Posts Tagged ‘宗教立国’

本日も、昨日に引き続き、南北首脳会談を受けての緊急街宣を行ないました。

やはり、「南北融和」にダマされてはいけない、ということです。

予想通り、というべきか、世間では「融和ムード」一色で、たまに日本の危機を訴える人が(私たち以外でも)いたとしても、「そんなに平和が嫌いなのか」的な意見が出たりしてます。

平和が嫌いなわけはありません。

人が死んだり(寿命がきて亡くなるのは仕方ありませんが)、殺されたりするのは本当に嫌なものです。

だけど、冷徹に歴史の法則から見ると、平和的手段が良いように見えて、結果は最悪になることが多い。

第2次世界大戦前のヨーロッパがそうでした。第1次世界大戦後、あんな悲惨な戦争は二度とごめんだ、とヨーロッパ中に反戦平和主義が蔓延しました。そうしたムードを受けて、ヨーロッパの指導者たちは宥和政策をとり、戦争したくないばかりに、どんどんヒトラーに譲歩していきます。チェコスロバキア、ポーランドなど、当事国の許可もなく列強同士の思惑で勝手にヒトラーに領土の割譲を許していきます。そして悲惨な第2次世界大戦を迎えます。

ヒトラーを打ち破るには、”戦争屋”と言われたチャーチルの登場を待つしかありませんでした。

平和はあくまでも目的であって、手段ではありません。また、平和といっても、“奴隷の平和”では意味がありません。

人間は本質的に自由を求めるものだから。

真の平和を勝ち取るためには、「北朝鮮の完全武装解除」。これ以外の選択はありません。

そのためには、断固譲歩してはいけないのです。

日本が“蚊帳の外”にならないためにも、「自分の国は自分で守る」という覚悟が必要です。

そろそろ腹を括りましょう。

戦後失われた「武士道精神」、大義のために命を懸けることは素晴らしいことです。

こうした価値観の大切さを取り戻しましょう。

そのバックボーンには、「死んだら終わり」ではなく、あの世があって、神仏がおられるという世界観を認めることが必要でしょう。

こうした世界観を持たない限り、すなわち唯物論的世界観が科学的であり正しいものであるという考えならば、そこから導き出される結論は、「自分さえ良ければいい」「いまさえ楽しければいい」という人生観になり、利己主義、自己保身に走る人ばかりになります。

自分を超えた大いなる存在を認め、帰依する心が大切ではないでしょうか。

JR金沢駅東口にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

「先日、石川県の能登に行きました。小木漁港という漁港では、大和堆と言われる好漁場で毎日、操業していたわけですけれども、ここで集魚灯を焚くと、北朝鮮の船も一緒に集まってきて、イカをどんどん脇から獲っていくということでした。

(中略)そちらの皆様の話を聴きましたところ、この大和堆が、このままだと第二の尖閣になると非常に危機感を持っておられました。
石垣市で「尖閣諸島開拓の日」式典 幸福実現党の釈党首が来賓として出席 | ザ・リバティweb

1月14日、沖縄県石垣市「尖閣諸島開拓の日」式典に来賓として招かれた、幸福実現党・釈量子党首の「尖閣諸島開拓の日を祝う宴」での挨拶より。

不肖私も、微力ながら日本海を第二の尖閣になど絶対にしない、という強い決意でございます。

北朝鮮だけではなく、日本にとっての脅威の本丸・その最強・最大・最悪なるもの・中華帝国も、日本海の現実的な脅威となりつつあります。

北朝鮮から漁業権を買った中国の漁船が日本海にやってきている。

北朝鮮の木造船は、本来、沿海用の10トンばかりの、筏かタライ船のような貧弱な船だが、中国のイカ釣り船は、日本の中型船の数倍の300〜500トンもあるような大型で、しかも「かぶせ網」で根こそぎ獲っていく。
地元の漁師さんによると、これで獲られては大和堆でのイカ釣り漁は、3年と持たないそう。

