Posts Tagged ‘国防強化’

本日5月3日、金沢市香林坊にて、「憲法記念日」街頭演説を行ないました。

「南北融和で日本がなくなる」という看板を掲げて。

この過去最大級の国難に際して、日本の政治家はモリカケ問題や自衛隊の日報問題を延々と1年も続けており、国防強化や憲法改正をまともに議論できない状況です。

国家のリーダーたるべき人々が、事の軽重が分からぬほど知性が低くなってしまったのでしょうか?まさしく亡国の危機です。

日本国民は「平和路線」が悲惨な戦争を招くというパラドクスに気づき、断固として「自分の国は自分で守る」という覚悟を固めなければなりません。そしてアジアのリーダーとして、高貴なる義務を果たさなければならない。

そんな切実な思いを込めて、演説をさせていただきました。

ときはゴールデン・ウイークの真っ只中。

平和な雰囲気の中場違いな印象を受けられたかもしれませんが、「黙ってられない」のです。

今日は、午後から大川隆法総裁の講演会が全国衛星中継であり、非常にタイトなスケジュールにもかかわらず、多くの支援者の皆さまが集まられ、演説が終わるとすぐに、次のミッションへとあわただしく移動していかれました。お一人お一人に、お礼を申し上げたかったのですが、そんな暇もなく去っていかれました。

先日の緊急街宣の際も感じたのですが、まったく「自己保身」とは真逆の、自分の都合とか面子とか世間体とかにとらわれない、無私・無我の心で駆けつけ、ビラ配布等してくださり、本当に頭の下がる思いでした。真の信仰者として尊敬できる方々です。

この場をお借りして、心から感謝申し上げます。

午後の大川総裁の講演では、私たちが持つべき政治的価値観として、「自由」「民主」そして「信仰」が掲げられました。

人間が作る法律は、時に悪法になることもあります。特に独裁者が法治国家のように見せかけて法律を作った場合、弾圧や粛清など、悲惨な社会が展開します。それを防ぐ意味でも人間を超えた大いなるものへの帰依の姿勢はとても大事であるし、神仏に創られし人間であるがゆえに、その本質において平等であるという人権思想の基にもなります。

ということをお教えいただいたように思います。

すべての人類が、神仏の子として平等に、各人の個性を最大限に輝かせて幸福に生きられる世界、真の世界平和実現のために、前進し続けてまいります。

今後ともご指導・ご鞭撻を心からお願い申し上げます。

 

2018年5月3日 香林坊アトリオ前にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

本日も、昨日に引き続き、南北首脳会談を受けての緊急街宣を行ないました。

やはり、「南北融和」にダマされてはいけない、ということです。

予想通り、というべきか、世間では「融和ムード」一色で、たまに日本の危機を訴える人が(私たち以外でも)いたとしても、「そんなに平和が嫌いなのか」的な意見が出たりしてます。

平和が嫌いなわけはありません。

人が死んだり(寿命がきて亡くなるのは仕方ありませんが)、殺されたりするのは本当に嫌なものです。

だけど、冷徹に歴史の法則から見ると、平和的手段が良いように見えて、結果は最悪になることが多い。

第2次世界大戦前のヨーロッパがそうでした。第1次世界大戦後、あんな悲惨な戦争は二度とごめんだ、とヨーロッパ中に反戦平和主義が蔓延しました。そうしたムードを受けて、ヨーロッパの指導者たちは宥和政策をとり、戦争したくないばかりに、どんどんヒトラーに譲歩していきます。チェコスロバキア、ポーランドなど、当事国の許可もなく列強同士の思惑で勝手にヒトラーに領土の割譲を許していきます。そして悲惨な第2次世界大戦を迎えます。

ヒトラーを打ち破るには、”戦争屋”と言われたチャーチルの登場を待つしかありませんでした。

平和はあくまでも目的であって、手段ではありません。また、平和といっても、“奴隷の平和”では意味がありません。

人間は本質的に自由を求めるものだから。

真の平和を勝ち取るためには、「北朝鮮の完全武装解除」。これ以外の選択はありません。

そのためには、断固譲歩してはいけないのです。

日本が“蚊帳の外”にならないためにも、「自分の国は自分で守る」という覚悟が必要です。

そろそろ腹を括りましょう。

戦後失われた「武士道精神」、大義のために命を懸けることは素晴らしいことです。

こうした価値観の大切さを取り戻しましょう。

そのバックボーンには、「死んだら終わり」ではなく、あの世があって、神仏がおられるという世界観を認めることが必要でしょう。

こうした世界観を持たない限り、すなわち唯物論的世界観が科学的であり正しいものであるという考えならば、そこから導き出される結論は、「自分さえ良ければいい」「いまさえ楽しければいい」という人生観になり、利己主義、自己保身に走る人ばかりになります。

