手段に訴えて、力を尽くしてまいりたいと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

みやもとです!

猛暑が続きます。

お体に気を付けて、がんばりましょう。

日本は猛暑ですが、
中国四川省では30cmも雪が降ったそうです。

各地で起きている異常気象は、
単なる自然現象ではなく「天の警告」としか思えないですね。

さて、天が警告しているところの「最大の国難の元凶」である、
菅首相の即時退陣と電力危機を打破するために、
わが党の全国一斉街宣活動が始まっています(7/17-7/24)。

石川2区におきましても、
私みやもとさとしも各地で街宣してまいりますが、
皆様にもチラシ配布等、ぜひご協力いただきたいと思います。

大川総裁も、ついき党首との対談本『日本の未来はここにあり』の中で、

こうしたマスコミの姿勢を糺すには、
大きなメディアは使えないかもしれませんが、
チラシを撒いたり、デモをしたり、ITなど、
いろいろ小さなツールで、国民にジワジワと
「考え方」を浸透させていくということで、
ゲリラ的にやっていけるところはあります。

と語っておられます。

日本の未来はここにあり

日本の未来はここにあり

贖罪史観により、日本を没落させて二流国に堕とすことを使命としている菅首相を、
いつまでも日本のトップにしておいてはいけません!

即刻退陣はもちろんのことですが、
辞めた後も弘法大師の名を使って、伝統仏教の信者の皆様、
おもてなしのお心あふれる四国の皆様のまごころまで利用するような態度は、
信仰者としても許し難い。

弘法大師空海の御名において、菅さんに四国巡礼を禁じます。

もし空海が民主党政権を見たら何というか

もし空海が民主党政権を見たら何というか

「なでしこジャパン」がんばりました!
わたしたちも国難突破のためにがんばりましょう!
「日本の未来はここにあり!」


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

こんばんは!
みやもとさとしです。

今日は所用で石川県庁に寄りました。
一階のロビーで、偶然、北国新聞の記者さんのYさんにお会いしました。
お元気そうで良かったです。

しっかし、県庁ってでっかいですね!
めったに来ないので、どこに何があるか、どこに行けばいいのか、戸惑います。
ちょっと敷居が高いです(慣れている人はなんてことないのでしょうが)
私は田舎者なので緊張しちゃいます。
受付のお嬢様方が親切でよかったです。

夕方は、白山市で辻立ち。

菅首相批判もかなり馬鹿馬鹿しくなってきましたが、
粘り強く即時退陣を訴えはしますが、
もっともっと夢の未来を語りたい!

日本は、まだまだ可能性に満ち溢れています!

政治とは可能性の技術(芸術)です。
極めて創造性の高い仕事です。

「国難」の大本にあるところの、
自虐史観の一掃を訴えました。
日本人として誇りを持って生きていける国、
日本に生まれて、本当に良かった!と思える国、
世界のリーダーとして、世界平和と繁栄に貢献できる国、
夢のある国にしたいですね!

石川県庁(1)

石川県庁(1)


石川県庁(2)

石川県庁(2)

白山市フェアモールアピタ松任前にて

白山市フェアモールアピタ松任前にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

首相はOECD設立50年記念フォーラムの中で議長役のクリントン米国務長官、フランスのフィヨン首相に続き3番目に演説。東京電力福島第1原発事故について「各国に多大な心配をおかけしたことをおわびしなければならない」と述べた。

太陽光パネル1千万戸設置を表明 菅首相のOECD演説 原発事故を「おわび」と明言 – MSN産経ニュース

菅首相、外国の方に対しては、とても腰が低いです。

ODA削減のときも「復興したあかつきには、…」とにこやかに大盤振る舞いのお約束、
中韓首脳とキュウリ齧ったときもにこやかに微笑み、尖閣には一言も触れず、
今回は、お詫びですか?

まず、日本人にこそ、お詫びすべきでしょう?