日本という国は、古来より、争いを好まない、和を以て貴しと為す、大和(やまと)の国でありますが、他国の悪を正すとき、正義の剣を抜くことがあります。

日本古来の伝統・国是に則って、世界正義に悖る行為をする国に対しては、断固として正義を貫かなければなりません。

「平和と調和を愛する国」「正義を尊ぶ国」「神仏を尊ぶ国」・日本の誇りを取り戻しましょう。

2018年が、そのための重要な一年となることを祈って。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

2018年が明けました。元旦は過ぎ、もう2日になった深夜にこれを書いています。

旧年中は多くの皆さまに大変お世話になりました。4度目の国政選、衆院選としては2度目の挑戦となる選挙も出させていただき、痛烈に努力不足、徳力のなさを感じた年でありました。また、多くの皆さまのご厚情も深く味わわせていただきました。

感謝を学んだ一年でありました。

これまでも様々なことがありました。

これからも様々なことがあるでしょう。

間違いなく言えることは、ここ数十年の時代、人類は大きな転換点に立っているということ。

今年、幸福の科学グループは創立以来32年、幸福実現党は立党9年となります。

私たちは、この人類史上稀有なる転換点に、人類がよりよき選択をすることを願って活動を展開してきました。

このことの真意は、同時代人にはなかなか理解されないことかもしれません。

同時代人に理解されないことの難しさは、吉田松陰先生然り、イエス・キリスト然り、ソクラテス然り。

私の友人たちに接していても、あるいは親族に接していても、そのことは痛切に感じます。それは友人なるが故の、身内なるが故の、厳しさなのかもしれません。もとよりそうした偉人の方々と比べるべくもありません。自らの説得力の弱さ、徳のなさではあります。

「何が正しいか」の判断は、きわめて難しいものがあります。

たとえば、アメリカ合衆国が北朝鮮を軍事攻撃する可能性は高いと思うのですが、このことが現実に起きた場合、その是非をめぐって、世論は沸騰するでありましょう。いわんや日本が直接被害を被る事態となっては。

しかし、確かに言えることは、戦争を嫌うあまり、軍事攻撃を躊躇することがあれば、そしてその状態が今後も続いて行くようであれば、唯一のスーパーパワーの地位をかろうじて保っているアメリカの威信は失墜し(つまり、誰も言うことを聞かなくなる)、やがて北朝鮮は、アメリカ大陸に届く核弾頭を積んだ大陸弾道ミサイルを完成させるであろうということです。そうなったら、もはやチェックメイトです。北朝鮮の核暴走は止められなくなり、アメリカが日本を守ってくれるという幻想は脆くも崩れ去るでありましょう。これは、いわゆる「吉田ドクトリン」―日本は、国防は最小限にしてアメリカを番犬代わりに使い、経済繁栄のみに専念すればよいという考え―の崩壊を意味するものでもあります。

一番よいシナリオは、アメリカの軍事攻撃も辞さない、という本気さに屈して、金正恩が政権を投げ出し、平和裡に北朝鮮が民主化することですが、なかなかそうはいかないでしょう。

となると、アメリカが北朝鮮を軍事攻撃し、完膚なきまで叩きのめす(すなわち短時日で圧勝する)ことによって金正恩体制が崩壊し、北朝鮮が民主化する、というシナリオが次善となります。ベトナム戦争のように泥沼化することは避けなければならないことは言うまでもありません。

単純に、戦争は悪で、(ただ争わないだけの)平和が善とは言い切れないところがあります。

戦争を忌避するあまり、より大きな悪を招来することもあることは、ナチスドイツのヨーロッパ各地への侵攻しかり、歴史上幾つも事例があります。

これは人類にとって厳しい選択ではありますが、より大きな真・愛・善の実現のために、必要なことでもあります。

信仰者としては、「人類を導き、見守っている神は、何を正義とされるか」ということを探究しつつ、活動することが必要でしょう。

77億人にならんとする地球人類は生き延び、さらに繁栄することが許されているのか、それとも過去何度も繰り返し起きていたように、文明の衰退・滅亡という現実を目の当たりにすることになるのか。

