‘私ってどんな人?’

私にとっての、政治の原点についてのお話です。

2009年、幸福実現党の立党が、私の、本格的な政治活動のスタートと言えます。
しかし、政治そのものには、ずっと関心がありました。
幼い頃から、政治の力というものを、現実に実感するような環境に育ったということがその理由の一つでしょう。

と言っても、政治家の家に育ったわけでも、親戚に政治家がいたわけでもありません。
旧鳥越村というところは、白山麓5ヶ村の1つであり、過疎の村でした。
その中で、私の故郷の阿手町は、古くは鉱山(銅山)で栄えたところですが、戦後、昭和40年代は大日川ダムの建設があり、 また、大日スキー場の建設があり、という、他の集落では見られないようなことがたくさんありました。
幼い私は、大人の仕事に首を突っ込むわけにはいきませんからそう詳しくはわからないながらも、それらは いずれも政治と密接に関係したものであり、否が応でも政治の力について実感しないで入られませんでした。

とりわけ、大日スキー場の建設は、衝撃的でした。
スキー場ができた当時(昭和45年)、鳥越村の人口は3千数百人だったと思いますが、 阿手地区はわずか20件ばかりの集落です。そんな寒村に、日曜日ともなれば、村の全人口の2倍近い人々が訪れたのです。
当時、幼心に、過疎の村をなんとかしたい(なんともできるわけもなかったのですが)、という気持ちを持っていました。
(当時、鳥越村立阿手小学校は全校生徒5名で、運動会も開催できなくなっていたのでした)
「政治の力はすごい!」。当時、小学校5年生だった私の実感でした。

こんなところが、私の政治との関わりの原体験なような気がします。
こんな私が、その後、どういう経過を経て、政治活動に参画するようになったか、これから綴っていきたいと思います。

13日、久しぶりになってしまいましたが、金沢市東長江町交差点で辻立ちをいたしました。

金沢市東長江町交差点にて

金沢市東長江町交差点にて

下記をクリックすると動画をご覧になれます。
↓  ↓  ↓
2015年11月13日 金沢市東長江交差点


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

今日、30歳若い友人と話していて、少年の頃、いつも「明日は今日よりよくなる」と思って生きていた自分を思い出しました。

「とっとこハム太郎」のロコちゃんのセリフでもあるようですが、このことを思い出して、とっても若返った気がしました。

よし、これからは、これで行こう!と思って帰宅しました。

冷静に考えてみると、「明日が今日よりよくなる」なんて、根拠はありません。

しかし、「明日が今日より悪くなる」というのも同じくらい根拠はありません。

ならば、「よくなる」と考えた方が得ではないでしょうか。

実際、少年の頃からそう思って生きてきたおかげでしょうか、私はずいぶん幸福な人生、強運な人生を送らせていただいていると思います。

もちろん、「明日は今日よりよりよくなる」と信じたところで、何もしなければ幸運はやってこないでしょうから、やはり努力はしなければいけません。

努力できること自体が、幸福なことでもあります。

「よくなる」と信じて、かつ努力しても、結果は思わしくない場合も多々あります。

しかしそれでも、「悪くなる」と信じて努力して悪くなるよりも、「よくなる」と信じた分幸福ですし、「悪くなる」と信じて、何も努力しなかった場合よりははるかに幸福だと思うのです。

というわけで、プロの政治家を志している私は、自分の未来も、日本の未来も、地球の未来も、「明日は今日より素晴らしい!」と信じて、そういう未来を創るために、努力精進していきたいものだなと思った次第です。

書いているうちに日をまたいでしまいました。

昨日は、加賀市にお邪魔して、支援者の皆様にご挨拶をさせていただきました。

さわやかな秋晴れの下、初冠雪の白山の姿、たわわな実を実らせている柿の木、ミカンの木まで発見して深まりゆく秋を実感いたしました。

そして、温かな人の心も。

こうした愛する人々のために、この命を捧げたいと思います。

今日は久しぶりのブログ復活で、ライトな感じて綴ってみました。

柴山潟から白山を望む

柴山潟から白山を望む

これはミカンです。こんなところ(加賀市伊切町)でミカンが取れるなんて、新鮮な感動でした。

これはミカンです。こんなところ(加賀市伊切町)でミカンが取れるなんて、新鮮な感動でした。

たわわな柿。こんな柿が随所に見られました。

たわわな柿。こんな柿が随所に見られました。

13日、小松市〜白山市の山岳地帯挨拶回りの途中、鳥越城で見かけたウリ坊。

13日、小松市〜白山市の山岳地帯挨拶回りの途中、鳥越城で見かけたウリ坊。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

石川県は、一昨日あたりから大雪です!

