Posts Tagged ‘平和’

元駐タイ大使で安倍晋三首相の外交・安全保障分野のブレーンとして知られる岡崎久彦(おかざき・ひさひこ)氏が26日死去した、84歳だった。

岡崎久彦氏が死去 元駐タイ大使  :日本経済新聞

突然のご訃報に、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
心からご冥福をお祈り致します。

政治・外交評論家として、保守の論客として、氏の多大なるご功績は、改めて言うまでもありません。
深く敬意と感謝を捧げます。

地上に残された地上に残された私たちも、真の意味で、世界の平和と繁栄に貢献できるリーダー国家づくりを目指し、一層努力精進してまいります。

どうか、天上界から私たちの活躍を見守っていただければ幸いです。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

少なくとも現行日本国憲法は、敗戦後、GHQ主導で、1週間ほどでつくられた。

国民主権とは言うものの、国民投票をしたわけでもなく、いわば押し付けられた憲法だ。

その意図は、「崇高な理想」などではなく、多分に、あれほど強かった日本を弱体化させようという意図があったと言うべきだろう、

憲法も、所詮は人間がつくったものだ。

地上の人間は、完全無欠な存在などではない。

ゆえに、不都合があれば、皆で話し合って変えていくのにやぶさかであってはならないだろう。

これを神から賜ったモーセの十戒のように金科玉条のものとして扱うのはいかがなものか。

人間社会は進歩した。これからも進歩し続けるだろう。

10年先はおろか、1年先の予測すら困難である。

ましてや70年前に、70年後の社会がどうなっているかなどだれもわからなかったはずなのだ。

現行憲法が現代に適応しなくなっている点はいくつかあるが、特に国防に関していえば、
真に日本の、そしてアジアの、ひいては世界の平和に貢献せんとするならば、やっぱり防衛軍は創設しないといけないでしょう。

「地球防衛軍」も最初からウルトラマン頼みで「戦いません」と言ってたらウルトラマンも呆れてウルトラの星に帰ってしまうかもしれませんね。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

日本の国防は、アジアの平和の上に成り立ちます。

アジアが戦乱の中にあって、日本だけが平和であるということが、交通の便が悪かった時代はいざ知らず、これだけ文明が発達した現代において成り立つでしょうか?

仮に成り立ったとしても、そういう日本が、アジア、あるいは世界からどのように見えるでしょうか?

実質世界第2位の経済大国でありながら、アジア情勢に何らコミットせず、責任を負おうともせず、“一国平和主義”を貫こうとするならば、自分のことしか考えていない、極めてエゴイスティックな国家に見えるでしょう。

これは、卑怯な振る舞いを卑しむ日本の民族精神に反するものでしょう。

前稿でも述べた通り、戦争ならばすべて悪、ということはありません。また、日本が軍事力を持てば必ず(侵略)戦争を起こすという考えも、日本が起こす戦争は必ず悪であるという考えも、論理的ではありません。

日本民族は断じて悪魔の化身のような民族ではありません。

本来、日本民族は、前述の通り、卑怯未練な振る舞いを何より忌避する、誇り高く、高貴な民族であると思うのです。

先の大東亜戦争で、欧米列強の植民地支配からのアジアの解放と人種差別政策の撤廃を掲げて戦い、それを実現したことは、世界史上で特筆されるべき偉大な功績です。

しかし、欧米にすれば自分たちが非道であったことを認めることになりますから、容易に認め難いことだと思いますが。

ベトナムやフィリピンのような小さな国(と言っては失礼かもしれませんが)でさえ、懸命に、というか必死に、中国の無道に対して抵抗しています。

日本は(好むと好まざるとにかかわらず)大国になってしまっているのですから、大国としての責任、義務を果たさなければなりません。

かつてのアメリカ合衆国が、小国の間は“モンロー主義”で通せましたが、大国になったら、日露戦争の調停に乗り出したように(セオドア・ルーズベルト大統領)、アジアの平和の調停者とならねばなりません。

習近平氏が言うように、アジアの安全保障を中国中心にやるようなことになったら、それはナチス・ドイツの再来と言ってよく、アジアが全体主義に席巻されることになります。

そのような統制・抑圧からアジアを守る、自由と平和、繁栄の守護神となること。これが神の国・日本が担うべき使命であると信じます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