神は、それを人類自らが選び取って行く、「人類の選択」に委ねられたのだと思います。

願わくは、前者となることを願いつつ、今年もいっそう強く活動を推し進めたいと決意いたします。

新年からやや暗い、怖い話のように思われたかもしれませんが、苦難困難は、ただ苦しみのためにあるのではなく、それを乗り越える過程で得られる智慧と、乗り越えたあとに訪れる達成感、たとえ乗り越えられなかったとしても、真実一路に努力したことは、永遠の生命の中で、努力は決して裏切らないということを実感する充実感、こうしたものが得がたい幸福となるのだと信じます。

浅学菲才の身ではありますが、熱意だけは誰にも負けないと言いきれるようになりたいと願っております。

「全員幸福」の理想を目指して、日々、これ決戦。「一日一生」の心を大切に、精進いたします。

今年一年、皆様のご多幸とご発展を心より祈念いたします。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

私もかつては利己主義的に生きておりました。
決して自分さえよければいいとは思っておりませんでしたが、それでもしかし自分のことがかなり優先しておりました。

今振り返ってみれば、両親は非常に献身的な人たちでした。
高校時代、一晩で数十センチから1メートルも雪が降ることもざらにあるような山の村におりましたので、週末に実家に帰って下宿に戻る月曜日の早朝、6時半発の一番バスに乗らなければならない私がまだ起きてこないうちに、バス停までの道を雪かきして道をつけてくれるような父でした。母は誰よりも早く起きて、食事の用意をし、私の弁当も作って持たせてくれました。
それなりに感謝はしていたつもりですが、どちらかといえば親が子に尽くすのを当然のようにも思い、ほかのこと(主に経済面)で満たされないことばかりに思いが行き、不平不満を心に思うような、情けない息子でした。

そんな私が、幸福の科学に出会い、大川隆法総裁に出会い、その教えに出会ってから、与える愛の大切さに目覚めました。いままで私がしてきたことのほとんどは、「奪う愛」だったのだと気づかされました。そして、与える愛の大切さ、とりわけ献身の美しさを、両親は後ろ姿で示してくれていたのだと気づき、両親への感謝が深まりました。
父母だけではありません。祖父母、おじやおば、兄弟、いとこ、親族や近所の人々、職場の上司・同僚・後輩、学校の恩師、友人たち、地元・鳥越の方々、人生の途上で出会った数多の人々に、どれだけ与えられているのかということを知りました。
「奪う愛」をやめて、「与える愛」に生きたならば、こんなにも心穏やかに、すがすがしく生きられるものなのかと実感いたしました。

それでもこの世で生きている限り、これらと逆のことも心の中に去来することもあるのは事実です。特に、政治活動ともなれば意見が対立する人と接する機会も多いので心揺れ、心乱れることも数多くあります。励まし応援してくれる方もいらっしゃる一方で、激しい批判、非難を受けることもあります。
しかし、真理を知っているということは実にありがたいことです。
過ちに気づいたならば直ちに反省し、修正することができるのですから。また、心無い批判さえも、自分の至らなさを教えてくれる師だと思い、そこから学びを得ることもできます。
「真理は汝を自由にせん」というのは本当のことでした。

幼い子供が父母の愛を求めるのが当然のように、自己愛からスタートするのは仕方のないことでしょうが、人として、やがて成長し、多少なりとも社会にお返ししていこうと思うことが大切なのではないでしょうか。
さらに他者への愛に目覚め、さらに進んで社会への愛、国家への愛、世界への愛と、与える対象が広がってゆくのはすばらしいことではないでしょうか。
それは、自分ひとりだけの人生を生きるよりも、何倍も、何十倍も、何百倍も、人によっては何十万倍もの人生を生きることになるのではないでしょうか。