外国にお詫びするということは、補償とセットだということに思い至らないのでしょうか?

日本人に対しては居丈高になり、
「感情を剥き出しにする」
「人の意見を聞かない」
「官僚を使おうとしない」
「側近や息のかかった学者ばかりを重用する」
「平気で嘘をつく」
「立場の弱い人に対しては怒鳴りつける」
「責任取らない」などなど…

ほんっとに性格悪いですね!
批判しているこちらまで性格悪くなりそうで、
もう批判やめたいのですが…。

菅首相が辞めたら、批判やめましょう。

しかし、自民党も及び腰に見えますね。
不信任案、いつ出すのでしょうか?
勇気がないです。
いろいろなしがらみがあるのでしょう。

わたしたち幸福実現党はしがらみや利害関係にとらわれることがなく、
堂々と正論を言えます。

正しさの追究のために命を懸けるのが宗教です。
恐れるものがございません。

わたしたちは、人々が不幸になっていくのを黙って見ていられません。

菅首相の下では、経済はさらに落ち込み、
国家そのものが他国の隷属的地位に貶められてしまいます。

この際、菅首相にお辞めいただくことが、国難突破の第一条件です。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

自民党執行部は、内閣不信任案を26、27両日の主要国首脳会議(仏ドービル・サミット)後に提出する方向で最終調整に入った。党内にはサミット前の提出を求める声も強いが、谷垣禎一総裁はなお慎重姿勢を崩さない。6月1日に菅直人首相のサミット報告を兼ねた党首討論が予定される。ここで福島第1原発事故の対応などを徹底追及し、不信任案提出の動きを加速させる。そんなプランが有力となりつつある。

谷垣自民正念場、いつ出すのか不信任案 「6・1」から秒読み!?+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

この状況下、不信任案提出には、大義がある。

自民党の領袖たちの言い分は、正論だ。

いま、必要なのは、国難を突破するために、戦う姿勢だ。
それは、正義の実現ための戦いである。

菅首相の身内ともいえる西岡参議院議長すら、サミット前の退任を求めているというのに、谷垣総裁の態度は、何とも弱腰だ。

かつての「加藤の乱」のときに、不信任票を投じに本会議場に向かおうとする加藤紘一氏を止めた姿と二重写しに見えるのは私だけだろうか。

要するに、谷垣氏は「戦わない人」だ。平時ならば、それでも良いかもしれない。
しかし、いまは、(その元凶たる民主党自体もこの言葉を使うのは笑止だが)まさしく「国難」なのだ。

第2党の自民党総裁がこのような優柔不断では、国難突破はもとより、震災復興も心もとない。

もはや自民党も当てにならない。

多くの国民の声は、「内閣不信任」だろう。

私たちは国政に議席を持たず、その力いまだ微力なりといえども、正義の実現のために、正々堂々と、怯むことなく、正論を訴え続け、行動し続けていく。

菅首相の即刻退陣を求めるものである。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

与謝野馨経済財政担当相は5月10日発売の月刊誌「Voice」で、民主党のマニフェスト(政権公約)について「いまがリアリティーのない政策をマジックのように撤回できるいい機会であることは間違いない」と指摘し、菅直人首相に一部を撤回するよう進言していたことを明らかにした。首相には「自民党と政策協議をすれば自民党から押し込まれるでしょう。そのとき政策を撤回するというのは何でもないことなのです」と伝えたという。