中国外務省は29日、日本や韓国など中国駐在の外国メディアを招き、黒竜江省ハルビン市にある初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した朝鮮の安重根の記念館でプレスツアーを開催した。

安重根記念館で報道ツアー 中国、韓国と対日連携 日本の記者ら二十数人参加 – MSN産経ニュース

中国も韓国も、日本の歴史認識を云々するよりも、自らの歴史認識を反省した方が良い。
韓国併合に反対していた伊藤博文を暗殺した男を英雄(義士)と讃えて、なおかつ記念館まで建てるなど、倒錯した歴史認識というほかない。

南北戦争が終わった後、リンカンを暗殺したジョン・ブース、ベトナム戦争を終わらせようとした(から殺されたとの説がある)JFKを暗殺した(とされる)リー・H・オズワルドを英雄と讃えて記念館を建てたら正気の沙汰を疑われるでしょう。

韓国は、恐れ、警戒すべき相手を間違っている。
最も恐れるべき相手と連携して、国を亡くすつもりでしょうか。

真なる自由と平和のリーダー(たらんとする日本)を葬り去ろうとする行為は、大いなる反作用として返ってくることを予言しておきましょう。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

ついに消費税が上がりましたね。
3月の駆け込み需要、そして4月に入ってからも、各企業の皆さまは、それぞれに努力され、苦しいながらも何とか頑張っておられるようです。
増税分を値上げしないで何とか吸収しているところあり、価格にそのまま転嫁せざるを得ないところあり、それぞれですが、全体的にはまだそれほど大きな不景気にはなっていないように感じます。
もちろん、私は不況を望んでいるわけではありませんが、普通に考えれば、消費が冷え込み、景気は悪くなるだろうと予想できます。
しかしここは何とか踏ん張って、不況にならないように、と祈るような気持ちです。
しかし、不況にならないならならないで、次は消費税10%が待っていますから、痛し痒し、というところですね。
高速で進む「少子高齢化」をにらんで、社会保障を手厚くしたい、という、動機自体は優しい心からスタートしているのかも知れませんが、結果としてはやはり働く世代の負担が重くなり、窮屈な、社会主義的国家になっていくように思います。
「成熟社会」と言えば聞こえはいいですが、結局「緩やかに衰退していく社会」という意味ではないですか。
国家のリーダーとしての気概は、やはり無限の発展を目指す、というところが大事ではないでしょうか。

私は、日本が世界のリーダーになるべきだ、と思っています。
それは、単に、自分の妄想とかではなく、日本にはそのような運命というか、天命というか、使命というか、があると思うのです。
日本が繁栄することで、世界の平和と繁栄に貢献することができる。素晴らしいミッションではないでしょうか。

様々な分野でその貢献ができると思いますが、きょうは、農業を考えてみたいと思います。
安倍政権も成長戦略の一端として、農業改革に取り組むようですが、有り体に言えば、手厚く保護され続けている産業に未来はないと言わなければなりません。
かくいう私も、旧鳥越村の山奥に生まれ、山と田んぼと畑に囲まれて育ちました。ある意味で、減反などの保護農政を享受して来たひとりではあるので、少々心苦しいのですが、農業を続ける厳しさや農作業のつらさを多少は知っている者として、あえていいたいと思います。
時代は変わりつつあります。農家の平均年齢が65歳とか、補助金に投入される莫大な税金とかを考えると、このままであればじり貧です。
「改革」、などでは間に合わず、「革命」が必要なのではないかと思います。
きょうは、制度的なことではなく、技術的、あるいは経営的な観点から、農業革命の目指すべき方向について述べたいと思います。