そして、私は昨日も今日もほとんど雪かきに明け暮れています。

国難と重なって頻発する、各地での地震、そして豪雪。

これらは、地上の人々に対する神々の警告である。

などといったら、「そんな馬鹿な。そんなことは迷信に過ぎない」と嘲笑う人が多いかも知れない。

しかし、昔信じられていたことが、いくら科学文明が進んだからと言って、一概に否定されるものでもない。

人間存在を超えた超越的存在、神仏への尊崇の念、礼節が失われたところに、現代社会の混乱の原因がある。

国家の背骨には、しっかりとした宗教的精神が必要である。

背骨なき、クラゲのような国家とならぬように、宗教立国をめざす。

それが、幸福実現党が宗教政党を標榜する所以であり、ここから逃げることはできないと私は考える。

正々堂々と、信仰の大切さを訴えていきたい。

以上、前置きですが、私の幼いころの想い出話を一つ。

雪深い山村の生まれゆえ、雪にまつわる思い出は数限りないのですが、

今日ふと、雪かきをしながら思い出したのは、

小学校3年生ぐらいの時のこと。

私はトタンぶきの納屋の屋根に登って、屋根雪を落としていた。

とつぜん、屋根雪が滑り落ち、私も一緒に滑り落ちた。

とっさに私は左手を伸ばして屋根の端につかまろうとした。

ところが屋根はトタンだったため、軍手をしていたが、軍手もろとも指を切ってしまった。

幸い屋根雪の下になって圧死することはなかったが、左手中指の切り口から白いものが見えた。

私はあわてて母を呼んだ。父は仕事でいなかったように思う。

母は、私を抱えて、当時まだ私の住む集落(阿手)にあった診療所に運んでくれた。

そこで縫ってもらったが、それ以来、中指の第1関節は曲がらなくなった。

小学3年生とはいえ、結構体は大きな方だったから、母が私を抱きかかえて走るのはかなり大変だったと思うが、よく走ってくれました。

もし母も誰もいなかったら、出血多量で死んでいたかもしれない。

そう思うと、母に感謝せずにはいられない。

まあ、面と向かっては照れくさくてあまり言えないので、ここで言っとこう。

「かあちゃん、ありがとう」。

ブログも見るわけはないので、この声は聞こえないだろうが。091219_0929012091219_0927013


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

こんにちは。みやもとさとしです。

わたしは、幼年時代、叔父夫婦に預けられ、小松市尾小屋町の保育所に通っていました。

尾小屋は、知る人ぞ知る、鉱山(銅山)の町です(現在は廃坑。当時はまだ銅が出ていたのだと思います)。

友達もたくさんいたし、叔父にはいろんなところに連れていってもらったり、楽しかったという記憶しかありません。

毎週末には叔父に連れられて山を越え坑道のトンネルをぬけて祖父母と両親、弟の住む阿手へ歩いて帰っていました。

坑道を利用したトンネルですから、当然明かりなどありません。叔父がカンテラ(って知ってますか?もう死語?)を提げて、私の前を歩き、しかも後ろを照らして歩いてました。「おっちゃん(と呼んでました。今でもですが)は何であの暗いトンネルを前を照らさないで歩けるんだろうか?」と幼な心に不思議に思っていました。

それから、私は全く記憶にないのですが、関係者の証言によると(誰に聞いたかも忘れてしまったのですが)、初めて幼稚園に行った時(入園式の時でしょうか?)、保育所の庭に石か枝かわかりませんが、何かで線を引いて、「ぼくはこの線から前に行かん!」と啖呵を切ったらしいです。芝居がかってますね。やっぱり両親のもとを離れるのがさびしかったのでしょうかねえ?でも次の日からは、機嫌よく通ってました。

もう一つ、これは確か叔母の証言だったと思いますが、保育所の先生に、「アイス食べたい」と訴えたさとしくんに、先生は優しく、「お家に帰ってから食べてね」とおっしゃったそうです。それを聞いたさとしくんは、さっさと家(叔父の家ですが)に帰ったそうです。もちろん、保育所はまだ終わってないのに!先生に反抗して帰ったんじゃないですよ。早くアイス食べるには、早く帰ればいいんだと単純に思ったらしい。

ある意味、常識にとらわれない、自由な、合理的精神の持ち主と自画自賛。常識がないだけ?

尾小屋について、もうひとつだけ。蒸気機関車が走ってましたっけ?私が住んでた頃は、ディーゼルだったようなきがする。(昭和38~40年頃?)時々は走ってたんですかねえ。

その蒸気機関車を使って、「キーハンター」(古いねぇ!)のロケがありました。あれは私が阿手に帰って小学校(2~3年?)に通っていたころでした。

そうそう、保育所卒園間近の冬、尾小屋にスキー場(大倉岳高原)ができて、当時人気絶頂の西郷輝彦さんが来たのを、叔母に連れられて見に行きました。

若いお母さん方がキャーキャー言ってリフトに殺到する姿を、叔母が冷ややかに見ていたのが印象的でした。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。