Posts Tagged ‘勇気’

数年前、「300(スリーハンドレッド)」という映画(私は見ていないのですが)で有名になりました、ペルシャ帝国対ギリシャの戦い。

紀元前5世紀の「ペルシャ戦役」を描いた作品ですが、数十万のペルシャ軍に対して、スパルタはわずか300人の兵士だけでギリシャ中部の山地にある、テルモピュレーを死守すべく、戦いました。

結果、全員が玉砕したのですが、ギリシャの自由と独立を守るために戦い続けた戦士たちを讃えて、「異国の人々よ、ラダケイモン(スパルタ)の人々に伝えよ。祖国への愛に殉じた我らは皆、この地に眠ることを」と刻んだ記念碑が立てられました。

太平洋戦争(大東亜戦争)において(1944年)、南のある小さな島で、日本人1万2千人が玉砕した際、アメリカの提督は、このスパルタの故事を踏まえ、同様の記念碑を立て、玉砕した日本兵を讃えました。

また、太平洋戦争末期の1945年、沖縄戦において、特攻機が戦艦ミズーリの甲板に突入しました。ミズーリの艦長は、飛行士の栄誉を称え、乗組員の反対を押し切り、アメリカ海軍式の水葬で葬送しました。

敵将も敬意を払うほどの、日本兵の愛国心、勇敢さ。

そしてそれを正当に「英雄」として評価するアメリカのリーダー。

その血は、両国の国民に、脈々と流れていると信じたい。

愛国心に満ち、勇敢で、礼儀正しく、自己犠牲の精神に満ちた、まさしくサムライ精神。

日本だけでなく、世界には、そのように誇り高く、勇気ある人々が数多くいます(欧米では騎士道精神というのかも知れませんが)。

武士も騎士も、元々はそう身分は高くなかったのかも知れませんし、品位や品格もそれほどでもなかったのかも知れません。

しかし、歴史のなかで重要な役割を果たしていく中で、「ノブレス・オブリッジ(高貴なる義務)」が芽生え、それが武士や騎士の共通精神となっていったのではないでしょうか。

私たちの祖先には、神代の時代まで遡るまでもなく、ほんの70年ほど前に、誇るべき、勇気ある人々が多数いたのです。

日本人は、もうそろそろ「自虐史観」の呪縛から離れ、自信と誇りを取り戻すべきときに来ています。

同様に、アメリカも、「民主主義対ファシズムの戦い」と定義して、敗れた日本を断罪してきた「歴史認識」を、転換すべきときに来ていると思います。

彼らがそれを認めることは、自らの「原爆投下」の正当性を否定することになるので、なかなか受け入れがたいかも知れませんが、上記の米軍の提督や艦長のように、フェアな精神にあふれた人たちが多数いると信じたいと思います。

小松市長田南交差点にて

小松市長田南交差点にて

今日は、小松市内で辻立ちをさせていただきました。
寒い日でしたが、青空が広がり、白山もくっきり見える、美しい一日でした。
こうした美しい景色も、日本が誇るべきものの一つであると思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

今朝は、金沢市東長江交差点にて、辻立ちをさせていただきました。

霜が降りた、寒い朝でしたが、昇る太陽がまぶしく輝き、すがすがしいさわやかな青空でした。

12月9日金沢市東長江交差点にて

12月9日金沢市東長江交差点にて

日本は、これから少子高齢化が進み、経済成長は止まり、衰退していくのでしょうか?
「衰退はごめんだけれど、何とか現状維持はしたい」というのが多くの方々の願いでしょうか?
もしそうだとするならば、残念ながら「現状維持は即衰退」 であり、坂道を転げ落ちるしかないでしょう。

必要なのは高い理想であり、高い目標であり、高い志です。

世界を見渡した時、宗教対立、人口爆発、食糧危機、エネルギー危機、軍事的な危機、民族弾圧、テロなど、様々な危機に直面しています。
日本は「一国平和主義」「一国繁栄主義」では済まされません。もう江戸時代ではありません。
「鎖国」しようにも、世界はそれを許さないでしょう。

ならば、世界のリーダーとなって、積極的に世界平和と繁栄をけん引しましょう。

少なくとも高度経済成長を遂げていたころまでの、かつての日本人には、もっと気概があったように感じます。
日本人の多くが小成に甘んじるようになっているとするならば、その根っこには相当深く、「自虐史観」が浸み込んでいるように思われてなりません。