方向性、生き筋としては、2点あります。

一つは、食糧の大量増産体制をつくることです。
現在ただいま、飢餓人口は5億とも10億ともと言われています。日本では想像しがたいことですが、こうしている間にも、世界のどこかで餓死している人がいます。
加えて、地球は人口が爆発しています。先進国は基本的に少子化が進んでいますから、貧しい国々の人口が爆発しているということになります。
世界的に食糧不足になるのは目に見えています。
放置しておけば食糧、エネルギーの奪い合い、紛争・戦争が始まります。
安価で、効率の良い食糧を、簡単に量産できるシステムを、大急ぎで開発する必要があります。
いくつかのアイデアはありますが。注目すべきものの一つは昆虫です。
牛や豚は食用に供するようになるためにはその10倍ぐらいの飼料が必要といわれますが、昆虫だと2倍と言われています。
ちょっとキモい感じがするかも知れませんが、世界では昆虫を食する文化はかなりあるようです。
日本でも、戦前はイナゴを食べてました。
戦後生まれの私は、イナゴは食べたことはありませんが、山の中で育ったので、ハチの子は食べたことがあります。
昆虫以外にも、変えるとかカタツムリとか、エビとかを食べる文化は世界にあります。
多少グロテスクに感じるものは、形を変える必要があるかも知れませんが、とにかく食糧増産を急がねばなりません。
ここに、日本農業の生き筋を見いだすことは可能ではないでしょうか。

もう一つは、高付加価値戦略です。
比類ないおいしく、しかも安全な農産物をつくって、世界中の富裕層に食べさせるのです。
中国の富裕層は、中国産の米は危険だからと食べずに、日本のおいしくて安全な米を、高いお金を出して買っています。
「ルビーロマン」は一房40万円の値がついたりします。
名前は似てますが、「越のルビー」でもキロあたり1000円以上で売られます。
神戸牛や松坂牛は、ステーキだバーベキューだとあれほど肉を食べるアメリカ人も腰を抜かす、とろけるようなおいしさです。
アメリカ人には、牛にビールを飲ませて肉を柔らかくする、なんていう発想はないのでしょう。
日本人、特に農業をやるような方は、丹精しますから、非常に高付加価値な農産物を次々と作り出せるのではないでしょうか。

ローコストで簡単に大量生産でき、さらに安全性の高い、食糧増産体制をつくること、
そして、効果で高付加価値の、味と安全を極めたような農産物をつくること、
この2点で、日本の農業は、世界の食糧危機から来る戦争から平和を守り、さらに高付加価値の食品を提供することにより、繁栄を作り出すことができます。
すなわち、世界の平和と繁栄に貢献することができるのです。

日本は、ほんとうに夢の国です。
そして、その夢を、実現していかなければなりません。
誇り高く高貴な国・日本。
その高貴なる義務を果たす世界のリーダーとなるときが近づいていると信じます。

きょうは、久しぶりに金沢市東長江にて、辻立ちを致しました。

金沢市東長江にて(1)

金沢市東長江にて(1)

金沢市東長江にて(2)

金沢市東長江にて(2)

下記をクリックすると、動画をご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

2014 04 07 金沢市東長江での辻立ち


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

加賀市上河崎町のイオン加賀の里前にて、辻立ちをさせていただきました。

「特定秘密保護法」に関連して、「国民の知る権利」を阻害しているのは、偏向報道をしている大手マスコミ自身であること、「自由」と言っても、国家を護れなければ、自由を享受することもできないこと、平和と言っても、中国の自治区のように全体主義国家に占領された圧政下の平和は、真実の平和ではないこと、「大東亜戦争」は、人種差別撤廃と欧米諸国の植民地支配からのアジア諸国の独立を掲げて戦った、聖戦であったなどを訴えさせていただきました。

いまこそ、わが国の誇りを取り戻し、世界のリーダーとならねばなりません。それこそ、日本の使命です。

美しい加賀市の夕日

美しい加賀市の夕日

加賀市上河崎町・イオン加賀の里前

加賀市上河崎町・イオン加賀の里前

下記をクリックすると、動画をご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

2013-12-02 加賀市上河崎町 イオン加賀の里前にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

遡って無効である。

幸福実現党・大川隆法総裁によって出された「大川談話ー私案ー(安倍総理参考)」は、「河野談話」「村山談話」を、それぞれ1993年、1995年に遡って無効化するものである。
戦後日本の空気の中で、流され続けてきた毒水、「自虐史観」を、決定的なものとしてしまった両談話を、一蹴する談話である。
「なお、本談話により、先の『河野談話』『村山談話』は、遡って無効であることを宣言する。」と高らかに宣言している。
一体なんびとが、このような言葉を思いつくであろうか。
そして、全文を通して、真実が語られ、語り尽くされて無駄がない。解説も無用だろう。