こうして、地球を理想郷、ユートピアにしていこうというのが幸福の科学グループの活動だと思うのです。その政治部門として、幸福実現党があります。

愛というのは、決して抽象的な、心の中の思いだけでなく、この地上においては、実行し、行動し、具体化することが常に求められると思うのです。
幸福実現党はまさしく政治的アプローチによって、国民、人類への愛を具体化していく部門であるといえましょう。

幸福の科学が目指すゴールが、「全人類の幸福」であるように、幸福実現党の目指すものも、「最大多数の最大幸福」を超えて、「全員幸福」なのです。
この永遠の理想に向けて、前進、前進、前進してまいりたいと思います。

561days left until June 30, 2019.


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

今はもう間も無く衆院選の公示日を迎えようとしている9日の深夜ですが、遅ればせながら6日に事務所開きをさせていただきました。

急遽決まった6日の午前中、という時間帯にもかかわらず約60名の方々が駆けつけてくださいました。

嘘やごまかし、まやかしが横行する現代の政治界ですが、いつまでもそのような状態が続くことを神仏が良しとされるわけがございません。

神仏の目から見て、清らかで勇断できる政治が求められます。

この身拙いながらも、「真実語」を語る政治家を目指して努力精進してまいります。

それにしても、街頭演説では北朝鮮クライシスに対する「憲法九条適用除外」と核装備を最重要課題として声高に叫んでいるにもかかわらず、報道される内容は「消費税の減税によって景気が上向く」的なことばかりなのは不思議です。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

27日、石川県庁にて、この度の衆院選出馬の記者会見を行ないました。
石川2区から立候補予定です。

8年間、一貫して訴えて来た国防強化、とりわけ北朝鮮の核暴走阻止を全力で訴えてまいります。

北朝鮮の核ミサイルをいかに抑止するかを争点としない総選挙はありえない。

疑惑隠し、争点ぼかしの自己都合解散、解散権の私物化。
自らの野望を実現するためだけの国政の私物化。
信念なくただただ自らの政治家という地位を守るためだけの離合集散。
そんなものは天も人も許さない。
そんな政治は終わりにしよう。
政治に正義を取り戻したい。

国政選は昨年の参院選以来通算4回目、衆院選は2009年以来2回目の挑戦です。
トンネルが貫通するまで山を打ち抜き続け、石が割れるまで槌を打ち込み続ける。

 


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

日本は古来より八百万の神々が在します「神国」、神の国でありました。
聖徳太子の時代、仏教を導入し、神道と融合し、世界に類を見ない素晴らしい文明を築いて来ました。
「宗教的寛容の精神」-これこそが、世界に誇るべき日本の素晴らしい精神性です。

戦後72年、経済的には繁栄して来た日本ですが、反面、失われた美点も数多くあります。

その一つが、神仏を敬う心、信仰心です。
現代日本において、「宗教」とか「信仰」とかいうと一笑に付されるような風潮が長く続いておりますが、それこそが、戦後日本の「負の遺産」と言えます。

もし、宗教や信仰などというものを認めないことを国是とするというならば、それはもはや唯物論国家であり(現在はかなりこれに近い状況と思われます)、中国や北朝鮮と本質的に変わらないということになります。
そうであるならば、中国や北朝鮮に支配されるような事態になっても仕方がない、ということになりかねません。

しかし、日本は先に述べた通り、本来極めて宗教性の高い国柄であり(天皇制が2千数百年間脈々と続いていること自体がその証明でもありましょう)、加えて「宗教的寛容の精神」を以って、世界の宗教に起因する紛争やテロを仲裁し融和させることができる可能性を持つほとんど唯一の国であると思うのです。

そういう意味で、日本は世界の希望の国であります。
諸宗教を融合し、融和させ、世界平和を実現するためにも、日本は世界のリーダーとならねばなりません。
そのような国が滅んだり衰退したりするようなことがあってはなりません。