自分を超えた大いなる存在を認め、帰依する心が大切ではないでしょうか。

JR金沢駅東口にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

本日、北朝鮮と韓国の「南北首脳会談」を受けて、緊急街宣をおこないました。

街宣時点ではまだ会談の内容が発表されておりませんでしたが、おそらくは「平和ムード」を演出して、マスコミもそれを歓迎し称賛するという流れであろうと思われます。

しかし、これが曲者で、下手をすると日本の消滅・植民地化につながるという重大な危機なのです。

金正恩は誰が見ても”悪党”と映るでしょうが、文在寅は一見いい人に見えるので、コロッと騙されるかもしれません。

でもこの流れについて行ったら、日本は本当に重大な危機に陥ります。

これを迎え撃つべき政府・与党もスキャンダルで足を取られて、まともに国防強化を論じられません。

ああ、明治維新に想いを馳せます。

天壌無窮のように見えた徳川幕府も、安政の大獄から10年で潰えました。

「今がその時」-国家存亡の秋。人類の選択の時。

「熱血火の玉精神」を奮い起こそう。

「諸君、狂い給え。」(吉田松陰)という言葉が脳内でリピートしています。

JR金沢駅兼六園口にて

 


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

先週の2月11日に予定していた「建国記念の日」街頭演説。
ご存知のように先週は大雪で、11日は晴れてはいたのですが、金沢市内も半端ない積雪量で、「一斉除雪協力デー」ということで、1週間延期をし、当日は私も終日雪かきを致しておりました。

皆さま、連日の雪かき本当にお疲れさまでした。
あるときは雪と闘い、あるときは雪と共存する生活の中で、石川県の皆さまの魂は、白い雪のように美しく磨かれ、温かく、粘り強く、従順でありながらしなやかな精神を育んできたのだと思います。
これは世界に誇るべき精神性だと思います。

今日は、晴れ間はあるものの、時々吹雪のお天気でした。
にもかかわらず、多くの支援者の皆さまにお集まりいただき、寒い中、演説をお聴きいただきました。
ほんとうにありがとうございました。

世界最古の国・日本。神々が祝福する奇跡の国・日本。
アジアの、そして世界の危機を救うため、日本が世界のリーダーとなっていかなければなりません。
そのために、日本はもっともっと繁栄し、国防的にも強くなり、アジアの守護神とならねばなりません。

日本国民から信仰心を取り戻し、誇りを取り戻し、日本に住む国民の皆さまが、世界を救っていく救世の国・日本に誇りを持ち、「この時代に、この国に、生まれて、本当に良かった」と思えるような国にしていきたいと強く願っております。

青年部を代表して、Hさんの演説。ご立派です。

みやもとが話し始める頃には、激しく雪が降ってきました。

↑  ↑  ↑
街頭演説の動画です(全編)。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

2018年が明けました。元旦は過ぎ、もう2日になった深夜にこれを書いています。

旧年中は多くの皆さまに大変お世話になりました。4度目の国政選、衆院選としては2度目の挑戦となる選挙も出させていただき、痛烈に努力不足、徳力のなさを感じた年でありました。また、多くの皆さまのご厚情も深く味わわせていただきました。

感謝を学んだ一年でありました。

これまでも様々なことがありました。

これからも様々なことがあるでしょう。

間違いなく言えることは、ここ数十年の時代、人類は大きな転換点に立っているということ。

今年、幸福の科学グループは創立以来32年、幸福実現党は立党9年となります。

私たちは、この人類史上稀有なる転換点に、人類がよりよき選択をすることを願って活動を展開してきました。

このことの真意は、同時代人にはなかなか理解されないことかもしれません。

同時代人に理解されないことの難しさは、吉田松陰先生然り、イエス・キリスト然り、ソクラテス然り。

私の友人たちに接していても、あるいは親族に接していても、そのことは痛切に感じます。それは友人なるが故の、身内なるが故の、厳しさなのかもしれません。もとよりそうした偉人の方々と比べるべくもありません。自らの説得力の弱さ、徳のなさではあります。

「何が正しいか」の判断は、きわめて難しいものがあります。

たとえば、アメリカ合衆国が北朝鮮を軍事攻撃する可能性は高いと思うのですが、このことが現実に起きた場合、その是非をめぐって、世論は沸騰するでありましょう。いわんや日本が直接被害を被る事態となっては。