蛇足ながら、所感を述べると、

まず冒頭、両談話を、「歴史的事実として証拠のない風評を公式見解としたものである」と斬って捨てている。正当性がまるでないと言い切っているのだ。
そして、かかる妄説を公式見解としてしまったことの重大さを、約三百万人の英霊とその遺族に対し、「由々しき罪悪感」と戦後に生きた国民に対し、「いわれなき自虐史観」を押しつけ、「この国の歴史認識を大きく誤らせた」としている。
そのこと自体を、「政府として、ここに公式に反省する」と。
しかり、反省とは、かくのごときものなり。
反省とは、未来、発展向上していくためにこそ必要なものであり、ただ懺悔するだけでもなければ、永遠に罪悪感を持ち続けるためのものでもない。
反省はそれによって、わが国の誇りを取り戻し、世界の平和と幸福に貢献するものでなければならない。

中段では、大東亜戦争を次のように定義づけている。
「欧米列強から、アジアの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕くとともに、わが国の正当な自衛権の行使としてなされたものである。」
欧米列強が、アジアの植民地から、いったいどれだけの搾取をしていたことか。これに対して、日本の、台湾や朝鮮半島の統治は、「搾取」とはほど遠く、道路・鉄道・港湾等のインフラ整備、果ては帝国大学の建設等、内地からの「持ち出し」が多かった。
また、日本は世界で初めて、国際会議の場で人種差別撤廃を訴えている。1919年のパリ講和会議では、国際連盟の規約に、人種差別撤廃条項を入れるよう提案したのは牧野伸顕全権代表だった。
そして、この戦争は、敵方だったマッカーサー元帥自身が、米上院の軍事・外交委員会で、日本の自衛のための戦いであったことを証言している。

「政府として今一歩力及ばず、原爆を使用したアメリカ合衆国に敗れはしたものの」、確かに、戦略の拙さもあった。これは後から言えることであり、その当時、自分が当事者だったら同じことをしたかもしれない。敗れたのは事実だから、言い訳しようがない。それはそれとして、原爆を2発も落とされたのは決定的だったろう。それ以外にも、首都・東京を幾度も空襲され、昭和20年3月10日の大空襲では、10万人を超える人々が亡くなっている。まことに残念ながら、「今一歩力及ばず」だったのだ。
かくして、敗れはしたものの、「アジアの同胞を解放するための聖戦として、日本の神々の熱き思いの一部を実現せしものと考える。」すなわち、日本の神々の熱き思いを実現する「聖戦」であったのだ。
これでこそ、300万英霊は報われる(成仏できる)というべきだろう。
まさしく、「神の国・日本」なのである。
ここに、日本を唯物論国家にはしないという、神々と、その意を受けた者たちの決意を明らかにしている。
神仏について語る人々を馬鹿にしたり、嘲笑したりするような文化風土のままでは、唯物論国家ー中国や北朝鮮のようなーとかわらないのだ。
聖なる戦い、正義を実現するための戦いというものはあり得るのであり、そのための神の軍勢というものも、あり得るのだ。

そして、圧巻の後段へと続く。
「日本は今後、いかなる国であれ、不当な侵略主義により、他国を侵略・植民地化させないための平和と正義の守護神となることをここに誓う。国防軍を創設して、ひとり自国の平和のみならず、世界の恒久平和のために尽くすことを希望する。」
平和と正義の守護神たらんとする、力強い宣言である。その願いとするところは、「世界の恒久平和」である。崇高なミッションを自ら掲げ、誓っている。
まさに、高貴なる国・神々の集う国・日本がその高貴なる使命(ノブレス・オブリージ)を果たすという宣言である。
そして最後の一文が、冒頭紹介した「なお、本談話により、先の『河野談話』『村山談話』は、遡って無効であることを宣言する。」という件である。

