Posts Tagged ‘自衛隊’

憲法学者が「違憲だ」と言ったから、安保法制やめなきゃいけないなら、国会なんかいらないですよね。

憲法学者の多数決で違憲か否かが決まって、その結果、国が滅んだら誰が責任を取るのでしょうか?

憲法学者が違憲だというそのロジックで行くなら、そもそも自衛隊の存在自体が違憲です。
違憲だから自衛隊を廃止しますか?それとも自衛隊を必要と考えるならば、その存在を「違憲」としている憲法の方が間違っているのではないですか?
間違った憲法ならば、速やかに変えた方が良いでしょう。

少なくとも現行の日本国憲法自体は、人間が作ったものでしょう。
どんなに「憲法遵守」を叫んだところで、完璧なものであるはずもない。
「立憲主義」は大切だとは思いますが、憲法学者が言うのは、「憲法至上主義」であって、憲法が金科玉条、不磨の大典になってしまっています。
まさに、どなたかの著書のタイトルではないが、「憲法守って国滅ぶ」となっては本末転倒ではありませんか。
対談相手がいないからといって、変節してしまうのはいかがなものでしょうか?

戦争にさえならなければ、中国に支配されてもいいじゃないか、と考える人もいます。
小さな島の一つぐらいで揉めるのはよろしくない。刺激しないように、小さな島ぐらい、あげてもいいじゃないか、と考える人もいます。
個人の資質として、気前のいいのは美点かもしれませんが、国家主権に関しては、個人と同じようにはいきません。
1ミリたりとも譲ったら、そのあとズルズルとサラミソーセージのように小刻みに奪われていくかもしれません。
そうなったときに誰が責任を取るのでしょうか?

言うべきことは言わなければなりません。
間違いでも押し通せば通り、正義が通らない世の中は良くありません。
日本が本当に間違っているならともかく、そうではないのですから。

憲法9条を守れと言ったり、安保法制を戦争法案と言ったり、米軍基地出て行けと言ったりする人の中には、安倍首相を独裁者呼ばわりする人もいます。
彼らは、自分たちは安全なところに身をおいて、言いたい放題言っているだけのように見えてしかたありません。
安倍首相が本当に独裁者だったら、彼らは言論の自由は与えられないでしょうね。
地上から消えているかもしれません。少なくとも公の場には出てこられないでしょうね。
国家を滅ぼしたり、国を売ったりするような人にも言論の自由がある日本はなんと素晴らしいのでしょうか。

安倍首相が独裁者ならば、リンカンもケネディも独裁者でしょう。
戦争責任者であるリンカンはもちろん、ケネディ大統領は、キューバ危機の際に海上封鎖するかどうかなんて、いちいち議会に諮ったりはしない。
国家の危急存亡のときにはそんなものです。

反対している皆様には、国家危急存亡のときなのだという認識が決定的に欠けているのではないでしょうか。

もうそろそろ、日本国民は目覚めなければなりません。
「自虐史観」という変な薬を飲まされ、眠らされていた状態から、高貴なる国に住まう誇り高き民として、目覚めなければなりません。
神々により守られ、導かれてきたまさしく「神国・日本」の国たみとして、本当の意味で世界平和と繁栄を実現するリーダーとして目覚めなければなりません。
中国であれその他の国であれ、日本を貶め、日本を侵略し、日本の国たみを辱める正当性はどこにもありません。
日本のみならず、いかなる国であれ、不当な侵略主義により、他国を侵略・植民地化させてはならない。
そのための平和と正義の守護神となることを誓おうではありませんか。

昨日は、金沢市東長江交差点にて辻立ちをさせて頂きました。
↓  ↓  ↓
2015年6月15日 金沢市東長江交差点(1/3)
2015年6月15日 金沢市東長江交差点(2/3)
2015年6月15日 金沢市東長江交差点(3/3)