世界に対してそのような責任を負う立場にあるならば衰退や滅亡ではなくむしろ「繁栄」することによって影響力を強くしていかなければなりません。

そのためにも、この国は守り抜かなければなりません。

宗教を悪と見るような風潮は断固として覆し、かつて仏教立国を成し遂げた聖徳太子以来の大改革を成し遂げること、それが「宗教立国」の真意であると思うのです。

今朝(8月9日)は、野々市市新庄にて辻立ちを致しました。
下記をクリックすると動画をご覧いただけます。
↓ ↓ ↓
20170809 野々市市新庄2丁目交差点にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

現今、宗教の置かれている立場は、極めてネガティヴです。
特に、新興宗教においては。

キリスト教文明とイスラム教文明の激突、イスラム国の問題、頻発するテロ、こうした世界を見る限り、宗教などない方が良いという考えが出てきても不思議ではありません。

しかし、だからと言って、宗教がこの地上からなくなったらどうなるのでしょうか?

唯物論に基づく人造国家がどのような悲惨な末路を辿るか。
旧ソ連、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国などの壮大な文明実験により明らかにされました。

「神も仏もあるもんか」という考え方の行き着くところは、結局のところ、「自分さえ良ければいい」という自己中心主義か、「今さえ良ければいい」という刹那主義、ほとんどの場合その両者ではないでしょうか。

その結果、「地上の楽園」と思いきや、「地上の地獄」が展開しております。
さらに自国内のみならず、近隣諸国、全世界をも巻き込んで地獄を広げようとしているかのように見えます。

素朴に、原点に帰って、「神仏が見ている。」という素朴ながら信仰の原点といってもいい視点を持てば、正直で、誠実な生き方ができます。

願わくは、正直で、誠実で、努力する人が報われ成功し、幸福になっていけますように。
そのような社会を実現したいものだと思います。
そのためにこそ、宗教は大切なものであり、また、必要なものでもあります。

宗教的には人々の心のケア、心の成長を図ると同時に、
政治的に、この世の仕組みそのものを変え、ユートピア、理想郷に近づけていく。
この努力の中に、宗教と政治が融合したあるべき姿が現れてくるのではないでしょうか。

現代の「常識」とはかけ離れているように見えるかもしれませんが、今こそ宗教の可能性に注目し、信頼し、未来を託すべきではないかと思います。

我々はその負託に答えられるだけの宗教政党でありたいと願い、日々努力精進してまいります。

今朝は、白山市徳丸交差点にて街頭演説をいたしました。
以下は、演説抜粋です。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

自民党も「安倍一強」と言われた時代は終わろうとしてます。安倍首相の後継者といっても、実際育ててないように見えます。厳しいですね。

一方、民進党は、他党さまのことながら、その凋落ぶりは目を覆うばかりです(都議選でも議席を減らして”落魄”ぶりが明らかですが何故かマスコミはこのことをあまり言いませんね)。

「都民ファースト」はかつての橋下氏のところのように、国政を狙うのでしょうか?でも国政に出るならば名前を変えなければいけませんね。もっとも、この人気も、東京オリンピックまで持つのでしょうか?

ではどこを選択すればいいのか?共産党も躍進?したようですが、この政党の本質的な恐ろしさを知らない人が多いようです。
もちろん、活動されている方の中には、本当に社会正義に燃えて、真面目に活動している方もおられます。
でも、根本の思想が間違っているのです。旧ソ連、中国、北朝鮮・・・。壮絶な文明実験をやっております。結果は明らかです。

ああ、でも、「幸福実現党」が新たな選択肢になるかというと、そう簡単にはいかないことは重々承知しております。

実際、政党名を出さずに、政策だけでアンケートを取ると、人気は高いです。
課題はズバリ、宗教のイメージ? 幸福実現党から受け取った挑戦状を検証!http://go2senkyo.com/articles/2016/12/20/27348.html/2
私も、自民党を長年支持してこられた方から、「政策はお前のところが一番いい」と言われたことがございます。