安倍総理におかれましては、本談話を参考にして、ぜひ、「河野談話」「村山談話」を見直す談話を発表していただきたいものである。
後世の人々から、「あの談話がターニングポイントであった。あの談話により、日本民族が永遠に罪悪感を背負い、贖罪し続けなければならない状況から脱し、わが国の誇りを取り戻すことができ、憲法9条改正と、国防強化の大きな後押しとなった」と評されることになるだろう。
安倍総理が、国難を突破した、未曾有の名宰相として名を遺されますことを、心から祈念致します。

あと、付け足しだが、消費税増税は中止しましょう。
これを実行してしまうと、自らの名を冠した経済政策によってせっかく上向きかけた景気を、自ら腰を折ってしまい、日本経済を危殆に瀕せしめた愚かな宰相として末代まで汚名を遺すことになりますから。

大川談話ー私案ー
↓ ↓ ↓
http://special.hr-party.jp/policy2013/okawa-danwa/


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

8月になりました。
お盆が近づいてまいりました。
私は、この日本の「お墓参り」という習慣は、とてもすばらしいものだと思っています。
それは、ご先祖にお参りをし、供養をするということですけれども、私たち日本人の心の中に、こうしたご先祖を敬う心、ご先祖を供養する心、こうした心が、しっかりと根付いております。
目に見えない、神仏を敬う心、ご先祖に感謝する心があるということ、
これは、目に見えない世界から、私たちを見つめている存在があるということを、心のどこかで信じているということではないでしょうか。
そして、そういう思いがあるからこそ、「神様仏様が見ている」「ご先祖様が見ている」と思えばこそ、誰もいないところでも、悪いことをしない、という抑止力が働くのではないでしょうか。

唯物論国家と言われる国では、基本的に、神仏を認めません。あの世を認めません。
この考え方を突き詰めていくと、結局、「自分さえよければいい」「今さえよければいい」という考えに行き着くのではないでしょうか。
しかしながら、私たち日本人は、神仏を信じ、ご先祖様を信じる心があり、目に見えない世界から、この世界を見ている目があることを、何となくであっても、信じているのだと思います。
だから、あのような大震災のような災害があっても、暴動や略奪を起こすことなく、お互いに労り合い、助け合うことができたのだと思います。
これは、日本が世界に誇るべき、すばらしい精神性だと思います。

また、お盆は、家族や親戚が一堂に会する機会でもあります。
お墓参りを機縁として、遠くに住んでいる家族や親戚たちが集い、旧交を温め合い、絆を強める機会でもあります。
こうした、家族の絆を深めていくことが、これから、世界最速で進んでいると言われる、少子高齢化社会にあって、家族の絆を強め、助け合っていく姿は、社会保障の一つの理想の姿ではないかと思います。

さて、8月15日は、お盆でもありますが、終戦記念日でもあります。
私たちの祖先、300万人とも言われる英霊が、先の大戦で、尊い犠牲となられました。
その尊い犠牲によって、今日の、日本、そしてアジアの繁栄の礎が築かれたとも言えます。

しかし、戦後70年近く、「自虐史観」と言われる毒水が流され続けてきました。
戦前・戦中の日本は、全体主義国家であり、侵略国家であるという歴史認識は事実でありません。
先の大東亜戦争は、マッカーサーも戦後認めた通り、自衛のための戦いであり、また、アジア諸国を、欧米列強の植民地支配から解放するための戦いでした。
わが国は、今一歩力及ばず、首都・東京の大空襲を敢行し、広島・長崎と2発もの原爆を落としたアメリカ合衆国に敗れたのです。

しかしながら、敗れはしたものの、わが国は、立派に復興し、戦前以上の繁栄を実現しました。
また、アジアのみならず、アフリカも、欧米列強の植民地支配から独立を果たすことができました。
当時、世界では、白人優位説が主流でした。有色人種は、白人より劣るので、植民地支配は仕方がないと思われていたのです。
しかし、日本は、アジア各地で勇敢に戦い、アメリカ以外には、負けておりません。
その、世界最強国のアメリカとも、4年に及ぶ、死活の闘争を演じたのです。
この事実が、アジア・アフリカ諸国に、どれだけの勇気と希望を与えたか、計り知れません。
このことに、私たち日本人は、もっと自信と誇りを持つべきであろうと思います。

