‘私の政策’

15日、16日と「確認団体」として、街頭演説をさせていただきました。

「街頭政談演説会」というのだそうです。

これは、選挙期間中に許される「政治活動」で、タスキはかけちゃいけない、幟旗は車の上以外は立てちゃいけない、といった規定があります。

煩雑です。意味がわからないルールもあります。

とにかく“新規参入”を困難にする障壁の一つです。現職、既成の政党・政治家が有利になるようなルールがいっぱいあります。

こんなところも、政治で変えていかなきゃいけないところと思います。

拙い演説ですが、動画をアップいたしました。
↓  ↓  ↓

 


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

台湾も、香港も、中国の脅威に対し、日本に救いを求めています。

イランは、アメリカとの対立に、日本に仲裁を求めています。

私たちは、自己認識を変えなければいけない時に来ています。

「一国平和主義」「一国繁栄主義」から脱却して、アジア、ひいては世界全体の平和と繁栄に、責任を負わなければなりません。

托卵鳥のように、育ての親より大きくなっているにも関わらず、いつまでも親鳥に餌を採って来てもらうような「奪う愛」に生きていてはダメでしょう。

「自己認識の変容」こそ悟りの正体、というのは、国家レベルでも当てはまります。

 

7月に入りました。風雲急を告げて来ているような気が致します。

昨日は、加賀市・小松市。白山市と回り、本日は、白山市・内灘町・金沢市と回りました。
動画は、各所での辻立ちの様子です。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

今日で6月も終わり、明日からいよいよ7月。参院選も近づいて参りました。

私たちは「減税」を一貫して訴えておりますが、消費増税は(嫌だけど)上げなくちゃしょうがない、と思っている方がまだまだ意外と多いようですね。

私たちの訴求力が足りないことを反省すると同時に、財務省を中心とする政府、御用学者、御用マスコミの“洗脳力”の強さに唖然・呆然・愕然とします。

“失われた30年”という長期デフレ不況の歴史は、消費税の導入〜2度の増税(5%・8%)〜現在までの歩みと軌を一にします。

「デフレ不況の原因は、消費税ではない」と言い張るかもしれないが、ならばデフレ不況の苦しい時に、国民を苦しめる増税など、心ある為政者ならば絶対にやってはならないことではないでしょうか。

何より、消費増税をやっても、税収が増えないので、財政再建にもならなければ、社会保障の財源にもならない。

したがって、消費増税には何の大義もありません。「国民を苦しめる」ということを除いては。

国民を苦しめることを目的にしている政府があるとするならば、それは「革命」を起こしてでも倒さねばならない政府でしょう。

世の中には、新しい税金を作るために汗を流したことを自らの業績にする政治家もいます。

例えば、森林環境税。「環境」という、誰も反対できなさそうなネーミングに卑怯さを感じますが、新しい税金を創設すれば、税収が増えるとでも思っているのでしょうか。

国民を苦しめずに税収を増やす方法はただ一つ、「経済のパイを大きくすること」、これに尽きます。

すなわち、国民を豊かにすることです。

その第一歩が、減税、とりわけ、消費減税はその効果絶大ですよ。

私たちは、消費増税阻止を、まだまだ諦めていませんよ!

国民を苦しめる消費増税は、百害あって一利なし!

私たちは国民を苦しめることが目的ではなく、国民を幸福にすることが目的だからです。

 

本日、党本部の松島弘典幹事長、石川県本部の金村青年部長とともに、金沢駅東口にて街頭演説をさせていただきました。
時々強風が吹く雨にも関わらずお集まり下さいました支援者の皆様に、心より感謝申し上げます。
松島幹事長、お話はとてもわかりやすく面白い。そして、情熱こもった演説でした。
金村青年部長は、フレッシュで純粋で透明感あふれる演説でした。後生畏る可し。

27〜29日の活動動画は下記の通りです。

 


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

香港のデモについて、日本はなぜ支持を表明しないのか?香港の自由を守るべく、声をあげるべき。

台湾も中国の暴圧の前に、その自由と民主主義は風前の灯。なぜ台湾支持を表明しない?独立国と認め、国連加入も後押しすべき。

チベット、ウイグルで凄まじい人権弾圧、宗教弾圧が行われているのに、なぜ日本の宗教界は何も言わない?それで本当に、宗教者と言えるのか?

政治家も同罪だ。特に、日頃人権にうるさいリベラルの皆さん、なぜ黙っている?

