Posts Tagged ‘日本’

【ワシントン時事】米共和党の2008年の大統領候補だったマケイン上院議員は19日放映のABCテレビのインタビューで、来年の大統領選の同党候補の多くがアフガニスタンやリビアからの米軍撤退を唱えているとして、「孤立主義者」と批判した。また、「レーガン元大統領が生きていれば、世界中の人々の自由を擁護しようとしてきた共和党の姿ではないと言うだろう」と嘆いてみせた。

時事ドットコム:共和大統領候補は「孤立主義者」=アフガン撤退論に苦言-マケイン氏

民主党のオバマ大統領だけでなく、
共和党の大統領候補の多くも、ということはアメリカの国論として、
「孤立主義者」的傾向が強まっているのかも知れませんね。

巨額な財政赤字もあり、軍事予算も削減の方向に進むでしょう。

この流れでは、冷戦後のアメリカが唯一のスーパーパワーとして世界の秩序を維持してきた枠組みが崩れることを意味します。

アジアからも同様に手を引いていくでしょうね。

無理矢理な経済成長と軍拡路線をひた走る中国は、アメリカと直接武力を交えることはないかもしれませんが、
かつての米ソに替わる新冷戦を演じ、覇権下の国々に代理戦争をやらせる…
やがてアメリカは凋落し、中国が唯一のスーパーパワーとして世界に君臨する、などというのは最悪のシナリオですね。

こうした情勢下にあって、では日本はどうするのか、ということが今回の具ログの主題です。

日本が取るべき道は、
まず、自由と独立、そして平和を維持しようと決意することです。

そして、アメリカに対しては、「日本との同盟関係を堅持し、日本とアジアの平和を維持するために米軍のプレゼンスが必要だ」と思わせるだけの努力というか、代償が必要でしょう。

さらには、米軍におんぶにだっこという状態から脱しなければいけません。

自衛隊を「自衛軍」と位置付け、集団的自衛権を行使できるようにしなければなりません。

これらは、当然のことながら、戦争をしたいためではありません。
平和を維持するためにどうしても必要なことです。

いわゆる「平和主義者」を名乗る方々からは「いつか来た道」とか「二度と子どもたちを戦場には送らせない」などという非難が囂囂と聞こえてきそうですが。

「座して死を待つのみ」あるいは「奴隷や家畜のようになっても生き延びる」という生き方は、そういう生き方を好まれる方もいらっしゃるとは思いますが、どちらも潔くはないと思いますが、いかがでしょう。

「国家のために、国民のために、愛する人々のために、大切な人々のために、命を投げ出す」という生き方は、なかなかできるものではないし、それができるのは、一握りの、勇気ある人々でしょう。

かつての明治維新の志士たちがそうであったように、
私もまた、日本の新しい夜明けのために、自分の命を投げ出したいと願うものです。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

【6月20日 AFP】(写真追加)欧州航空防衛大手EADS(European Aeronautic Defence and Space Company)は19日、パリ―東京間を2時間半で結ぶゼロ・エミッション(二酸化炭素排出量ゼロ)の超音速ロケット旅客機「Zehst(Zero Emission Hypersonic Transportation)」を日本と共同開発中であることを明らかにした。

パリ―東京が2時間半、ゼロ・エミッションの超音速旅客機開発中 写真5枚 国際ニュース : AFPBB News

すばらしい!

スーパーコンピュータに続いて、
航空機分野でも、日本の世界最高峰の技術力を活かす時。

いまや航空機は、日本の技術力なくして作れなくなっているといっても過言ではありません。
ボーイング787の機体の35%は、三菱重工、川崎重工、富士重工、新明和工業などの日本企業の技術で出来上がっていますし、
エアバス社のA380の製造にも、横河電機、ブリヂストンなど、日本企業20社が参加しています。

これを機に、航空産業を、日本の基幹産業にしたいものですね。

ただ、2020年までに試作機、2050年ごろ運用開始は、ちょっと遅すぎはしませんかね?