南京大虐殺や、従軍慰安婦の強制連行などという、捏造に基づく批判や非難は一蹴し、私たち日本人に深く根付いてしまったいわれなき罪悪感や自虐史観を一掃しなければなりません。
当時の日本軍は、世界一と言ってもいい、軍律厳しく、礼儀正しい軍隊でした。武士道精神はしっかりと生きていました。世界から尊敬されるような軍隊でした。

日本を、侵略国家、全体主義国家にしなければ、日本と戦った連合国は、戦争の大義が立たなかった。
ゆえに、そのような自虐史観を押し付け、罪悪感を刷り込み続けてきたのです。
私たちは、改めて、この日本の、誇りを取り戻さなければならないと思います。
私たちの祖先は、そのような悪人ではありませんでした。
わが国を守るために、そして、アジア諸国を解放するために、まさしく命をかけて、勇敢に戦ったのです。

なぜ、日本だけが、誤った歴史認識によって、謝罪させられ続けなければならないのでしょうか。
こんなことをいつまでも続けていても、日本はもとより、世界のためにも、決してよいことはありません。

世界は今、第2の冷戦、新たな冷戦のまっただ中にあります。
アメリカ合衆国と中華人民共和国という2大強国の覇権争いであります。
この狭間にあって、日本は、いったいどちらの側につくのか、大きな選択を迫られています。

アメリカがすべて正しいとは思いませんが、少なくとも神の目から見た正義は、唯物論、共産主義、全体主義にはなく、
神によって創られた神の子としての人権、自由、民主主義を重んじる側にあります。
私は、わが国が、共産党一党独裁の全体主義国家の支配下に入るのではなく、
自由と民主主義の防波堤となるべきであると考えます。
さらには、自由と民主主義の旗手として、守護神として、世界の平和と繁栄に貢献すべきであると考えます。

このことを闡明するためにも、安倍総理は、300万英霊とその遺族に由々しき罪悪感を押し付け、国民にいわれなき自虐史観を強要しつづけた、「河野談話」「村山談話」を遡って無効であると宣言するとともに、
終戦記念日には、躊躇なく靖国神社に参拝され、英霊に心からの感謝と哀悼の念を捧げるべきでしょう。
さらには、憲法9条の改正を急ぎ、国防軍を創設することに全力を尽くすことを強く希望します。

わが国の誇りを、取り戻しましょう。

野々市市新庄にて

野々市市新庄にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

いつもご支援ありがとうございます。

今朝は、野々市市で辻立ちをさせていただきました。

映画「ファイナル・ジャッジメント」では、ラストシーンで、
主人公の鷲尾正悟が、人民解放軍が正悟たちに向けていた銃を下すほどに魂を揺さぶる演説をしています。

現実の人民解放軍が、銃を下すようなことはしない可能性が高いですが、
魂を揺さぶるような演説を心掛けたいと思います。

あのJ.F.ケネディや、マーティン・ルーサー・キングJrのように。

自由、繁栄、そして平和のために、精進致します。

愛が憎しみを超え、世界が一つになりますように。

野々市市新庄2丁目交差点にて

野々市市新庄2丁目交差点にて


航空自衛隊小松基地を望む

航空自衛隊小松基地を望む


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

今日も素晴らしい天気でした。

日本海も美しい。
平和な海よ、いつまでもと祈らずにいられません。

ここ羽咋市には、幸福の科学の研修施設である北陸正心館があります。
現在の私の勤務先でもあります。

小高い丘の上に建ったこの正心館からは、日本海、能登半島、宝達山などが見え、晴れた日には、白山や立山連峰が見えることもあります。
とても素晴らしい眺望です。

心が折れそうなとき、心身ともに疲れたときなど、ぜひお越しください。
信者でない方でも、どなたでも入館いただけます。
お食事もおいしいと評判を頂いてます。
お風呂も豪快な岩風呂で、とても癒されます。

写真は、北陸正心館の屋上から見た千里浜と日本海(今日撮影)。
宝達山も見えます。

下の2枚は、北陸正心館の“禅堂”から見たお隣の池周辺の風景(撮影は27日)。

だいぶ秋らしい風情となってきました。
日が暮れるのも早くなりました。

dsc_0629_2

dsc_0628_2

dsc_0626_2


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。