世界の平和と繁栄にとって、共産党独裁の専制国家・中華人民共和国こそ最大・最凶・最悪の体制です。

ゆえに、香港、台湾を支持し、ロシアとも平和条約を結ぶべき。

特にロシアとの平和条約締結は、今回のプーチン大統領来日が最後のチャンスかもしれない。

私は、日本こそ東洋の盟主として、中国の自由化・民主化・信教の自由を促し、14億人民を真に解放する使命がある、と固く信じています。

さらに、中東。ユダヤ・キリスト教合体文明とイスラム教文明の対立を仲裁するのは、宗教的寛容の精神を持つ日本しかありません。
ゆえに、これからの日本のリーダー・政治家には、宗教的哲学、精神性が必要になってきます。

日本は、サムライ国家として再生せよ。国家の気概を示せ。

 


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

どうも消費増税は凍結せず確定のようです。

ならば、政府が率先して身を切れ。安倍首相はゴルフを止めること。
二重行政になっている内閣府ぐらいは廃止すること。
税収が50兆円で負債は1100兆円超。売上げの20倍以上も負債がある会社で給料が上がるなんてありえない。
公務員の平均給与は六百数十万で民間より二百万以上も多いなんてありえない。
赤字企業で給料増えるなんてありえない。逆でしょう?

増税しても税収は増えない。財政再建にも社会保障の財源にもならず、かつ国民は窮乏する。
誰にとっても何のメリットも無いのに、なぜ上げる?
消費増税自体が、それこそ“リーマンショック級”を引き寄せる引き金になるかも知れない。
日本を壊すな。

日本を夢のある国にしたい。

 

本日の辻立ち動画です。
↓  ↓  ↓


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

今月末、大阪でG20が開催されるのに合わせて、日露首脳会談が予定されています。

プーチン大統領は、日本と平和条約を結びたいと思っています。

安倍首相、次でもう26回目ですよ、プーチン大統領と会談するのは。「決められない政治」はお嫌いなのでは?

思い起こせば、去年の9月。プーチン大統領の方から、「無条件で年内に平和条約を結ぼう」との千載一遇の提案があったではないですか。それを先送りしてしまった。

あの時、提案に乗っていれば、2島ぐらいは還ってきたかもしれません。

もうプーチン大統領としてはそこまで大盤振る舞いできないでしょうが、領土問題を棚上げしてでも、平和条約結ぶべきです。

なぜか?いま、世界の最大の脅威は、中国問題だからです。

中国がこのまま軍事拡大、派遣拡張を続ければ、第3次世界大戦勃発という最悪のシナリオも想定しなければなりません。

こうした時に、ヨーロッパからも干されているロシアが、中国と結ぶという事態は、避けなければなりません。

  • 日本が仲裁して、ロシアをG8に復帰させる。
  • 北方領土にあるロシアの軍事施設は、中国・北朝鮮の牽制のために使う。
  • 沿海州、シベリア等の開発に協力する。
  • 北海道〜樺太経由でモスクワまで、シベリア鉄道新幹線を敷く。

などなど、日本が積極的に協力してやればよい。

憎しみを捨て、愛を取るべきです。世界平和と繁栄のために。

 

 


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

疑いなく、「自由」「民主」「信仰こそが未来世界を拓くキーワードです。
「自由」と「民主」は受け入れられやすいですが、「信仰」に違和感を感じる人もいるでしょう。
しかし、信仰こそが、基本的人権成立の基礎です。
「信仰」抜きの(自称)民主主義国家では、「人民解放軍」が「人民弾圧軍」になるのです。
自由」「民主とともに 「信仰や 「愛国心が普通に語れる世界にしなければいけません。
「信仰」こそが、人権の最後の砦なのです。かつてキリスト教会がナチスドイツの迫害からユダヤ人を護ったように。

「マルクスの共産党宣言を永遠に葬り去る」と宣言した、「幸福実現党宣言」の真義が、全世界の人々に伝わりますように。
そして、人類が、地球の至高なる神(仏)の下に、民族を超え、宗教を超え、国境をも超えて、地球人としての意識に目覚め、平和で豊かで幸福な笑顔で暮らせる世界が一日も早く実現しますように。

 

三日ほど、ブログの更新が滞っておりました。
ささやかですが、コツコツと、活動を続けております。
下記は、4日〜7日の辻立ちの動画です。
↓  ↓  ↓


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

「あなたは、宗教家を目指すのか、政治家を目指すのか」と問われたら、躊躇いなく「両方」と答えていたが、これだと、二足の草鞋的にとらわれそうですね。もちろんどちらも片手間でできる仕事ではありません。

いや、目指しているのは、「宗教政治家」という、ある意味で新しい領域です。

時代錯誤的、と笑わば笑え。
日本は古来より「祭政一致」の国なのです。

簡単に言えば、神の御心をわが心として政治を執り行う、というのが我が国の伝統であって、これは世界に誇るべきことです。

なぜなら、隣りの某無神論大国は、「人権」などわが辞書に無きが如き極悪非道な弾圧・粛清・迫害・侵略が日常茶飯事ではないですか。

そしてこれは、民主制と矛盾するものではありません。
神の心、神の願いを理想とする人々が集まって、国家のより良き未来を多数決で選べば、その国が神の理想に近づいて行くのは自明ではないですか。

そして、私たち国民の側も、もうそろそろ、「国家(政府)は我々国民のために何をしてくれるのか」と問うのをやめて、「我々国民が、国家のために、国民の幸福のために、何ができるか」と問うように変わっていこうではありませんか。

「ああしてほしい、こうしてほしい」という精神態度は、宗教的に言えば、「奪う愛」であり、「国家のために、他の人の幸福のために何ができるか」と考え、言葉に出し、行動することは、「与える愛」であります。