アメリカはケネディ大統領が “we choose to  go  to the moon.”と宣言してから(たびたび引用して済みませんが)10年も経ずして人類を月に送り込みました。

国家にビジョンと意志とリーダーシップがあれば、2020年ごろまでに運用開始できるのではないでしょうか?

リニアモーターカーもそうですが、
現代においては、時間を縮めるものはすべて、
大きな付加価値、すなわち富を生むものです。

自動車産業以上に、すそ野が広い産業と思われますので、
「日本の繁栄は絶対に揺るがない」という強い意志の下で、
ぜひ、基幹産業としての航空産業を興していきたいものです。

余談ながら、このAFP(L’Agence France-Presse)通信、ロイター、中央日報といった海外メディアは、この超音速ロケット旅客機を
「日本と共同開発中」と報じているのに、
不思議なことにネットで見る限り、読売ONLINE、日経電子版、時事ドットコム、Sankei Biz、日テレNEWS24、47NEWSなど、
国内メディアは一言も「日本と共同開発」という文字が入っていないのです。

これは何か意味があるのでしょうか???


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

皆さま、明けましておめでとうございます。
今年も皆さま方にとりまして、素晴らしい一年となりますことを、心より祈念致します。

昨年は、様々な経験をさせていただき、多くの方々との出会いをいただき、たくさんの学びを得ました。

特に、多くの方々との新しい出会いは、私にとって貴重な宝物となりました。
幸福実現党の党員の皆さま、支援者の皆さま、および幸福の科学グループの皆さまは勿論のこと、それ以外の皆さまにも、そして、石川県内の方々はもちろん、東京、沖縄(この2箇所は、昨年、数回行く機会がありましたので特に印象深く)、またそれ以外の地域にお住まいの方々とも、数多くの出会いの機会がございました。

一つひとつが、宝石のように美しい想い出です。

今年もまた、数多くの新しい出会いがあることと思います。
ひとつひとつの出会いを大切にしながら、皆さまのご意見に耳を傾け、少しでも皆さまの幸福実現にお役に立てますよう、日本の自由と繁栄に貢献できますよう、微力ながら力を尽くしてまいります所存です。

この大宇宙に浮かぶ地球、また大宇宙を見るとき、そこに創造主、神仏の存在を思うのは私だけではないでしょう。
この地球は、神の揺籃でもあると思うのです。
その小さな揺りかごのなかで、人間が互いに憎しみあったり、争いあったりしているのは、とても愚かなことのように思えます。

一人の人も殺されることのない、平和で、自由で、繁栄した地球の未来の姿を夢見ています。

そうした夢あふれる未来社会を築くには、まず自らの地域を、国家を、理想的なものにする努力から始めなければならないと思います。

日本という国を、理想国家となすために、本年も努力を重ねてまいります。
本年も一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。
末筆ながら、皆さま方の益々のご多幸・ご健康を、心より祈念申し上げます。

幸福実現党石川県本部 宮元 智

石川県羽咋市・幸福の科学北陸正心館にて

石川県羽咋市・幸福の科学北陸正心館にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

【ワシントン=古森義久】米国防総省のシンクタンク「国家戦略研究所(INSS)」は15日、公表した中国海軍の作戦についての報告で中国首脳が南シナ海の領有権防衛などに航空母艦が必要だとみなし、すでにその配備を決めているという見解を明らかにした。さらに中国が数隻の空母を保有する見通しを述べ、その場合にはアジア地域での米国や日本への脅威が高まると警告した。

中国、南シナ海で空母必要 すでに配備決定  (1/2ページ) – MSN産経ニュース

15日、習近平副主席が公明党の山口代表と会談して述べたとされる「中国は日本をライバルではなくパートナーとみなしている。中国は覇権を求めない」という言葉は、まったく信用できないことは明らかだ。

