Posts Tagged ‘石川県’

いよいよ参院選公示となりました。
これから17日間の選挙戦が始まります。
2009年、衆院選に石川2区から立候補させていただいてから4年の歳月が流れました。
この間、亀のごとくではあったかもしれませんが、自分なりに精いっぱい前進してきたつもりです。

志は全く変わっておりません。
愛する家族、友人たち、同胞を守りたい。
愛する人々が住まう日本を守りたい。
そして、愛する日本を、世界に誇れるような、すばらしい国にしたい。
みんなが、「日本に生まれて、本当によかった」と思えるような国にしたい。
その一心です。

国防の危機はますます強まり、核兵器や弾道ミサイルで周辺国を脅すような、全体主義国家・軍事独裁国家の脅威が迫っております。
これに加え、経済面も、一見、アベノミクスで景気回復しそうにも見えますが、消費税増税が控え、原発も再稼働の道筋ははっきり見えず、まだまだ不安です。
まさに内憂・外患満載の、未曾有の「国難」に直面している状況は、4年前と全く変わっておりません。いや、ますます強くなっているというべきでしょう。

憲法改正、とりわけ9条の改正は、我が国が主権国家として存続する意志があるならば、避けて通れない課題です。
我が国は、自らの国を、自らで守る覚悟があるか否か。これが問われていると思います。
その覚悟なくば、全体主義国家の隷属下に置かれるのも止むなし、ということになります。
少なくとも、日本国憲法の前文にある、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」できない国に対しては、憲法9条の適用を除外するということを、法制化すべきでしょう。
これは、決して戦争をするためではなく、戦争を抑止し、他国に悪を犯させないために、どうしても必要なことと考えるからです。

また、消費税増税は、デフレ脱却を目指し、金融緩和等を進めているアベノミクスとは矛盾します。せっかく回復しかけた景気が、また悪くなります。
年金暮らしの高齢者も、自営業等の経営者も、もちろん、消費者の皆様も、みんなが困る消費税増税、国民を苦しめる添加の悪法と言っても過言ではありません。
なんとしても阻止しなければなりません。
むしろ減税と規制緩和によって、もっと消費を拡大すること、さらに世界経済を牽引するような基幹産業を立ち上げるべく、100兆円規模の投資をすること。こうしたことが必要と考えます。

日本を守り、さらに繁栄させるために、やるべきことは数多いですが、まず上記2点は、どうしても急がなければならない、最重要の争点だと思います。

日本は、これから決して下り坂を降りていくのではありません。
まだまだ登っていかなければなりません。
世界平和のためにも、日本はがんばらなければなりません。
「下山の思想」などというのは、怠け者の思想であり、無責任であると一蹴しなければなりません。
三千年にわたって私たちの祖先が築き上げてきたすばらしい国、日本をさらに強く、豊かにし、次代に引きついていくのが私たちの世代の責務だと思います。

4年前の衆院選立候補時より、既にこの身はこの国に捧げております。
畳の上で死のうとは思っておりません。
日本のために、そして愛するふるさと石川のために、不惜身命、精進してまいります。

皆様の一層のご支援を、心からお願い申し上げます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

昨日3月31日正午より、能登有料道路が無料となり、「のと里山海道」となりました。また、田鶴浜道路、川北大橋も無料となりました。

早速、きょう、「のと里山海道」を使って、柳田IC~内灘ICを走りました。
平日とあってか、それほど交通量は多くなく、料金所でいったん停止する必要もなく、快適に走れました。

「高速道路の無料化」は、1998年6月に、幸福の科学出版から発刊されている雑誌「The Liberty」の特集記事「高速道路をフリーウェイ(無料)に!」で発表されたものです。http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=128

当時、所得税減税も、低金利政策も効かない景気後退に対する、不況脱出の秘策として提言されたもので、実質減税をねらったものです。

この案は、全国の高速道路を無料にするというもので(2009年の総選挙で某党が真似て、マニフェストに乗せ、政権を取ったものの、結局一部で実験的に無料化しただけで、東日本大震災が発生し、以降、「一時凍結」という事実上の中止になっています)、家族旅行が安く行けたり、マイカー需要が高まったり、物流コストの軽減により、物価も下がり、景気拡大することをねらいとしていました。