それは、戦争に負けて自信を失ったというのみならず、太平洋戦争(大東亜戦争)の敗戦を境に、「日本はアジア諸国を侵略した」「軍国主義国家であった」「自由も民主主義もない全体主義的な国家であって、それらは戦後にもたらされたものである」等といった誤った歴史観に基づき、何とも言えない罪悪感、贖罪感が刷り込まれ、加えて神仏を否定するような唯物論教育が学校教育やマスコミ等においてもなされ、その結果、それ以前の歴史までもが全否定されるような流れが出来上がりつつあることが最大の原因であると思われます。
「古事記」等に述べられている神話のみならず、聖徳太子などの偉人の実在までも否定するような歴史学者が存在するような現状であります。

しかし、日本人が「自虐史観」に打ち沈んでいるなかで、台湾、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピンなどのアジア・アフリカ諸国のリーダーたち、また先日亡くなった、ネルソン・マンデラ氏も、すでに第1次世界大戦後に、国際連盟の会議において、「人種差別撤廃」を主張した日本を、また、敗れはしたものの、アジア・アフリカ諸国を欧米列強の植民地支配から解放した大東亜戦争の意義を、高く評価しています。

いったいどちらが、本当の正しい歴史認識のなのでしょうか?
アジア・アフリカのリーダーたちのほうが、日本を正しく見ているのではないでしょうか。

「謙譲の美徳」が行き過ぎて自虐的になりすぎると、本来の力が発揮できませんし、本来果たすべき役割も果たせません。

威張ってそっくり返る必要は全くありませんが、自国の歴史について、公平に見ることは必要でしょう。
(仏教的には、八正道の「正見」(しょうけん=正しく見る)に当たるといってよいでしょう)

アジア・アフリカ諸国、イスラム諸国さえ、日本を尊敬し、日本に親しみを感じ、日本に期待している国々がたくさんある事実を見ると、やはり、世界のリーダーとして、応分の責任と貢献を果たすべき時に来ていると思います。

世界平和に貢献するには、言論の力で平和裏に平和を実現することが最上ですが、言論の力を担保するものとして、やはり、応分の武力は必要です。
武力を持ったからといって、すぐ悪用すると考えるのは、論理が飛躍しすぎです。
それでいけば、包丁だって、危なくて簡単に売り買いできません。

少なくとも、自由と民主主義がきちんと担保されている国であるならば、独裁的で、国民を抑圧しており、自由がなく、軍事優先の国に比べ、すぐに武力に訴えるというようなことにはならず、はるかに安全であるといえます。

70年前に、空母部隊を率いて、最強国アメリカと覇権を争ったのが私たちの父祖です。
その気概を、取り戻そうではありませんか(当然ながらアメリカと再び戦争しよう、というのではありません)。

かつて我が国はアジアの協和と繁栄を大義として、アジアの盟主を自任しましたが、今度は、世界の平和と繁栄を大義として、勇気をもって、世界のリーダーを目指そうではありませんか。

それが、先の大戦で尊い犠牲となった先人たちに報いる至上の道だと確信します。

下記をクリックすると、今朝の辻立ちの動画をご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

2013-12-09 金沢市東長江交差点にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

政治に正義を。
「だれが正しいか」ではなく、「何が正しいか」によって選ばれる政治を。
組織や団体のしがらみではなく、「みんなが入れるから」でもなく、有名人だから、でもなく、
有権者一人一人が自らの良識に照らして、候補者や政策を選択してゆく政治を求めたいと思います。

日本に勇気を。
たとえばTPP。既得権益を守るために、ただ交渉参加に反対するのではなく、より発展するために、交渉する勇気を。
たとえば外交。相手を慮って言わないけど察してね、というのは多くの場合、日本国内だけで通用することです。この世では、言葉でハッキリ主張しなければ、真意は伝わらないのです。
たとえば”下山の思想”。日本はもうピークを過ぎ、衰退してゆくしかないのでしょうか?そんなことは誰が決めたのでしょうか?
1980年代の繁栄期、株価は4万円近くになり、東京23区の土地代でアメリカ全土の土地が買えるほど日本は豊かでした。その後バブルが崩壊して長期不況に入った原因をメンタルな面に求めるならば、「それ以上の発展が怖かった」ということです。
地球人口100億人に向かって驀進しているいま、人類を飢えや紛争から救うためには、繁栄こそが義務であると決定(けつじょう)しなければなりません。「日本よ、繁栄する勇気を」。
そして、「国防」です。戦後、国防について論ずることは、長らくタブー視されてきました。こんなことは、独立国にとってはありえないことです。
平和と言っても、降伏し、屈服し、隷属化におかれた平和ならば、意味がありません。
この国を守り抜く勇気を。タブーを恐れず議論する勇気を。

