Posts Tagged ‘憲法9条適用除外’

消費税増税反対署名へのご協力、まことにありがとうございました。

今週末、北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル発射が予告されています。
せっかくソウルで「核安全保障サミット」が開催されていたにもかかわらず、
野田首相はわずか18時間の滞在で取って返し、
今国会で消費税増税法案を通すことに血道を上げております。

国民の生命・安全・財産を守ることよりも、
増税の方が大切だとでもいうのでしょうか。
自分の「政治生命」を護ることの方が大切だというのでしょうか。

まったく価値観が顛倒(てんどう)しているとしか言いようがありません。
このような人物に、もはやこれ以上国政を任せておくことはできません。

野田首相の即時退陣と、消費税増税断固反対、
そして隣国の脅威に備えて、国防の強化を強く要請致します。

我が国は、アメリカとの同盟を堅持しつつ、
かねてわが党が主張しているように、「憲法9条適用除外」「集団的自衛権の行使」「自主防衛」などを強化する必要があります。

本日は、野々市市新庄・ホームセンタームサシ向かいで
辻立ちをさせていただきました。
dsc_6911

たまたま車で通りかかった支持者のNさん、
車中から熱心に手を振って下さったのですが、
やがて車から降りてきてくださり、サポーターをしてくださいました。
ありがとうございました(写真もNさん撮影)


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

防衛省統合幕僚監部は2日、中国海軍の情報収集機など2機が尖閣諸島の北50~60キロまで接近したため、領空侵犯の恐れがあるとして、航空自衛隊の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたと発表した。

中国海軍機、尖閣に最接近 空自F15が緊急発進 「ここまでは初めて」と防衛省 – MSN産経ニュース

たとえ領空侵犯したところで、いまの自衛隊法では警告することしかできない。適用される法律は、刑法と、警察官職務執行法が準用されるだけである(公務執行妨害、正当防衛、緊急避難、しかも、「武器対等の原則」に縛られ、殆ど抑止力とはならない、等)。

現法制下では、領空も領海も守れない。
抑止力としてはほとんど機能しない。
そうした極めて不利な状況の中で、自衛隊は我が国の空と海を、守っている。

侵略的な意図を持つ近隣諸国は、こうした事情を百も承知で、挑発してくる。
ここで日米同盟を捨てたら、ますます嵩にかかって、それこそ「許されざる暴挙」を繰り返すだろう。

自衛隊をはっきりと自衛軍と認めて、自衛権を正当に行使できる体制を構築するには、まだまだ長い道のりが必要だ。

しかし、隣国の脅威は、空から海から、北から西からと待ったなしに迫っている。

もはや一刻も猶予はならない。

一日も早く、侵略的意図を持つ国家に対しては、憲法9条の適用を除外するということを、政府見解として鮮明にすべきである。

そう宣言することが、現時点で最強の抑止力となるだろう。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

今日も素晴らしい好天に恵まれました。
澄み切った青空に、白き峰々が連なる白山連峰。穏やかな海。また、夕日が最高でした。
つくづく、日本という国は美しい国だと思います。

憲法改正に反対する人、あるいは集団的自衛権の行使に反対する人たちは、ほとんどすべて、戦前から先の大戦にかけて、日本は非常に悪いことをした侵略国家である、したがって、侵略をしないといっていても、武力をもてば必ずまた侵略への道を歩み始める。だから、憲法9条によって戦争を放棄するということを謳っておくことで、その歯止めになる、と考えているように思います。
日本という国を、愛していないことはないのでしょうが、親の愛情が欲しくて、わざと親に反発している子供のように見えなくもありません。
それが子供であれば、まだ可愛げがあると思ってみることができますが、国家の存亡にかかわってくるとなれば、黙って見過ごすことはできなくなります。

