Posts Tagged ‘限界集落’

皆さまこんばんは。

早いもので1月ももう半ばを過ぎました。

去年は大雪でしたが、今年は今のところ雪はほとんどなく、雪かきの心配もなく、その点では有難いと思います。

白山麓の豪雪地帯と言われるところで生まれ育った者としては、雪のない冬は有難い半面、雪が降らないとスキー場も営業できないので、降ってほしいという気持ちもありました。

でもあまりに降りすぎると、今度は除雪が追いつかず道路が通行止めになったりします。

ちょうどいい具合にはなかなか降ってくれないもので、とかく世の中は、自分の思い通りにはならないものだと幼な心に思ったものです。

そんな故郷の阿手町も、私の母も含め、次々と施設に入ったり、町へ出たりして、実際住んでおられるのは2世帯だけ、という、もう限界集落を超えて、廃村寸前のところまで来てしまいました。

小学生の頃から、過疎については問題意識を持っていましたが、結局、今まで何もできないままでいます。

しかし、都市部がどんなに栄えても、どんどん田舎の村が消滅してしまっては、日本にとっていいことはない、と思うのです。

私は、「平成の大合併」に対しては懐疑的です。

白山市も、白山麓から日本海沿岸の地域まで、とても広い市となりましたが、それが良かったのかどうか、疑問がないわけではありません。

かつて白山麓5ヶ村と鶴来町がそれぞれスキー場があったのですが、白山市になって、今ではセイモアと一里野の2つだけになりました。

もちろん財政の問題もあるわけですが、中央から地方に税金をばら撒くだけでは、その場しのぎの効果しかなく(そんな効果さえもないかもしれませんが)決して良くならないと思います。

地方の繁栄も、自助努力を基とし、その努力が報われるようにしなければならないと思います。

地方創生に限ったことではありませんが、官があまり口出しするのではなく、民の自由な発想と、自助努力に任せるようにするべきだと思います。

小さくとも自立できる町や村にするべきだと思います。

例えば、「鳥越村の復活」とか。

もちろん、そんな簡単なことではありませんが。

少なくとも重い税金を払って、何もかも面倒を見てもらうような社会よりも、税金を安くして、自由に、いろんなことにチャレンジできる方が良いと思います。

 

 

以下は、1月8日から18日にかけての街頭演説(一部)です。

 


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

雪も、かなり消え、ふるさとにもようやく春が近づいてきました。

3月18日と、4月1日、実家のある白山市阿手町(旧鳥越村字阿手)に、少しの間だけですが、帰ってきました。

どちらも、まだ寒い日でした。

わたしはいま、同じ白山市日御子町に住んでいますが、いざ帰るとなると、なかなか実際以上に距離感があります。

「限界集落」という言い方は好きではありませんが、わが阿手町も、ごたぶんにもれず、わずか10軒ばかりの家が残るだけの限界集落になっています。

しかし、わたしはあきらめる必要はないと思っています。

かつて、鉱山があった当時には、この集落には100軒以上の家が立ち並んでいましたし、大日川ダムが建設されていたころは、お店も3件あり、まだかなりにぎわっていた記憶があります。

仕事があったからです。つまり、産業を興すこと。地域の特性を生かした産業は、創意工夫すればきっと生み出すことができます。

あと、情報は、現代では、インターネットなどの普及により、かなり便利になってきましたが、人の移動や物流など、現実にモノが移動するインフラも必要です。

産業を興すことと、自家用車だけではなく、公共交通機関の整備がセットで必要です。

これは、能登も白山麓も同じ事情だと思いますが、

例えば、金沢市内の職場に通えて、片町や香林坊でお酒を飲んでも帰ってこれる交通機関があれば、田舎で広い家に住めるメリットはかなり大きいのではないでしょうか?

では、どんな産業があるでしょうか?

もちろん、観光もあります。精密機械もいいと思います。ITもいい。思い切って、宇宙産業もいいかもしれません。

例えば、航空・防衛産業を小松市、IT産業を白山市、宇宙産業を能登、といったふうに産業を興し、石川県全体を、未来産業地帯にするとか。

あと、それぞれの産業が、他の産業と有機的に結びついて、非常に高い波及効果を生むように、それらをコーディネイトする人が必要です。

これは、決して夢物語でもなく、そういう気概と覚悟と熱意を把持し、努力していくことで実現可能であると思います。

100318_142201-1

実家近くにある、神社。幼いころは、境内で夏休みのラジオ体操や缶けり、変則ソフトボールなどをして遊んだものです。

100401_ate02

峠の道から、大日スキー場を望む。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

皆さまこんにちは。みやもとさとしです。

今日は、お二人の支援者の方と、お二人の出身地である旧白峰村に、あいさつ回りに行ってまいりました。

近年の温暖化により、わたしの少年時代に比べればかなり積雪量が減ったとはいえ、

さすが日本有数の豪雪地帯だけのことはありました。

今日は、石川県体育大会の開会式も行われていました。

既成の某政党の、この地域のお役をされている方に、

「(幸福実現党は)何をしたいんや」と尋ねられ、

「日本をもっと繁栄させたいんです」と答えると、

(それは無理だろう)と言うように首を振っておられましたが、

私は日本をより繁栄させ、大国としてのノブレス・オブリッジを発揮して、世界を導こうという気概こそが、今の日本には必要なのだと信じます。

私自身も、豪雪地帯に数えられる、過疎の村(旧鳥越村阿手)に生まれ育ちました。

このままでは10年後には集落がなくなるのではないかと危惧される限界集落が、

ここ白山麓にも能登にもたくさんありますが、

決して手をこまねいてみているわけにはいきません。

たとえば都市と田舎(あえて田舎という言葉を使いますが)をもっともっと近いものとしていく、

それはリニアも含めて、いろんな交通ネットワークの革命が必要だろうと思います。

田舎から都会へ仕事に通える、あるいはウイークデイは都会で仕事をし、

土日は田舎で過ごすというライフスタイルも選べる、

田舎に住んでもいいかなと思えるような、魅力ある田舎生活を創造する。

観光、農業、林業、IT産業、

いろんな産業を興し、雇用を創出する。

優秀な人材を田舎に引きよせる、できる努力はまだまだあるはずです。

日本は少子高齢化社会が進むということは当然の前提のように語られますが、

日本全体の人口は、もっともっと増やしていかなければいけません。

それは、社会保障制度を維持するという、日本の国益を考えても必要な政策ですし、

世界がこれから人口100億人時代へ向かおうとしているときだからこそ、

発展途上国のみ人口が増えていくならば、地球は間違いなく飢えと貧困に覆われます。

だから、豊かな日本やアメリカを中心とする先進国は、

人口を増やし、ますます繁栄の方向へと世界を導く使命があると思います。

そう考えたとき、地方は、まだまだたくさんの人口を受け入れることが可能であると思うのです。

いまは過疎の村だとしても、まだまだ可能性はある。

新しい時代の、富国・強兵・「学問のすすめ」の主役となりうると思います。

白峰の皆さまの温かい心に触れつつ、

いろいろ考えさせられる一日でした。

今日ご案内下さいました兵井さん、橋本さん、ありがとうございました。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。