そして、世界に自由を。
世界はいま、自由の危機に瀕しています。
共産党独裁の専制国家による覇権主義は、自由にとっての最大の脅威であることは言うまでもありませんが、
自由主義陣営と呼ばれる国々においても、高福祉国家という名の社会主義が忍び寄っています。
日本も例外ではなく、アメリカでさえ、オバマ政権下で左傾化の方向に進んでいます。
それは、「増税」という形で表れてきます。
増税は、つまるところ、私有財産の制限であり、
経済的自由を抑制することになります。
経済的自由なくして、個人的自由も政治的自由もないのです。

軍事的脅威から、そして忍び寄る社会主義の誘惑から世界の自由を守り、自由からの繁栄を実現するためにも、
政治に正義を打ち立て、勇気を持って挑戦し、変革してゆかなければなりません。

きょうは、野々市市内で辻立ちをいたしました。

野々市市新庄

野々市市新庄にて


野々市市御経塚にて

野々市市御経塚にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

オバマ米大統領は30日、ワシントン市内のジョージタウン大学でエネルギー安全保障について演説、「米国は電力の5分の1を原子力エネルギーから得ている。原子力には大気中の二酸化炭素を増やすことなく電力を作る重要な能力がある」と指摘し、原発推進の姿勢を堅持する考えを表明した。

それでも…オバマ大統領は原発推進路線を堅持 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

YOMIURI ONLINEは、さらに、

「オバマ大統領は、福島第一原発の事故で米国内でも原発の安全に懸念が高まっていることに対しては『安全は必ず確保する。調査結果や教訓を、次世代の原発の設計、建設に役立てる』と述べた」

「また、中東政情が不安定になり原油価格が高騰している問題については『今から10年少しで、石油輸入量を3分の1削減する』とし、2025年までに石油の輸入量の3分の1を減らす方針を示した」

と伝えています。

実際の震災の当事者である日本の首相にこそ、こうした勇気ある決断をしていただきたいものです。

日本の選択肢は2つです。現状維持で行くか、さらなる発展を目指すのか。

しかし、残念ながら、戦って戦って、やっと現状維持できるかどうかというのが、今の厳しい世相の現実です。
したがって初めから現状維持でよしと思うことは破滅への道を意味します。
すなわち、日本がどんどん貧しくなる道です。

一方、発展を目指すには勇気が要ります。
それは、イノベーション、変革を必要とするからです。
そしてそれは、(少なくとも当座は)すべての人が納得し満足するものではありえません。
それゆえ、ひとは基本的には現状を変えることを嫌がります。
しかし、そのままではいつか”ゆでガエル”になると思えば、勇気を出してそのぬるま湯から出る必要があります。

日本が貧しくならないためには、もっと積極的に言うならば、さらなる繁栄への道を歩むためには、何といってもエネルギー供給は確保しなければなりません。
もちろん、合理的な省エネは必要でしょうが、さまざまな価値創造にはエネルギー消費はどうしても伴います。

それを原発に頼らないとするならば、代替エネルギーでは現状ではとても追いつきません。
ならば原油に頼るしかなくなりますが、これはシーレーンを押さえられたら(つまり石油が一滴も入ってこない状況になったならば)太平洋戦争と同じような状況になることを意味します。

ここは原発(原子力エネルギー)に対する否定的で感情的な議論ではなく、公平に理性的に議論する必要があります。

論理的に考えるならば、オバマ大統領が言うように、原子力はCO2を増やすことなく電力をつくることができ、中東情勢が不安定で原油が高騰していく状況下では、石油の輸入量を減らしていくのは当然の判断でしょうし、安全に関する懸念に対しては、「安全は必ず確保する。調査結果や教訓を、次世代の原発の設計、建設に役立てる」と明言することは、これこそがリーダーシップと言えるでしょう。

震災を機に、原発も含めてさらに安全性を高めて復興させてゆく。
そして、世界で最も安全で、平和で、豊かな国を創ってみせること。
これこそが、震災で命や肉親、財産などを失った被災者の方々の、尊い犠牲に報いる道だと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