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

防衛省が南西諸島に新設する陸上自衛隊の沿岸監視の部隊をめぐり、沖縄県与那国島(与那国町)南西部の町有地を取得し駐屯地を建設する方針を固めたことが20日、同省幹部への取材で分かった。来年度予算の概算要求に土地購入費や建設費の一部を盛り込む見通し。

同町が7月に開いた住民説明会では、部隊配備への賛否が二分しており、地元が合意形成する前の動きに反発が強まる可能性もある。 

政府は中国海軍が艦隊を沖縄本島と宮古島の間を通過させ、太平洋で訓練するなど海洋での活動を活発化させていることを踏まえ、中期防衛力整備計画(11~15年度)に、「南西地域の島しょ部に陸自の沿岸監視部隊を配置する」と明記。陸自が与那国島で配備先を調査していた。

北國・富山新聞ホームページ – 国内外のニュース 主要ニュース

同紙ペーパー版では、「町民からは『沖縄にもう基地はいらない』の声も上がるなど、町を二分する状況になっている。」と報じられています。

本当にこれが町民の声でしょうか?

そういう声があったとしても、町を二分するほどの勢力になっているのか疑問です。

「基地のない町」と言えば聞こえはいいし、それはそれでひとつの理想かも知れないが、現実に中国海軍艦隊が沖縄本島と宮古島間を通過しているという先島諸島において、「基地はいらない」などというのは、全く現実の危機を見ようとしない、愚かな考えだと思わないのでしょうか。

与那国の人々はそんな愚かな人々ではないと思います。

昨年、沖縄県知事選の折に、沖縄の方々と接した際(折から尖閣沖事件、北朝鮮による延坪島砲撃などが起きたこともあり)、沖縄県民の皆様からは危機感がひしひしと感じられました。

しかし沖縄の2大紙は、重大な争点である普天間基地移設問題を、「県外移設派」と「国外移設派」の「一騎打ち」と報じ続け、唯一県内移設を唱えた金城竜郎氏を無視しつづけました。

「沖縄にもう基地はいらない」という基地反対の定番のフレーズ。

(もちろん、北國新聞が与那国島に赴いて独自に取材しているとは思えないので、他ののメディアから配信されたものを引用していると思われますが)その発信源とそれを配信するメディアが極めて危険な方向に世論誘導しようとしているように思われてなりません。

正義や善を実現するためには、目の前に立ち現れる「悪」を押し止める決意や努力が必要です。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

日本全国、東日本大震災に目を奪われています。
しかし、世界では震災が起きているだけではありません。

日本の近隣諸国も、支援はしてくれており、それはそれでありがたいことですが、
国際政治の現実は、それほどおめでたくはありません。
リビアの情勢も気になります。

いろんなことが気にはなりつつも、ブログ等ではなかなか書けませんでした。

昨年の尖閣沖事件以来、あの菅政権でさえ、自衛隊の西南方面へのシフトをやらざるを得なくなったわけですが、今回の震災で、その自衛隊員が今度は東日本へとシフトされています。

当然、西南方面が手薄になってしまいます。
西南だけではなく、北方も少し手薄です。

一方で、震災の支援の手を差し伸べつつ、他方の手では、”火事場泥棒的”に日本の領海や領空に迫ったり、支援に来て写真を撮りまくるということも起きております。

以下、ふたたび、大川隆法総裁著『震災復興への道』から引用します。

それは、津波対策という防災面のみならず、今後、国防対策的にも重要な面が出てくるのではないかと思います。

例えば、他国が侵略してくる場合、先の大戦を見れば分かるように、アメリカ海兵隊のような上陸作戦を行わなければ占領はできないのです。したがって、そうした防災措置は、震災のみならず、防衛的にも機能する面があると思います。

また、かなり昔の時代になりますが、元寇で蒙古が二回攻めてきたときに、北九州方面では土塁や石垣をそうとう築いていました。国防上、これは基本中の基本なのです。

確かに、「台風が来て蒙古の船が沈んだ」ということも大きかったとは思いますが、「上陸地点を予想して、あらかじめ石垣等を築いておき、九州の武士たちが非常に熱心に戦った」ということも大きかったでしょう。やはり、きちんと防戦の準備をしておけば、攻めるほうの三分の一の力で守り切れるので、そういう部分も非常に大きかったのではないかと思います。