のと里山海道の無料化は、石川県だけのこととはいえ、経済効果が大きいものと期待したいと思います。

何といっても、関所のように止められ、通行税を払うような感覚がなくなったのは快適でした(料金所の人たちはみなさんさわやか収受に努められ、印象はよかったのですが)。

インターチェンジやサービスエリアをもっと充実させて、ぜひ、町興しにもつなげていただきたいものです。

現在、穴水までののと里山海道ですが、ぜひ輪島まで繋げるべきだと思います。

また、JR七尾線、のと鉄道がますます苦戦するのではないかと危惧する方もおられることと思います。
東京―大阪間で言えば、新幹線も高速道路も飛行機もありますが、共存しています。
里山海道も鉄道も、お互いのサービスを切磋琢磨し、共存共栄していく道を見出したいものです。

鉄道について一つ挙げれば、金沢―羽咋間は、普通列車で1時間ほどですが、いかにも遅いです。特急にもまれに乗りますが、「これが特急?」と思ってしまうほど、のどかです。
あと、切符を買うのも、窓口ですごい時間がかかったことがあります。
この辺のスピード感覚やサービスマインド、そのほか、まだまだ創意工夫する余地はあるのではないでしょうか。

ぜひ、がんばっていただきたいものです。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

歴史と公民のいずれも育鵬社に決まった4日の横浜市教育委員会の教科書採択は、歴史観をめぐり育鵬社や自由社教科書の不採択を求める運動が過熱する中で行われた。「勇気を持って答えを出した」。今田忠彦委員長は採択終了後の会見で、こう総括した。

「勇気を持って答えを出した」 育鵬社教科書採択で横浜市教委委員長 – MSN産経ニュース

私も教科書展示会に行き、実際に各社の教科書を読んでみましたが、
「戦争を美化している」「憲法を軽視している」などの批判は、どこをどう読んだら出て来るのか、不可解です。

市民団体や民団などが不採択を求める請願をすること自体に異常性を感じます。他社の教科書に対してその種の運動が起きたことは寡聞にして知りません。

私の地元、石川県でも北國新聞(8月5日付)に以下のような記事が載っていました。

来春から公立学校で使用される教科書の採択作業が石川県内でも大詰めを迎えている。近現代史の記述をめぐって論争がある歴史と公民分野では、「新しい歴史教科書をつくる会」の元メンバーが執筆した教科書について「自虐的内容から脱却した」と評価する声がある一方、「戦争を正当化している」との批判もあり、各団体は採択の行方に目を凝らしている。

―――中略―――

自由社と育鵬社の教科書について「教育を考える石川県民の会」の諸橋茂一会長は「子どもの愛国心を育む常識的な内容だ」と指摘。採択に反対する県教祖の柚木光執行委員長は「戦争を美化する部分が見受けられ、歴史認識にずれがある」と不採択を訴える。

―――以下略。

ここにも「戦争を美化する部分が見受けられる」点が批判の対象となっています。

戦争のない、絶対平和の世界―それは私たちの理想でもあります。
しかし、人間世界の現実は、その歴史のほとんどが戦争の歴史であるといっても過言ではありません。

世界の各国が一斉に武器を放棄しない限り、我が国だけが一方的に武器を放棄することは、侵略されても構わないという意思表示であり、その先にある平和とは服従・隷従の下での平和でしかありません。

それゆえ、自衛のための備えが必要だ、ということが戦争美化だというなら、(他の国の庇護下にある国を除けば)世界中の国が戦争を美化していることになります。

「歴史認識にずれがある」という論点も、この記事だけでは、誰と誰の、どの点においてずれがあるのかはわかりませんが、日本と中国、日本と韓国とではずれがあることはある意味当然です。日本と同盟国・アメリカの歴史認識も当然違います。