しかし、確かに言えることは、戦争を嫌うあまり、軍事攻撃を躊躇することがあれば、そしてその状態が今後も続いて行くようであれば、唯一のスーパーパワーの地位をかろうじて保っているアメリカの威信は失墜し(つまり、誰も言うことを聞かなくなる)、やがて北朝鮮は、アメリカ大陸に届く核弾頭を積んだ大陸弾道ミサイルを完成させるであろうということです。そうなったら、もはやチェックメイトです。北朝鮮の核暴走は止められなくなり、アメリカが日本を守ってくれるという幻想は脆くも崩れ去るでありましょう。これは、いわゆる「吉田ドクトリン」―日本は、国防は最小限にしてアメリカを番犬代わりに使い、経済繁栄のみに専念すればよいという考え―の崩壊を意味するものでもあります。

一番よいシナリオは、アメリカの軍事攻撃も辞さない、という本気さに屈して、金正恩が政権を投げ出し、平和裡に北朝鮮が民主化することですが、なかなかそうはいかないでしょう。

となると、アメリカが北朝鮮を軍事攻撃し、完膚なきまで叩きのめす(すなわち短時日で圧勝する)ことによって金正恩体制が崩壊し、北朝鮮が民主化する、というシナリオが次善となります。ベトナム戦争のように泥沼化することは避けなければならないことは言うまでもありません。

単純に、戦争は悪で、(ただ争わないだけの)平和が善とは言い切れないところがあります。

戦争を忌避するあまり、より大きな悪を招来することもあることは、ナチスドイツのヨーロッパ各地への侵攻しかり、歴史上幾つも事例があります。

これは人類にとって厳しい選択ではありますが、より大きな真・愛・善の実現のために、必要なことでもあります。

信仰者としては、「人類を導き、見守っている神は、何を正義とされるか」ということを探究しつつ、活動することが必要でしょう。

77億人にならんとする地球人類は生き延び、さらに繁栄することが許されているのか、それとも過去何度も繰り返し起きていたように、文明の衰退・滅亡という現実を目の当たりにすることになるのか。

神は、それを人類自らが選び取って行く、「人類の選択」に委ねられたのだと思います。

願わくは、前者となることを願いつつ、今年もいっそう強く活動を推し進めたいと決意いたします。

新年からやや暗い、怖い話のように思われたかもしれませんが、苦難困難は、ただ苦しみのためにあるのではなく、それを乗り越える過程で得られる智慧と、乗り越えたあとに訪れる達成感、たとえ乗り越えられなかったとしても、真実一路に努力したことは、永遠の生命の中で、努力は決して裏切らないということを実感する充実感、こうしたものが得がたい幸福となるのだと信じます。

浅学菲才の身ではありますが、熱意だけは誰にも負けないと言いきれるようになりたいと願っております。

「全員幸福」の理想を目指して、日々、これ決戦。「一日一生」の心を大切に、精進いたします。

今年一年、皆様のご多幸とご発展を心より祈念いたします。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

こんな無法が許されてよいのか。
北朝鮮の木造漁船は、漁協関係者によると五百隻どころか千隻も来てるのではないかと見られる。
漁師さんたちとそのご家族には生活がかかっている。地元住民にも大きな影響を与えている。
日本のEEZに勝手に入って来て、しかも違法な網で根こそぎイカを獲っていく。そんな悪を犯させてはいけないのです。正義が立たない。放水したって一時的にその場を去るが、イカがいればまた戻ってくるだけ。無法な船を打ち払えない、拉致被害者を取り戻せない、ミサイルが落ちるのを止められない、そんな情けない国になって久しい。国民を守れないなら税金を徴収する正当性などない。

「権利の上に眠るものは保護されない」。
竹島も実効支配されたまま戻って来ない。
大和堆も、放水するぐらいで拿捕も臨検もない、日本の漁船の方が恐れて来なくなる、となれば、「実効支配」されてしまうのではないか。
そしてそのラインは、日本海を南下して、じわじわと沿岸部に近づいてくる…。
「サラミソーセージ」のようにじわじわと…。それに慣らされると当たり前になってあまり危機感を感じなくなる。

最大の危機は、危機を危機と感じないことだ。

現場の漁師さんたちは、まさに「命懸け」で漁に出ている。
ひしひしと危機感を感じておられる。
この感覚が残っているうちに、なんとか手を打たないと、手遅れになる。

正義を貫くサムライ国家を再興したい。

北朝鮮の船は、僅か10トンばかりの木造船で、沿岸部ならいざ知らず、波の高い冬の日本海で漁をするなどということは、日本のプロの漁師さんから見たら「自殺行為」だそうだ。
強制か否かはいざ知らず、そんな漁に出ざるを得ない北朝鮮の漁師さんたちも可哀想だ。
そんな状態に追い込んでいるとしたら、そのような政府は許し難い。

