Posts Tagged ‘憲法9条’

憲法9条がノーベル平和賞の最有力候補になっているという。

もし受賞が決まれば、受賞者は「憲法9条を持つ日本国民」ということになるようだ。

つまり私も、受賞者の一人ということになる。

これは気持ち悪い。

20数年前のむかし、見知らぬ男性から電話がかかって来て、「おめでとうございます。このたび、◯◯に当選致しました」と言われた。
詳しく説明したいので、指定された場所に来て下さい、と言うので世間知らずだった私は、その説明会場にのこのこ出かけていった。
そこには、同じように電話で呼び集められた人たちが大勢いたのを見てまず驚いた。
結局、時代遅れになりつつあった旧式のパソコンを売りつけられそうになり、早々に退散して来た。
あれに似ている。

憲法9条で日本国民がノーベル平和賞をもらっても、結局それは高くつくだろう。

別に憲法9条がなくても、戦後の日本は平和だったろう。
それは日米安保があったから。

しかし、この構図がこれからもずっと続くとは思えない。

中国の覇権主義、新植民地主義、軍事的脅威など、危険この上ない。
このことは、もっともっと強調されてよい。

アメリカはオバマ以降、かなり弱腰になって来た。
シリア空爆をあれほど躊躇したし、ロシアのプーチンには完全に位負けしている。

かつてのアメリカではなくなっている。

このまま戦争を放棄している憲法9条を堅持していることが、どれほど危険か。

未だにその憲法9条を堅持していれば平和が守られると言っている人は、よほどおめでたいか、知性が低いか、洗脳されているか、思考停止しているか、日本を陥れるか滅ぼすかするためにわざとそう言っているか、どちらかではないか。

戦争を放棄している憲法9条でノーベル平和賞を取りましたがその結果、日本は滅びました、ということになったら、これほどノーベル平和賞の趣旨と真逆なることはない。

草葉のノーベルさんも、あきれ果てることだろう。

日本は高度な文化・文明を持っていたにもかかわらず、憲法9条を守ることによって滅んだ愚かな国、という汚名を歴史に刻まぬよう、一刻も早い改正が必要です。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

あす建国記念の日、石川県においては、標記一斉街宣活動を行ないます。

本日、幸福実現党ついき秀学党首より、《「『この国を守り抜け』国難突破運動」について》と題するプレスリリースが出されました。

以下、転載。

「『この国を守り抜け』国難突破運動」について

 尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件、北朝鮮による韓国・延坪島砲撃事件など、現在の日本を取り巻く東アジア情勢は大変緊迫しており、戦力の保持や交戦権を否認する憲法9条では、もはや日本の平和は守れない状況に至っています。

 こうした国難の到来を見据え、幸福実現党は、立党以来、一貫して国民の生命・安全・財産を守るべく、憲法改正を主張してまいりました。しかし、尖閣事件をはじめ、中国の軍備拡張、北朝鮮の核武装等、国難は眼前に迫っており、もはや憲法改正を待っていてはこの国を守り抜くことはできません。

 幸福実現党は、この国を守り抜くべく、憲法9条の解釈を変更し、「平和を脅かす諸国には憲法9条を適用しない」ことを提言します。そして、政府に対し、平和を脅かす国家への「世界標準の自衛権の行使」を認め、抑止力を強化し、国民の生命・安全・財産を守り抜くことを要請します。

 そもそも、憲法の趣旨は「国民を守る」ことにあります。また、憲法には「憲法の変遷」という概念があり、これは自衛隊が「合憲」とされて来たように、憲法の規範内容と現状との間にずれが生じた場合、規範的意味を変更または修正し、憲法に柔軟性を持たせる考え方です。

 ゆえに、現状において憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」という前提が崩れている以上、ここに述べた憲法9条の解釈変更は、「国民を守る」という憲法の立法趣旨に沿った正統な解釈変更であります。
今、菅直人首相や仙谷由人前官房長官に見られる戦後平和主義的発想のまま、憲法9条の解釈変更を断行しなければ「国民は座して死を待つのみ」です。

 こうした情勢を踏まえ、幸福実現党は「『この国を守り抜け』国難突破運動」として、2月11日(建国記念の日)から5月3日(憲法記念日)までの期間を中心に「中国や北朝鮮には憲法9条は適用されない」という言論・署名活動を展開します。

 その皮切りとして、明日2月11日の「建国記念の日」には、衆議院選挙区支部長を中心に「全国一斉街宣」を行います。皆様のご支援ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

幸福実現党 党首 ついき秀学

※以上の声明内容を国民の皆様に直接訴えるために、幸福実現党党首・ついき秀学は下記「建国記念の日 東京街宣」に参加する予定です。

 ついき秀学党首「建国記念の日 東京街宣」(予定) 
    池袋駅東口 13:00~
    新宿駅西口 14:30~
    渋谷駅ハチ公前 16:00~

(転載以上)