このままであれば遅くとも10年以内に、日本のシーレーンは、中国海軍に扼されることになる。

習氏の言う「地球村にいる両国は互いに引っ越すことはできない。」とはその通りだ。「健全かつ安定した両国関係はアジアと世界の繁栄にとって重要だ」と本当にそう考えるならば、日本に向けて配備している中距離弾道弾を外してからそういうべきだろう。

互いに引っ越すことはできないから領土を奪ったりするというのはむちゃくちゃな論理だろう。

そういう国際ルールを無視した理屈を押しつけてきても、「中国を刺激するのはよくない」という考えの下で譲歩を重ねていけば、この国は、やがて中国の隷属下に置かれることになる。

チベットやウイグルのようにわが国がならないとは、誰にも保障できないのだ。

本ブログで繰り返し主張しているように、侵略を抑止するためには、国際社会における正義を実現するという意志に基づく毅然とした外交姿勢を貫くことが必要で、それを担保するためには、十分な防衛力が必要である。ゆえに、日米同盟の強化が不可欠である。

そして、「正義とは何か」を明らかにするものこそ、正しい信仰に基づく宗教的価値観である。その価値観とは、ひとことで言うならば、愛であり、慈悲である。

「世界が今日も平和でありますように

一人の人も殺されることなく

傷つけられることもなく

恐怖にかわって

愛が世界を支配しますように」

心から祈念する。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

28日付の中国各紙によると、27日に行われた中国国防大学の行事に、先の中国共産党の第17期中央委員会第5回総会(5中総会)で中央軍事委員会副主席となった習近平国家副主席が軍装姿で参加した。一部中国メディアは習氏の軍装が披露されるのは初めてと伝えている。

「胡主席後継」の習近平氏、軍装を初披露 – MSN産経ニュース

このままいけば確実に、2年後には軍事統帥権も握る習近平氏。
一方、日本はこのまま行けば、民主党政権があと3年続く。
アジアの海は無論、アフリカ沖までの制海権を狙う中国としては、その野望を実現するには、今の政権はまことに都合がよい。

したがって、領有権をめぐる争いは、この3年以内に起こると想定し、備えをしておいたほうがよいだろう。
中国の立場に立てば、望むらくは、まず、沖縄の米軍基地の撤去だろう。これで、尖閣諸島はおろか、台湾まで取れる。
次に、日本全土からの米軍基地撤退である(これは菅首相のかねてからの願いでもある)。そうすれば、沖縄本島も確実に取れるだろう。
日本から撤退させられた米軍が、日本を救出することは、当然ながら、論理的に言ってありえない。

さらに、普天間基地移設問題で日米関係がこじれてくれれば、中国にとってこんなありがたいことはない。
民主党政権は、沖縄県知事選の結果を見て、などと言うが、国家主権に関わる判断を、沖縄県民の「民意」に転嫁して、責任を負わない、極めて卑怯な態度であり、国家のリーダーとしてまことにふさわしくない。

渦中の沖縄では県知事選が近づいてきたが、立候補を予定している現職の仲井真知事も、宜野湾市長の伊波洋一氏も、いずれも普天間基地県外移設を明言しており、争点に違いは無い。
唯一、幸福実現党から立候補予定の、金城タツロー氏のみが、県内(辺野古)移設を唱えるが、例によって、マスコミにはスルーされている。
「民意」を一定の方向に誘導しようとしている、極めて危険な水域に入っている。

習近平氏の軍事的な能力は明らかにされていないが、実のところ、世界史的な軍神(過去世は、チンギス・ハン)だ。一筋縄ではいかない、などという言葉では到底足りないくらい、手強い相手だ。

日本にとって、最悪の政権のときに、中国にとっては、最強の政権を迎えてしまうということか。
しからば、座して死を待つのか
残された時間は、もうそう多くはない。

日本がもう一度、サムライ精神を取り戻すべきだ。
集団的自衛権の問題、自衛隊法の問題、そして何より憲法9条の問題など、国防に関する諸問題を、もう避けて通ることはできない秋に来ている。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。