「他の人の幸福を願う心が、幸福を呼ぶ」という心の法則に従い、上のことを実践する人は幸福になるのです。

これからの世界は、政治に限らず、科学も医学も経済も芸術その他の学問も、単なる技術論だけではなく、精神性まで踏み込まなくてはならない時代に必ず入っていくと思います。

 

今日は、いつもお世話になってる支援者のYさんと、小松市内をふれあい訪問活動。
夕方は、長田南交差点にて辻立ちをさせていただきました。
↓  ↓  ↓


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

日本人はもともと宗教的な民族です。

もともと惟神(かんながら)の道と言われるように、天照大神に象徴される太陽神信仰を中心に、森羅万象に神を感じる民族でした。

やがて仏教を輸入し、聖徳太子の時代に、仏教立国を成し遂げました。

その後も日本神道と仏教とが融合した形で、日本文明は発展を遂げました。

聖武天皇・光明皇后の頃の、奈良の大仏建立の大事業は、世界史的に見ても、仏教の最高峰の時代と言えるのではないでしょうか。

日本神道の神官の長である天皇陛下も、仏教に帰依された方が大勢おられます。

その後、キリスト教も入り、秀吉の時代〜江戸時代には弾圧された歴史もありますが、これはキリスト教国が帝国主義と一体となって世界を植民地化してきたことも背景にあります。現代では普通にクリスマスを祝い、ハローウインを祝い、結婚式をキリスト教式でやることは珍しくありません。

イスラム教はそれほど勢力を伸ばしてはいませんが、イスラム教を悪魔の教えと思っている日本人はほとんどいないでしょう。

こんなに宗教的寛容な民族は世界に他にございません。

そして、戦後、宗教的なるものは封印され、裏側に押し込められた感がありますが、その底流にはやはり、信仰心や、敬神の心がずっと流れていたと思われます。

お盆にはご先祖のお墓参りに帰省し、お正月は神社仏閣に初詣に行き、前述の通りクリスマスを祝いハローウインを祝い、結婚式はキリスト教式で、葬式は仏式で、というのはごく一般的な姿ではないでしょうか。

これは別に節操がないというわけではなく、やはり、宗教的寛容としか言いようがないと思うのです。

そして、この精神こそが、世界から宗教紛争をなくす精神だと思うのです。

だから、日本の果たすべき役割は大きい。

決して、決して、日本を唯物論国家にしてはならない。

だから、自由・民主と合わせて、信仰が大事だと言っているのです。

だから、宗教が政治に関わっていくことは、この世を唯物論化していかないためにとても大事だと思うのです。

唯物論は絶対に真実ではありません。明らかに間違っています。

言論の自由といっても、間違いを広めていい自由はないはずです。

いくら科学的知見を駆使しても、あの世がないなんてことを証明できないのです。同じく、仏神が存在しないことを証明することもできないのです。

科学こそが、万能でないことを謙虚に認めるべきです。

ニュートンは、こう語りました。

 

私は海辺で遊んでいる少年のようである。
ときおり、
普通のものよりもなめらかな小石や
かわいい貝殻を見つけて
夢中になっている。
真理の大海は、
すべてが未発見のまま、
目の前に広がっているというのに。

この謙虚さこそが、真の科学的精神ではないでしょうか。

 

今日は、金沢市高柳西交差点にて辻立ちをさせて頂きました。
↓  ↓  ↓


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

わが国ではすでに信仰は失われつつあり、自由も民主も今にも崩れ落ちそうである。

自由と民主を冠している既成の大政党もあるにはあるが、もはや看板に偽りありと言わざるを得ない。

その与党の大政党は、かつてのイギリスに似た福祉国家を目指しているかのようである。

対する野党は、そんなことでは手ぬるいとばかりに、さらに金持ちからたくさん税金を取り立て、貧しい人々にバラまけと主張する。

サッチャーの指摘を待つまでもなく、そんなことをすれば、みんなが貧乏になるだけだ。

要するに現代の日本の政治は、左翼 Vs. 極左 であって、ゆえにこのままでは社会主義の道をひた走り自由は死に絶え、全体主義化して民主も崩れ落ちると言っているのだ。

だからマスコミの皆さん、こんな状況を、「与党 Vs. 野党連合の一騎打ち」などと、世論誘導しないでほしい。

選挙やる前から結果が決まっているような誘導はやめてほしい。

左翼か極左しか選択肢がない国民は不幸である。貧乏になるか亡国かの二択なんて不幸の極みではないか。

どっちもいやだ!という人々のために、真正保守政党・幸福実現党があります。

宗教政党に偏見を持たれる方もいらっしゃるが、敬神の心を喪えば、人間は獣化していきます。否、悪魔化していきます。

それを私たちは身近な国家で見ているではないですか。

ゆえに、自由・民主、そして信仰が大事だと言っているのです。

これが、グローバルスタンダードであるべきなのです。

 

昨日は、金沢駅前で辻立ちをいたしました。
↓ ↓ ↓


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。