石川県本部にても、下記の通り、街宣活動をいたします。

以下、石川県内のマスコミにリリースした内容です。

*****

「『この国を守りぬけ』国難突破運動」について

軍事拡張を進める中国の覇権主義や暴発の危惧を有する北朝鮮の動向など、アジア情勢は不安定化の度合いを増しております。
わが国の植民地化への布石が打たれる危機的状況が予測されながら、今の日本の政治状況では、万全な安全保障を実現する「憲法改正」は間に合いません。
 幸福実現党は、来たる2月11日建国記念の日には「全国一斉街頭演説」を行い、わが国を守り抜くための政治提言をいたします。
尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件や北朝鮮による韓国・延坪島砲撃事件など、緊迫度を増す東アジアの現状を見るに、憲法9条の前提である、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持」(憲法前文)できる国際環境は、既に失われています。
国民の生命・安全・財産を守るためには、「平和を脅かす国に憲法9条は適用されない」ことを明確にし、憲法解釈の変更による、世界標準の自衛権の確立を訴えてまいります。
 石川県本部におきましては、下記の日時・場所にて実施いたします。

石川県第1区  9:00~11:00 香林坊・武蔵が辻・JR金沢駅前
石川県第2区 10:15 野々市町 新庄2丁目交差点
         11:00 白山市 松任総合運動公園口交差点
         13:30 JR小松駅
         14:30 加賀市 加賀温泉駅東口交差点
石川県第3区 11:00 津幡アルプラザ前
       12:00 かほくイオン前
       14:00 鹿島アルプラザ前
(時間・場所等詳細は変更になる場合があります)

国難を突破し、希望の未来を切り開くために、今後とも全力を尽くしてまいります。
皆さまのご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

幸福実現党石川県本部 幹事長 伊藤元俊

*****

第1区は、伊藤県幹事長、第3区は、東義和第3区支部長、そして第2区は、私みやもとさとしが中心となって、活動させていただきます。

ご支援、よろしくお願い申し上げます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

28日付の中国各紙によると、27日に行われた中国国防大学の行事に、先の中国共産党の第17期中央委員会第5回総会(5中総会)で中央軍事委員会副主席となった習近平国家副主席が軍装姿で参加した。一部中国メディアは習氏の軍装が披露されるのは初めてと伝えている。

「胡主席後継」の習近平氏、軍装を初披露 – MSN産経ニュース

このままいけば確実に、2年後には軍事統帥権も握る習近平氏。
一方、日本はこのまま行けば、民主党政権があと3年続く。
アジアの海は無論、アフリカ沖までの制海権を狙う中国としては、その野望を実現するには、今の政権はまことに都合がよい。

したがって、領有権をめぐる争いは、この3年以内に起こると想定し、備えをしておいたほうがよいだろう。
中国の立場に立てば、望むらくは、まず、沖縄の米軍基地の撤去だろう。これで、尖閣諸島はおろか、台湾まで取れる。
次に、日本全土からの米軍基地撤退である(これは菅首相のかねてからの願いでもある)。そうすれば、沖縄本島も確実に取れるだろう。
日本から撤退させられた米軍が、日本を救出することは、当然ながら、論理的に言ってありえない。

さらに、普天間基地移設問題で日米関係がこじれてくれれば、中国にとってこんなありがたいことはない。
民主党政権は、沖縄県知事選の結果を見て、などと言うが、国家主権に関わる判断を、沖縄県民の「民意」に転嫁して、責任を負わない、極めて卑怯な態度であり、国家のリーダーとしてまことにふさわしくない。

渦中の沖縄では県知事選が近づいてきたが、立候補を予定している現職の仲井真知事も、宜野湾市長の伊波洋一氏も、いずれも普天間基地県外移設を明言しており、争点に違いは無い。
唯一、幸福実現党から立候補予定の、金城タツロー氏のみが、県内(辺野古)移設を唱えるが、例によって、マスコミにはスルーされている。
「民意」を一定の方向に誘導しようとしている、極めて危険な水域に入っている。

習近平氏の軍事的な能力は明らかにされていないが、実のところ、世界史的な軍神(過去世は、チンギス・ハン)だ。一筋縄ではいかない、などという言葉では到底足りないくらい、手強い相手だ。

日本にとって、最悪の政権のときに、中国にとっては、最強の政権を迎えてしまうということか。
しからば、座して死を待つのか
残された時間は、もうそう多くはない。

日本がもう一度、サムライ精神を取り戻すべきだ。
集団的自衛権の問題、自衛隊法の問題、そして何より憲法9条の問題など、国防に関する諸問題を、もう避けて通ることはできない秋に来ている。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。