Posts Tagged ‘植民地支配からの解放’

日本の国防は、アジアの平和の上に成り立ちます。

アジアが戦乱の中にあって、日本だけが平和であるということが、交通の便が悪かった時代はいざ知らず、これだけ文明が発達した現代において成り立つでしょうか?

仮に成り立ったとしても、そういう日本が、アジア、あるいは世界からどのように見えるでしょうか?

実質世界第2位の経済大国でありながら、アジア情勢に何らコミットせず、責任を負おうともせず、“一国平和主義”を貫こうとするならば、自分のことしか考えていない、極めてエゴイスティックな国家に見えるでしょう。

これは、卑怯な振る舞いを卑しむ日本の民族精神に反するものでしょう。

前稿でも述べた通り、戦争ならばすべて悪、ということはありません。また、日本が軍事力を持てば必ず(侵略)戦争を起こすという考えも、日本が起こす戦争は必ず悪であるという考えも、論理的ではありません。

日本民族は断じて悪魔の化身のような民族ではありません。

本来、日本民族は、前述の通り、卑怯未練な振る舞いを何より忌避する、誇り高く、高貴な民族であると思うのです。

先の大東亜戦争で、欧米列強の植民地支配からのアジアの解放と人種差別政策の撤廃を掲げて戦い、それを実現したことは、世界史上で特筆されるべき偉大な功績です。

しかし、欧米にすれば自分たちが非道であったことを認めることになりますから、容易に認め難いことだと思いますが。

ベトナムやフィリピンのような小さな国(と言っては失礼かもしれませんが)でさえ、懸命に、というか必死に、中国の無道に対して抵抗しています。

日本は(好むと好まざるとにかかわらず)大国になってしまっているのですから、大国としての責任、義務を果たさなければなりません。

かつてのアメリカ合衆国が、小国の間は“モンロー主義”で通せましたが、大国になったら、日露戦争の調停に乗り出したように(セオドア・ルーズベルト大統領)、アジアの平和の調停者とならねばなりません。

習近平氏が言うように、アジアの安全保障を中国中心にやるようなことになったら、それはナチス・ドイツの再来と言ってよく、アジアが全体主義に席巻されることになります。

そのような統制・抑圧からアジアを守る、自由と平和、繁栄の守護神となること。これが神の国・日本が担うべき使命であると信じます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

明日は「建国記念の日」です。
元々は、「紀元節」といい、神武天皇が即位された日を、逆算していって、この日だろうと推定され、定められた日です。
こう書くと、いい加減に決められたようにも見えますが、そこは2600年以上も前のことですから。
「建国された日がいつか」という考証よりも、「建国」それ自体に思いを馳せ、わが国の歴史や先人たちの努力を偲ぶことが大切でしょう。
キリストの生誕日も12月25日で、生まれた年が西暦の始まり、ということになっていますが、実際は3年ぐらい誤差があるとも言われています。
それでも2,000年、全く不都合なくキリスト教会もやってこられたのです。

さすがにイエス・キリストの実在を疑う人はほとんどいないとは思いますが、神武天皇の実在を疑う人はたくさんいらっしゃるようです。
「神話だから」と一笑に付す人もいると思いますが、神話って、本当に全くのフィクションでしょうか?
日本のみならず世界にはそれぞれの国、それぞれの民族の「神話」がたくさんあります。
その元になる史実があって、それにいろいろ脚色や潤色がなされ、時間の風雪に耐えて遺ったのが神話と言えるのではないでしょうか。
神の話、ですから、平凡なホームドラマのようなものでは遺りませんよね。
ヒーローがいて、ヒロインがいて、敵がいて味方もいて、悪があり正義があり、ハッピーエンドもあり悲劇もあり、というような構成になっているのが通常だと思います。

こうした日本の「神話」を、戦前・戦中の「軍国主義」と結びつけて、神話を教えることに反対する人も少なからずいらっしゃるようです。
「神武東征」などは、「アジア侵略」と二重写しになるのだろうな、と推定されます。

では日本は本当に「軍国主義」であり、「侵略国家」だったのか?
さらに、憲法を改正したり、集団的自衛権を行使できるようになれば、日本はまたぞろ、「軍国主義国家」「侵略国家」となり、アジア諸国を苦しめるのか?
ということが、検討されなければいけないでしょう。

先の大戦(大東亜戦争)については、もう結論は出ています。
自衛のために止むなく立ち上がった戦いであり、白人優位説の下、植民地支配されていたアジア諸国の解放と、人種差別撤廃という大義を掲げての聖戦だったのです。
これについては、地上の人間がいくら論っても、多数決で結論を出せるものではないのです。
最後は、神の声を訊くしかないと思います。

戦争となれば、国家の存亡を賭けて戦うのですから、それは軍事優先となります。勝つためには、ある程度の統制は止むを得ない面があるでしょう。
平和なときでも、「党議拘束」とかで政治家の皆さんは言論の自由が統制されることもあるのです。
また、戦いで、敵地に踏み込めば、敵から見れば「侵略された」ということになるでしょうが、それは敵味方に戦っている以上、お互い様です。
むしろ日本は、侵略し植民地化していた勢力を追い払った方ですから。

本当はハワイの米軍も追い払っていたら、草葉の(天上界の)カメハメハ大王もさぞや喜ばれたことだろうと思うのですが。

日本の誇りを取り戻しましょう。

そして、世界の平和と自由、繁栄に対して責任を負える、リーダーになりましょう。

そんなことに思いを馳せる、「建国記念の日」にしたいと思います。

今朝は、金沢市東長江交差点で、辻立ちを致しました。
金沢市東長江交差点にて

金沢市東長江交差点にて

下記をクリックすると、動画をご覧いただけます。
↓ ↓ ↓

◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。