ずれはあってもよいと思いますし、それが即戦争等につながるわけでもありません。認識が違うということは、ある意味個性の違いでもあり、違いを違いとして受け入れる度量があるかないかの差でしかないでしょう。

今回の、不採択を求める勢力のネガティブ・キャンペーンは、ある意味異常とも言えます。
都教委、藤沢市、東大阪市、そして大田区も育鵬社の教科書採択が決まったことで、今まで左翼陣営の牙城であったものがガラガラと音を立てて崩れようとしていることへの危機感でしょうか。

しかし、この流れは止められないでしょう。

いつまでも間違ったものを通用させておくほど、日本国民は愚かではないからです。

いつまでも、正義が実現されない姿を、日本国民はよしとしていないはずです。

私たちは、「正義とは何か」「何が正しいのか」「善悪とは何か」ということを、勇気をもって追究しつづけていく必要があります。

この希望の国・日本において、正義が実現し、理想的な国家経営がなされる日も、そう遠くない(10年以内に!)と信じたいと思います。

しかし、それは放っておいて実現するものではなく、不断の努力を要します。

理想国家建設のために、全力を尽くしたいと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

あす建国記念の日、石川県においては、標記一斉街宣活動を行ないます。

本日、幸福実現党ついき秀学党首より、《「『この国を守り抜け』国難突破運動」について》と題するプレスリリースが出されました。

以下、転載。

「『この国を守り抜け』国難突破運動」について

 尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件、北朝鮮による韓国・延坪島砲撃事件など、現在の日本を取り巻く東アジア情勢は大変緊迫しており、戦力の保持や交戦権を否認する憲法9条では、もはや日本の平和は守れない状況に至っています。

 こうした国難の到来を見据え、幸福実現党は、立党以来、一貫して国民の生命・安全・財産を守るべく、憲法改正を主張してまいりました。しかし、尖閣事件をはじめ、中国の軍備拡張、北朝鮮の核武装等、国難は眼前に迫っており、もはや憲法改正を待っていてはこの国を守り抜くことはできません。

 幸福実現党は、この国を守り抜くべく、憲法9条の解釈を変更し、「平和を脅かす諸国には憲法9条を適用しない」ことを提言します。そして、政府に対し、平和を脅かす国家への「世界標準の自衛権の行使」を認め、抑止力を強化し、国民の生命・安全・財産を守り抜くことを要請します。

 そもそも、憲法の趣旨は「国民を守る」ことにあります。また、憲法には「憲法の変遷」という概念があり、これは自衛隊が「合憲」とされて来たように、憲法の規範内容と現状との間にずれが生じた場合、規範的意味を変更または修正し、憲法に柔軟性を持たせる考え方です。

 ゆえに、現状において憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」という前提が崩れている以上、ここに述べた憲法9条の解釈変更は、「国民を守る」という憲法の立法趣旨に沿った正統な解釈変更であります。
今、菅直人首相や仙谷由人前官房長官に見られる戦後平和主義的発想のまま、憲法9条の解釈変更を断行しなければ「国民は座して死を待つのみ」です。

 こうした情勢を踏まえ、幸福実現党は「『この国を守り抜け』国難突破運動」として、2月11日(建国記念の日)から5月3日(憲法記念日)までの期間を中心に「中国や北朝鮮には憲法9条は適用されない」という言論・署名活動を展開します。

 その皮切りとして、明日2月11日の「建国記念の日」には、衆議院選挙区支部長を中心に「全国一斉街宣」を行います。皆様のご支援ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

幸福実現党 党首 ついき秀学

※以上の声明内容を国民の皆様に直接訴えるために、幸福実現党党首・ついき秀学は下記「建国記念の日 東京街宣」に参加する予定です。

 ついき秀学党首「建国記念の日 東京街宣」(予定) 
    池袋駅東口 13:00~
    新宿駅西口 14:30~
    渋谷駅ハチ公前 16:00~

(転載以上)

