Posts Tagged ‘宗教心’

きょうは、何かとエネルギーを費やし、疲れた一日でした。

夕方立ち寄った、幸福の科学金沢北支部にて、

青年の方々が、集いをやっていました。

若者たちは、その姿を見ているだけで、元気になる。

私も若い気でおりましたが、エネルギーをいただき、さらに若返った気がいたします。

物質的な豊かさだけでなく、精神性を求めている(すなわち、宗教心のある)若者がいるということは、日本の希望でもあると思うのです。

信仰なき人間は、人間とはみなされない、それが、(共産主義国家を除く)世界標準だと思うからです。

この国は、戦後、宗教を排除するような教育の下で、かつてエコノミック・アニマルと称されたように、国際社会から、本当の意味での信頼を得られていなかったと思います。

今後、宗教心、信仰心ある若者が育ち、活躍することができる土台を作りたい。それによって、物心両面において繁栄する国を創ることができると確信いたします。

信仰を背骨として、真実繁栄する国家、世界からも尊敬され、世界のモデルとなり、世界をリードする国となることを目指してまいりたいと思います。

100403_191401


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

こんにちは。みやもとさとしです。

「幸福実現党は政策的にはいいことを言っていると思うけど、宗教団体が支持母体だというのは抵抗がある」というご意見も聞きます。

「宗教」というだけで、色眼鏡で見られてしまう状況は、とても残念なことです。

中には、洗脳したり、脅したりする悪い宗教もありますが、信仰を持っておられる方々のほとんどは、いい人たちです。神仏が見ていると思ったら、人は悪いことなんてできないですよ。

一部の悪い宗教のために心正しき信仰者が不当に差別されているような状況は許されないことだと思います。

むしろ、信仰を持つ人々の意見を代表する宗教政党がなかったことの方が問題であると思います。

幸福の科学は、過去、間違った宗教団体に対して、きっちりと指弾してきました。そういう悪い団体と同列に論じられるのは、ハッキリ言って心外です。

宗教を持っている、あるいは信仰心があるというのは、国際的スタンダードです。

宗教にもいいものも悪いものもあれば、いいもののなかにも高さや広がりの差があるし、悪いもののなかにも、少しだけ悪いもの、大変悪いもの、いろいろあるわけで、それは企業やその他の分野でも同様でしょう。

新興宗教だから、というのであれば、仏教も、キリスト教も、最初のスタートは新興宗教だったという事実をどう見るのでしょうか。

その果実を見ていただくしかないのですが、ぜひ、有権者の皆様には、各人の良識に基づいて、「誰が正しいか」ではなく、「何が正しいか」を考え、判断していただきたいものだと思います。

信仰者、あるいは宗教心ある人が、不当に差別して扱われないように、心正しき、心優しき信仰者のためにも、宗教政党・幸福実現党はがんばってまいりたいと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。