菅直人首相(民主党代表)は14日、内閣改造と党役員人事を断行する。首相は13日夜、枝野幸男幹事長代理を首相官邸に呼び、官房長官への就任を要請、枝野氏も受諾した。参院で問責決議を受けた仙谷由人官房長官は党代表代行で処遇。13日にたちあがれ日本を離党した与謝野馨元財務相は経済財政担当相で起用し、海江田万里経済財政担当相は経済産業相、大畠章宏経済産業相は国土l交通相にそれぞれ横滑りする。鉢呂吉雄国対委員長の後任には安住淳防衛副大臣を起用する。

きょう内閣改造 与謝野氏は経済財政担当相 海江田経産相 国対委員長に安住氏で調整 官房長官は枝野氏 1/2ページ – MSN産経ニュース

1点目は、「立ち上がれ日本」を離党してあえて入閣することの政治家としての信念について。
ご本人は、「残された政治生命の全てを日本の将来にささげたい。できることがあれば政権を手伝いたい」と語ったとのことだが、平沼氏とともに共同代表として、反民主を旗印に立ち上がったのではなかったか。それを支持した国民に対してきっちりと説明する義務があると思うが、十分に説明されているとは思えない。
どうしても、目先の入閣に飛びついてしまったように見える。そこに、政治家としての信念や気概、勇気を感じることはできない。

2点目に、経済財政担当相としての力量について。
氏は、自民党時代から消費税増税による財政再建を謳う”貧乏神”路線だった。
この点が、菅首相の考えと一致しているのだろうが、この方向に進めるならば、消費税増税、デフレの深刻化からさらなる不況へと進み、結局、税収も減ることだろう。
経済成長による税収増を「幻想」と考える経済財政担当相のもとでは、日本経済はますます縮小していくのではないだろうか。

与謝野氏自身の選択、および菅首相の与謝野氏起用は、石原都知事の与謝野氏に対する「ばかじゃないかね。政治家の資質の問題。これで彼は終わりだと思う。そんなに世間は甘い物じゃない。なんで沈みかかっている船に乗るのかね」という発言に象徴される。
自らが沈みかかっている船に乗るのみならず、日本という船の沈没をさらに進める方向になるのではないかと危惧する。

必要なのは、この国を発展させる、世界に誇れる国家とするという気概を持った政治家であり、理想を貫く信念を持った政治家であり、発展のための勇気をもって断行する政治家である。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

衆議院解散を表明する麻生首相。なぜか時代劇のセリフを読み上げているように感じた。

映画か演劇のようで、なんとなく当事者意識がないように感じられた。

しかし確かにこれから時代は大きく変わり、激動の時代を迎えるだろう。

それは、単なる混乱のための混乱で終わってはならない。

新しい時代を創るための、生みの苦しみであってほしいものだ。

何の未来ビジョンもなく、単なる「政権交代」をもって、「激動の時代」と呼ばないでほしい。

幸福実現党がやろうとしていることは、決して「黄巾の乱」のような反乱ではなく、新しい時代の創造である。

そのためには既成概念にとらわれない大胆な発想と、それを実行していく勇気が必要だ。

既得権益を後生大事に守ろうとしている人たちは、後漢末期に跋扈した宦官や外戚のように国家にとっては有害である。

国民に夢と希望を与えたい。

この国はもはや老大国で、少子高齢化が進んでだんだん衰退していくなんて、だれが決めた?

だから税金が上がっていくは仕方がないなんて、だれが決めた?

日本はもっともっと発展していく可能性がある。教育レベルが高く勤勉な国民、飢え死にする人はいない。どこへ行っても道路は舗装されているし、電気も水道も通っている。

多くの人が魅力を感じ、住みやすいと思った国は人口が増えるのは自然の理だ。

自由で、豊かで、税金も安い国、安全な国、広い家に住める国、教育も充実している国。未来に希望が持てる国。

そういう国を目指していけば、人口は増える。

3億人国家を目指そう。

もう十分豊かだから、これ以上の発展は望まないという人よ。

ならば、もっと世界に目を向けよう。日本は豊かだが、世界では10数億の人が飢えている。

紛争やテロのなかで、あすの命をも知れないで生きている人がたくさんいる。

そういう人たちを救うために、日本はもっともっと繁栄する義務がある。

かつてのアメリカのような役割を果たさなければならない(注.アメリカ型と方法論は違う)。

日本にはそのような可能性と、使命があると私は信じる。

日本の繁栄が、世界に平和と繁栄をもたらす。

それが、ジャパニーズ・ドリームだ。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。