石川県本部にても、下記の通り、街宣活動をいたします。

以下、石川県内のマスコミにリリースした内容です。

*****

「『この国を守りぬけ』国難突破運動」について

軍事拡張を進める中国の覇権主義や暴発の危惧を有する北朝鮮の動向など、アジア情勢は不安定化の度合いを増しております。
わが国の植民地化への布石が打たれる危機的状況が予測されながら、今の日本の政治状況では、万全な安全保障を実現する「憲法改正」は間に合いません。
 幸福実現党は、来たる2月11日建国記念の日には「全国一斉街頭演説」を行い、わが国を守り抜くための政治提言をいたします。
尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件や北朝鮮による韓国・延坪島砲撃事件など、緊迫度を増す東アジアの現状を見るに、憲法9条の前提である、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持」(憲法前文)できる国際環境は、既に失われています。
国民の生命・安全・財産を守るためには、「平和を脅かす国に憲法9条は適用されない」ことを明確にし、憲法解釈の変更による、世界標準の自衛権の確立を訴えてまいります。
 石川県本部におきましては、下記の日時・場所にて実施いたします。

石川県第1区  9:00~11:00 香林坊・武蔵が辻・JR金沢駅前
石川県第2区 10:15 野々市町 新庄2丁目交差点
         11:00 白山市 松任総合運動公園口交差点
         13:30 JR小松駅
         14:30 加賀市 加賀温泉駅東口交差点
石川県第3区 11:00 津幡アルプラザ前
       12:00 かほくイオン前
       14:00 鹿島アルプラザ前
(時間・場所等詳細は変更になる場合があります)

国難を突破し、希望の未来を切り開くために、今後とも全力を尽くしてまいります。
皆さまのご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

幸福実現党石川県本部 幹事長 伊藤元俊

*****

第1区は、伊藤県幹事長、第3区は、東義和第3区支部長、そして第2区は、私みやもとさとしが中心となって、活動させていただきます。

ご支援、よろしくお願い申し上げます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

皆さま、明けましておめでとうございます。
今年も皆さま方にとりまして、素晴らしい一年となりますことを、心より祈念致します。

昨年は、様々な経験をさせていただき、多くの方々との出会いをいただき、たくさんの学びを得ました。

特に、多くの方々との新しい出会いは、私にとって貴重な宝物となりました。
幸福実現党の党員の皆さま、支援者の皆さま、および幸福の科学グループの皆さまは勿論のこと、それ以外の皆さまにも、そして、石川県内の方々はもちろん、東京、沖縄(この2箇所は、昨年、数回行く機会がありましたので特に印象深く)、またそれ以外の地域にお住まいの方々とも、数多くの出会いの機会がございました。

一つひとつが、宝石のように美しい想い出です。

今年もまた、数多くの新しい出会いがあることと思います。
ひとつひとつの出会いを大切にしながら、皆さまのご意見に耳を傾け、少しでも皆さまの幸福実現にお役に立てますよう、日本の自由と繁栄に貢献できますよう、微力ながら力を尽くしてまいります所存です。

この大宇宙に浮かぶ地球、また大宇宙を見るとき、そこに創造主、神仏の存在を思うのは私だけではないでしょう。
この地球は、神の揺籃でもあると思うのです。
その小さな揺りかごのなかで、人間が互いに憎しみあったり、争いあったりしているのは、とても愚かなことのように思えます。

一人の人も殺されることのない、平和で、自由で、繁栄した地球の未来の姿を夢見ています。

そうした夢あふれる未来社会を築くには、まず自らの地域を、国家を、理想的なものにする努力から始めなければならないと思います。

日本という国を、理想国家となすために、本年も努力を重ねてまいります。
本年も一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。
末筆ながら、皆さま方の益々のご多幸・ご健康を、心より祈念申し上げます。

幸福実現党石川県本部 宮元 智

石川県羽咋市・幸福の科学北陸正心館にて

石川県羽咋市・幸福の科学北陸正心館にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。