そのように、元寇に際しては、武士たちが総力を結集して戦った部分も大きかったのです。それがなければ、いくら台風が来ても、やはり負けていたかもしれません。つまり、蒙古軍は、すぐに上陸して占領することができなかったわけです。当時の日本には、そのあたりの強さはあったと思うので、今後、防災的観点と国防的観点の両面から、もう一度、見直してみる必要があると思います。

    『震災復興への道』/第1章 震災復興への道/1 防災、国防から見た「コンクリート」の意味/防災措置は国防対策にもなる より

他国の軍事的攻撃を受けるとすると、当然、原発その他主要な施設は狙われることになるので、これを機に、防災と国防を一体と考え、千年に一度の災害にも耐えうる、最強の防災国家にこの国を創りなおすとともに、最強の国防体制を構築するべきであると思います。

特に、新潟県柏崎、石川県志賀町、福井県敦賀や若狭湾沿岸など、日本海側の原発には、早急に防災兼国防の対策を立てる必要があると考えます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

きのうは、東京で、政調会の国防部会に参加しました。

拓殖大学客員教授の惠隆之介先生から「日米同盟と沖縄問題」と題して講話を頂きました。
極東の情勢、左翼勢力に壟断されている沖縄の現状、中国の戦略など、
普通にマスコミから得られる情報だけではわからない、貴重な情報をお教えいただきました。

そのあと、分科会ごとのミーティング、発表とありました。
沖縄県知事選で活躍された、あの金城金城竜郎さんも「最近の沖縄事情」と題して発表して頂きました。
相変わらず沖縄の左翼マスコミの偏向報道はひどいものです。
誘導尋問をして、自分の都合のいいように記事に書くそうです。

分科会は、国防計画、法制、防衛産業の3つ、
わたしは法制分科に入ってます。

法律的には、自衛隊はがんじからめの状態で、有事の際、殆ど何もできません。
平時も、抑止のために必要な活動が、実際上は殆どできません。
自衛隊に適用(準用)される法律は、刑法(正当防衛や緊急非難)や警察官職務執行法などです。
尖閣沖事件で、国民の目にも明らかになったことです。
しかし、中国も北朝鮮も、このことは既によく知っていて、日本は何も反撃してこないと見透かして、好き放題しています。

鳩山前首相風に言うなら、「学べば学ぶほど、今のままの法律では、自衛隊は抑止力にならないことがわかりました。」
せっかくの優秀な自衛隊も、宝の持ち腐れです。

侵略国家に対する「憲法9条適用除外」だけでも、いろんな抑止するための手が打てます。
というよりも、これを絶対にやらなければ、日本を守れないとの感を強くしました。

「憲法9条適用除外」は、現実に迫りくる侵略の危機に対して、現実的に抑止するための、現時点では最高のアイデアです。
そして、実際に運用できるよう、法整備をしていかなければなりません。

この国を守り抜くために、ぜひ、大きな国民運動に、盛り上げていきたいと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

今般、民主党代表選挙が行われ、菅直人氏が再選されたが、その間、「尖閣危機」が進んでおり、菅政権の対応の遅さ、危機感の希薄さを見るに民主党に政権を担う資格は無い。

9月7日、海上保安庁巡視船への公務執行妨害で、領海侵犯の中国漁船を確保後、日本政府から逮捕許諾が出たのは13時間後であり、菅政権の危機管理能力には疑念を抱かざるを得ない。また日本政府は、中国の高圧的外交に屈する形で中国漁船の乗組員14人を解放しており、政府の弱腰が中国側の強硬姿勢を助長している。