何も夜郎自大になる必要はありませんが、
国家観が、極めて自虐的というか、自己卑下的であるように思います。
これは決して公平な見方とは言えないのではないでしょうか。
また、このような国家観のもとで育ったならば、どうして自国に対して自信や誇りが持てるようになるでしょうか。

先の大戦は、すべてが自衛のための戦争だったとは思いませんが、かと言って、すべてが侵略戦争だったとも思えません。
侵略的な面も一部にはあったとは思いますが、当時、やはりシーレーンが抑えられ、石油が入ってこない状態が作られたりしていたので、かなりの部分、自衛という面があったと思います。
そして、大義としてはアジア諸国の植民地支配からの解放ということがあったはずです。
そしてその大義自体は、日本が戦争に負けたとはいえ、その目的は果たすことができたといえます。

我が国の平和は、そしてこの繁栄は、私たちの先祖や、先人たちが、血と汗と涙を流した、尊い努力の積み重ねによって、得られたものだということを忘れてはならないと思います。
戦後65年、日本は平和と繁栄を享受した結果、平和とか繁栄とかは努力していられるものではなく、ごく当然に、自然にそこにあるものと思ってしまい、国家としての気概や日本国民としての誇りや愛国心を失ってしまったといえます。
これが平和の代償だとしたら、あまりにも高くついた代償だったと思います。

自分が生まれ育った国を愛することは、本来、ごく自然な感情であり、これが国を発展させる原動力です。
その意味では、国難を生み出している根源的な原因は、自虐史観に基づく教育にあるといえます。

私たちは、今、目の前にある、侵略や植民地化の危機という国難に対しては、「憲法9条適用除外」という武器で戦っていかなければなりませんが、根源的な原因を解消しなければ、国難は姿を変え、何度でも立ち現われてくるでしょう。
その意味では、自虐史観からの脱却をメインテーマとした教育改革も成し遂げていかなければならない、最重要課題の一つと思います。
まさに「国家百年の大計」といえるでしょう。

そういうことを、訴えさせていただきました。

川北町より、白山を望む

川北町より、白山を望む


野々市町御経塚交差点にて

野々市町御経塚交差点にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

建国記念の日のきょう、「この国を守り抜け」国難突破運動」が全国一斉街宣活動からスタートいたしました。

わたしの主な活動エリアである、石川県白山市・野々市町・川北町・能美市・小松市・加賀市においても、多くの支援者の皆さまとともに、署名活動・街宣活動を行ないました。

東京や大阪は雪と聞いておりましたが、石川は澄み切った青空でしたが、とても厳しい寒さでした。

こうした厳寒の中、署名活動は、全郡市で行なわれました。

私は、サポーターの皆さまとともに、7か所で街頭演説をさせていただきました。
寒い上に、風が強く、話している私はまだ気が紛れますが、幟旗や横断幕を持って支えてくださる皆様は、ほんとうに「忍」の一事だったのではないかと思います。

終わって、車中で飲むホットコーヒーの美味しこと!

まだまだ浸透度は低いと思われる、「憲法9条適用除外」ですが、それでも多くの方々に、お手を振ってのご声援をいただきました。

支持者の皆さまの、日ごろの地域での信頼関係づくりに、心から感謝申し上げた次第です。

今日からスタートした、国難突破運動、必ず成功させ、わが国の先人たちが血のにじむような努力によって築き上げてきた日本の平和と繁栄を守り、さらにすばらしい国を創り、後れてくる青年たちに贈ること、それが私たちに課せられた使命であると、建国記念の日に改めて決意をさせていただきました。

野々市新庄2丁目交差点

野々市新庄2丁目交差点


白山市松任総合運動公園前交差点

白山市松任総合運動公園前交差点


川北町プラント3前

川北町プラント3前


小松市日末町

小松市日末町


JR小松駅前

JR小松駅前


加賀温泉駅東口交差点

加賀温泉駅東口交差点


加賀市ジャスコ加賀の里前

加賀市ジャスコ加賀の里前


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。