現実性ないマニフェストの撤回を首相に進言 与謝野氏、雑誌で明かす (産経新聞) – Yahooニュース

開いた口がふさがりません。

民主党はこのマニフェストを掲げて、「政権交代」を賭けて、一昨年の衆院選を戦ったはずです。

そのマニフェストが間違っていたというならば、下野するのが立憲政治の常道ではないでしょうか。

枝葉のことで修正が入るのはある程度やむを得ないとしても、幹である政策そのものを「自民党に押し込まれ」たら撤回すればよい、それは「なんでもないことなのです」とは。

マニフェストとはそんなに軽いものなのでしょうか?
国民との約束ではなかったのでしょうか?
「国民はマニフェストを見て投票しているわけではない」という意見もありますが、それでも、政党としては、「政権をとったならば、こういう政策を実現します」と約束、あるいは意思表示しているものがマニフェストでしょう。
それを実行すること、少なくとも実行するために最大限の努力をすることが、政治家としての責務であり、誠実さではないでしょうか。

私は、民主党のマニフェストは、断固実行すべきだといっているのではありません。
むしろ、欠陥だらけの、国家解体マニフェスト、亡国マニフェストだと思っています。

しかし、だからと言って、「なかったことにする」みたいな姑息な撤回の仕方は、ありえないと思うのです。

もし、間違っていた、あるいは実現不可能なマニフェストだというならば、素直に過ちを認め、下野すべきです。
それでこそ、民主主義は担保されるのではないでしょうか。

こんな国民の目を欺くようなことをしていては、日本の民主主義は死んでしまいます。

与謝野氏も、自民党時代は(そして「立ち上がれ日本」時代も)民主党を批判していたはずです。
その本人が、政権内に入ること自体、大いに疑問を感じていたのですが、誠に節操がないというか、信義にかけるというか、まさしく「開いた口がふさがらない」です。
こんな人が政権中枢にいるとは、情けない限りです。

政治への信頼、政治家への尊敬を失わせる、与謝野氏の発言(これまでの言動も含めて)は、国難を助長させる、亡国政治家の一人と断定せざるをえません。

これ以上晩節を汚すことなく、引退されることをお勧めいたします。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

--政権批判を強めていますが、菅政治の問題点は何ですか。

鳩山氏 私は道半ばで首相を辞めたけれども、「国民の生活が第一」という政策的考え方は継承してほしかった。東アジア共同体がTPP(環太平洋パートナーシップ協定)にいつの間にか衣替えし、地域主権の考え方も変わった。一丁目一番地で考えた政策が必ずしもそう扱われていない。もう一度、原点に戻ってほしいという気持ちで申し上げている。

特集ワイド:鳩山前首相の胸の内 問題は小沢氏より菅首相側 – 毎日jp(毎日新聞)

政治家は、言葉を武器に戦わなければなりません。
しかし、嘘や誤魔化しを言ったり、うまく言い逃れをしたりしてもいいというわけではありません。

鳩山前首相が「命を守りたい」と絶叫し、党是でもあろう「国民の生活が第一」という言葉とは裏腹に、スローガンのように「コンクリートから人へ」と言ったことが今回の震災で誤りだったことが明確になりました。
このことを、まず反省し、国民にお詫びすべきでしょう。

TPPも、「東アジア共同体」という、中国を盟主にしかねない危険なものよりは、はるかによいと思いますし、地域主権の考えも国家主権を分裂させる大変危険なものですし、震災の復興などのような大事業は国家主導でやらなければ不可能に近いでしょう。

また、政権交代以降の政治を混迷させている最初の原因の一つは、普天間飛行場移設問題の迷走劇でしょう。
さらに、温室効果ガス25%削減も、農家の戸別所得補償、子ども手当も間違ってないとお考えのようです。

「国難の時に…」と仰るが、みずからが国難の元凶となっているという意識は、まったくないようです。

このままであれば、菅首相ともども、日本国を最悪の国難の淵に叩き込んだ、最悪の宰相としてその名を歴史に残すことになりかねません。

マニフェストの「精神は間違っていない」と言い切る前首相ですが、このような「国難マニフェスト」は、さっさと捨て去るべきです。

鳩山前首相の政治家としての出自を見るならば、自民党田中派という、保守本流に属していたはずです。

この際、保守の精神へと回帰することが、汚名を雪ぐ唯一の道だと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。