 国家として「領土、国民、主権」を守れずして、政権を担う資格はない。民主党政権における政治的不作為を踏まえ、下記に緊急提言する。

1.毅然たる外交姿勢を示せ  日本政府は中国政府に対し、毅然たる外交上の措置を取ると共に、南西諸島防備の為に海上保安庁船艇や海上自衛隊艦艇を派遣し、領海侵犯に対しては厳格に対処すべきである。

2.日米同盟を強化せよ  普天間基地の辺野古移設を進め、日米同盟の信頼回復を図ると共に、米政府と軍事行動を含めた緊急事態に際しての対処を直ちに討議し、速やかに準備すべきである。

3.沖縄県・尖閣諸島・先島諸島への自衛隊の即時配備  自衛隊配置を北方重視から西方・南西方面重視に転換し、侵略勢力の南西諸島への接近を阻止できるよう、海上自衛隊及び航空自衛隊を配備・増強すると共に、南西諸島の陸上自衛隊を増強し、島嶼防衛に適した水陸両用部隊を編成すべきである。

4.国家主権の責任を果せ  民主党は「地域主権」を掲げているが、国家の命運を決する外交・安全保障に関する政治判断を沖縄県の選挙結果に委ねることは誤りである。普天間基地移設にあたっては、政府は国家としての責任をもって判断し、主体的、主導的に進めるべきである。

 幸福実現党は上記施策を即時実施することを求めるものであり、菅政権が領海・領土の防衛を果たせない場合には、即刻、退陣、解散を求める次第である。

幸福実現党 党首 立木 秀学

幸福実現党|ニュース・詳細

 

本日、幸福実現党より、上記の提言がリリースされました。

せっかくの提言も、多くの国民の知られるところとならなければ、実効あるものとなりません。

国家の危急存亡の秋(とき)。緊急事態です。

わたしは上記提言の内容をより強く国民にアピールするために、有志が集まって早急にデモをするべきだと思います。

私は、日本には、リーダー国家となって真に世界の平和と繁栄に貢献する使命があると信じます。

その使命を果たすためにも、決して他国の侵略を許さない、国家として毅然とした態度を示さなければなりません。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

こんにちはーー! サポーターのNです。
昨日の6月10日(木)に幸福実現党の石川悦男党首が石川県に来県いたしました。
北陸の支持者が集まり、講演会を開いた後、金沢駅前で街宣をさせていただきました。

支援者の皆様方と参院選勝利に向けてエイエイオー!

支援者の皆様方と参院選勝利に向けてエイエイオー!


後援会の皆様へのご報告と、菅新内閣、民主政権の危機について訴えた後、参院選に向けて「エイエイオー!」
迫力満点の石川党首

迫力満点の石川党首

会場外では、日本のために尽くすという思いを込めて、みなさんと堅い握手をする石川党首

有権者の皆様と堅い握手をする石川党首

有権者の皆様と堅い握手をする石川党首

そして17時より金沢駅前にて街宣活動をさせていただきました。

金沢駅前で街宣する石川悦男党首

金沢駅前で街宣する石川悦男党首


金沢駅をご利用されている有権者の皆様に幸福実現党の政策、そして民主政権の危機を熱く訴えさせていただきました。

サポーターNとしては、「自衛隊がもし、北朝鮮などの諸外国と臨戦状態になった場合、今の自衛隊の備蓄では4日しかもちません。現在配備されている武器弾薬しか備蓄がないんです」という部分が衝撃的でした。これでは平和平和と口では言っても、現実的に平和を維持するのは難しいものなんだなあ、と、改めて、国防に意識を向けなければならないと実感。
選挙では耳障りの悪いことは、あまり各政党訴えることはしませんが、実現党は堂々と正論を訴えていきたいと、党首自らの姿勢に学ぶものが多かったです。

なお、支持者の皆様方への講演会後、石川党首へのインタビューをさせていただきました。
その模様は、6月14日のUSTREAM「石川政策学習会(仮)」で動画にて放送させていただきますので、お楽しみに!!
※USTREAM番組は当サイト右サイドバー上にても閲覧できます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。