Posts Tagged ‘憲法9条改正’

本日も、昨日に引き続き、南北首脳会談を受けての緊急街宣を行ないました。

やはり、「南北融和」にダマされてはいけない、ということです。

予想通り、というべきか、世間では「融和ムード」一色で、たまに日本の危機を訴える人が(私たち以外でも)いたとしても、「そんなに平和が嫌いなのか」的な意見が出たりしてます。

平和が嫌いなわけはありません。

人が死んだり(寿命がきて亡くなるのは仕方ありませんが)、殺されたりするのは本当に嫌なものです。

だけど、冷徹に歴史の法則から見ると、平和的手段が良いように見えて、結果は最悪になることが多い。

第2次世界大戦前のヨーロッパがそうでした。第1次世界大戦後、あんな悲惨な戦争は二度とごめんだ、とヨーロッパ中に反戦平和主義が蔓延しました。そうしたムードを受けて、ヨーロッパの指導者たちは宥和政策をとり、戦争したくないばかりに、どんどんヒトラーに譲歩していきます。チェコスロバキア、ポーランドなど、当事国の許可もなく列強同士の思惑で勝手にヒトラーに領土の割譲を許していきます。そして悲惨な第2次世界大戦を迎えます。

ヒトラーを打ち破るには、”戦争屋”と言われたチャーチルの登場を待つしかありませんでした。

平和はあくまでも目的であって、手段ではありません。また、平和といっても、“奴隷の平和”では意味がありません。

人間は本質的に自由を求めるものだから。

真の平和を勝ち取るためには、「北朝鮮の完全武装解除」。これ以外の選択はありません。

そのためには、断固譲歩してはいけないのです。

日本が“蚊帳の外”にならないためにも、「自分の国は自分で守る」という覚悟が必要です。

そろそろ腹を括りましょう。

戦後失われた「武士道精神」、大義のために命を懸けることは素晴らしいことです。

こうした価値観の大切さを取り戻しましょう。

そのバックボーンには、「死んだら終わり」ではなく、あの世があって、神仏がおられるという世界観を認めることが必要でしょう。

こうした世界観を持たない限り、すなわち唯物論的世界観が科学的であり正しいものであるという考えならば、そこから導き出される結論は、「自分さえ良ければいい」「いまさえ楽しければいい」という人生観になり、利己主義、自己保身に走る人ばかりになります。

自分を超えた大いなる存在を認め、帰依する心が大切ではないでしょうか。

JR金沢駅東口にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

いよいよ参院選公示となりました。
これから17日間の選挙戦が始まります。
2009年、衆院選に石川2区から立候補させていただいてから4年の歳月が流れました。
この間、亀のごとくではあったかもしれませんが、自分なりに精いっぱい前進してきたつもりです。

志は全く変わっておりません。
愛する家族、友人たち、同胞を守りたい。
愛する人々が住まう日本を守りたい。
そして、愛する日本を、世界に誇れるような、すばらしい国にしたい。
みんなが、「日本に生まれて、本当によかった」と思えるような国にしたい。
その一心です。

国防の危機はますます強まり、核兵器や弾道ミサイルで周辺国を脅すような、全体主義国家・軍事独裁国家の脅威が迫っております。
これに加え、経済面も、一見、アベノミクスで景気回復しそうにも見えますが、消費税増税が控え、原発も再稼働の道筋ははっきり見えず、まだまだ不安です。
まさに内憂・外患満載の、未曾有の「国難」に直面している状況は、4年前と全く変わっておりません。いや、ますます強くなっているというべきでしょう。

憲法改正、とりわけ9条の改正は、我が国が主権国家として存続する意志があるならば、避けて通れない課題です。
我が国は、自らの国を、自らで守る覚悟があるか否か。これが問われていると思います。
その覚悟なくば、全体主義国家の隷属下に置かれるのも止むなし、ということになります。
少なくとも、日本国憲法の前文にある、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」できない国に対しては、憲法9条の適用を除外するということを、法制化すべきでしょう。
これは、決して戦争をするためではなく、戦争を抑止し、他国に悪を犯させないために、どうしても必要なことと考えるからです。

また、消費税増税は、デフレ脱却を目指し、金融緩和等を進めているアベノミクスとは矛盾します。せっかく回復しかけた景気が、また悪くなります。
年金暮らしの高齢者も、自営業等の経営者も、もちろん、消費者の皆様も、みんなが困る消費税増税、国民を苦しめる添加の悪法と言っても過言ではありません。
なんとしても阻止しなければなりません。
むしろ減税と規制緩和によって、もっと消費を拡大すること、さらに世界経済を牽引するような基幹産業を立ち上げるべく、100兆円規模の投資をすること。こうしたことが必要と考えます。

日本を守り、さらに繁栄させるために、やるべきことは数多いですが、まず上記2点は、どうしても急がなければならない、最重要の争点だと思います。

日本は、これから決して下り坂を降りていくのではありません。
まだまだ登っていかなければなりません。
世界平和のためにも、日本はがんばらなければなりません。
「下山の思想」などというのは、怠け者の思想であり、無責任であると一蹴しなければなりません。
三千年にわたって私たちの祖先が築き上げてきたすばらしい国、日本をさらに強く、豊かにし、次代に引きついていくのが私たちの世代の責務だと思います。

4年前の衆院選立候補時より、既にこの身はこの国に捧げております。
畳の上で死のうとは思っておりません。
日本のために、そして愛するふるさと石川のために、不惜身命、精進してまいります。

皆様の一層のご支援を、心からお願い申し上げます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。