北朝鮮の自由化・民主化。
それは、アジアの盟主として、かつての宗主国として、日本が果たすべき使命ではないだろうか。

20日、石川県漁協小木支所にて、釈党首がインタビューをした時の様子が、THE FACTにアップされていました。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

今更ですが、最終日にアップできなかった動画をようやくアップいたしました。

今後も今まで以上に国難突破、否、国難大逆転のために、活動を続けてまいりたいと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

結果の出た22日夜には、台風が近づく中、たくさんの方々にお集まりいただき本当にありがとうございました。
そしてこの12日間の選挙戦をお支えいただきました皆様に、心から感謝申し上げます。

この8年間、そして昨年の参院選終了後から地道な活動を再開致したわけですが、多くの支援者の皆さまの献身的なお支え、支持者の皆さまの暖かいお励ましの声に、ただただ感謝しかありません。

ご期待に応えることができなかったことは、偏に私の力不足、不徳の致すところと深く反省し、お詫び申し上げます。

私たちのそもそもの活動の原点は、2009年の立党以来、これは「国難」だと申し上げ、「国難突破運動」を展開してまいりました。
「国難突破解散」という言葉も聞かれましたが、既成の政党・政治家がどう思おうとも、マスメディアがどう報じようとも、私たちが元祖・「国難突破」運動なのだということは、自負と誇りを持って良いと思います。

また、私たちが辻々で、あるいは縁ある方々に、北朝鮮の、そして中国の脅威を告げ、「憲法九条適応除外」「非核三原則撤廃」を語ること自体が、多少なりともこの国を守り抜くための「抑止力」となっていることには、自信と誇りを持って良いと思います。

この度の台風が象徴するように、これから日本が直面する「国難」は、さらに大きく激しくなっていくと予想されます。
私たちは、「国防の危機」、とりわけ直面する北朝鮮の核暴走に対して警告を発してきたわけですが、この北朝鮮の問題が解決したとしても、その後に中華人民共和国との問題が控えております。習近平が独裁制を強め、アメリカをしのごうかという強大な軍事国家を目指すということを明言している以上、国防の危機はいや増していくでありましょう。
さらなる国防の強化、「自分の国は自分で守る」覚悟はますますその重要度と緊急度は増していくことでしょう。

また、私たちは立党以来、消費税減税をはじめとするあらゆる税金を安くする、いわゆる「小さな政府」を志向しておりますが、この国が向かおうとしている方向は、残念ながら「全世代型社会保障」の美名のもと、その見返りに重税を課し、国民の自由を奪う、極めて国家社会主義的な国家像です。
こうした流れに抗し、「小さな政府・安い税金」の下で、「独立不覊」「自助努力」の精神を持った国民を多数輩出していくことが、国富を増やし、ひいては社会保障も全きものとする力になると信じ、「自由の創設」を掲げてこの運動を続けてまいりたいと思います。

今後私が国政選の候補者として、皆様にご信任をいただけるか否かは別といたしまして、この運動を止めるつもりは毛頭ございません。
同志の皆さまと共に、前進、前進、そしてまた前進を続けてまいりたいと思います。

以下は、22日、選挙事務所にてご挨拶をいたしました動画です。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

10月1日(日)、幸福の科学金沢南支部にて、幸福の科学グループ創始者 兼 総裁 大川隆法総裁(幸福実現党総裁でもある)の御法話「危機のリーダーシップ-『自分の国は自分で守れ』講義②-」(衛星中継)の後、金沢南後援会決起集会を行ないました。

かつて真宗王国を築いたこの石川2区の地において、新たな宗教立国の原型を築いてまいりたいと思います。

 

 


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

27日、石川県庁にて、この度の衆院選出馬の記者会見を行ないました。
石川2区から立候補予定です。

8年間、一貫して訴えて来た国防強化、とりわけ北朝鮮の核暴走阻止を全力で訴えてまいります。

北朝鮮の核ミサイルをいかに抑止するかを争点としない総選挙はありえない。

疑惑隠し、争点ぼかしの自己都合解散、解散権の私物化。
自らの野望を実現するためだけの国政の私物化。
信念なくただただ自らの政治家という地位を守るためだけの離合集散。
そんなものは天も人も許さない。
そんな政治は終わりにしよう。
政治に正義を取り戻したい。

国政選は昨年の参院選以来通算4回目、衆院選は2009年以来2回目の挑戦です。
トンネルが貫通するまで山を打ち抜き続け、石が割れるまで槌を打ち込み続ける。

 


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。