日本は古来より「神国」と呼ばれてきました。これを戦後72年で否定されてきましたが、それ以前から2700年以上この伝統は続いているのです。
これは決して時代錯誤な考えではありません。ギリシャの民主制も、信仰心を前提としております。通常、「神の声」が聞けぬ人間であるから、多くの人々が話し合い、良しとしたことが、神の御心に近いだろうという推定の元で成り立っているのです。
神を認めぬ民主主義は、全体主義となって、少数者を弾圧する可能性があります。

そうしたものからの防波堤としても、宗教政党・幸福実現党は存在の意義があると思うのです。

しかし、私もまだまだ勇気が足りません。
そうしたことを説得する智慧も足りません。
神の御心を地上に顕わし、人々を真の意味で幸福にしようという愛の心もまだまだ足りません。
熱意もまだまだです。

努力精進あるのみんです。

今朝は、白山市安養寺北交差点にて辻立ちをいたしました。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

あっという間に1月が去り、2月に入りました。
今年も残すところ11ヶ月となりました。
冗談ではなく、月日の経つのは本当に早いです。
私と同年代であれば、平均で残りの人生は1万日ほどです。
幸福実現は今年、立党8周年を迎えます。
この8年も早かった。
一日一日が黄金の時間です。悔いなきよう、一日一日を充実させて生きていきたいものです。

幸福実現党の立党の目的の一つに、「マルクスの共産党宣言を、永遠に葬り去る」ということがあります。
唯物論・無神論国家を、この地上から無くしたいということです。
200年近い文明実験の結果、どれほどの不幸をこの地上に撒き散らしたことか。
唯物論からは、人間の尊厳の根拠は出てきません。
人間が尊いのは、神仏に創られら、神仏の子だから。
唯物論勢力を、この地上から一掃し、真に幸福で、平和で豊かな世界を創造したい。
そう私たちは考えます。

これは私たちの独善的な考えではなく、普遍的な宗教思想に基づくものです。
「宗教があるから戦争が起こるんだ」という考えもあります。確かに現実世界を見れば、そう主張したくなるのもわからなくはありません。
しかし、だからと言って、宗教をこの地上から抹殺すれば、この地上を唯物論が覆い、悲惨な世界が展開することになります。

この日本においても、実際のところ、唯物論・無神論が非常に強くなっています。

しかし、物質的な繁栄だけが全てでしょうか?
この世の命だけが尊いのでしょうか?

私たちは、日本の、そして世界の繁栄を願うものでありますが、物質的な繁栄だけではなく、物心両面における繁栄を目指します。
人はいずれこの地上を去っていく存在ですが、「この世とあの世を貫く幸福」を実現したいのです。
せっかく縁あって地上に生まれてきたのですから、全ての人に、地上の数十年の人生を、最も価値あり、最大限に尊いものとし、後世の人々に、最大の遺物として遺していだだきたいものだと願います。

そして、アメリカのトランプ 新大統領が「アメリカ・ファースト」を標榜するように、私たちも「ジャパン・ファースト」を掲げたいと思います。
それは決して独善的なものでなく、国粋的なものでもなく、日本が真に自立し、繁栄する国家になり、他の貧しい国々に対しても、単なるお金の援助だけではなく、どうすれば豊かになるのかを教えられる、そのお手本となりたいと願っているのです。
単に魚を与えるのではなく、魚の釣り方をお教えすることが大事だと思っているのです。

「自主独立」「自助努力」「忍耐」「根性」など、古臭い価値観に聞こえるかもしれませんが、成功し幸福になっていくための普遍的な価値観だと思うのです。

2/1〜2/3、野々市市、白山市で辻立ちをいたしました。
下記をクリックすると動画をご覧いただけます。
↓ ↓ ↓
2017年2月3日 白山市徳丸交差点にて。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。