Posts Tagged ‘安住財務相’

安住淳財務相は12日、経団連会館で経団連の米倉弘昌会長と会談し、「来年には必ず消費税の法案を税と社会保障の一体改革とあわせて(通常国会に)出す」と語り、平成24年度の税制改正で消費税率の引き上げを目指す考えを示した。安住財務相は「少子高齢化に直面する日本が今後も直接税に依存していくのはもう無理」と表明。「消費税を国民の皆さんにお願いするしか道はない」と語った。米倉会長は「大いにやってほしい」と賛意を示し、双方は財政健全化の重要性で一致した。

消費税法案提出に意欲 安住財務相「来年必ず」 – MSN産経ニュース

本気で日本を滅ぼすつもりか!と怒りを禁じえない。

経団連会長まで「大いにやってほしい」とは、何を考えているのか!

野田首相も安住財務相も財務官僚の振り付け通り踊らされているが、

財務官僚の頭にあるのは、「初めに増税ありき」であり、「最後まで、増税ありき」なのである。

これ以外の結論など、持っていまい。

例えば、何らかの理由で、景気が奇跡的に回復し、GDPも2倍、税収が2倍になったとしよう。

「では必要な財源が確保されましたから、税率は半分に減らしましょう」とは決して言うまい。

それは、反捕鯨団体が、クジラが日本近海に満ち溢れたとしても、決して捕鯨を容認しないようなものである。

それでなくても震災復興が進んでいない中、

「大いに増税」なんぞやった日には、日本は二度と立ち直れなくなってしまうかもしれない。

米倉会長は、将来世代にどのような負担がのしかかってくるか、本当に分かっていっているのか。

もはや、老害と言われても仕方がない。速やかに引退をお勧めする。

10月9日、幸福の科学グループ大川隆法総裁は、講演『繁栄思考』のなかで、

「関東大震災後に増税をかけたか。また、第2次大戦後の復興時に増税をしたか。国民が苦しんでいるときに増税などできない」

と喝破された。全くその通りである。

心優しい国民の皆さまは、

「痛みを分かち合おう」という一見美しい言葉に増税を受け入れようと思うかもしれない。

しかし待ってほしい。

溺れている人を救う最善の方法は、自分も水の中に飛び込んで救うのではなく、

ロープなどを投げて、それにつかまらせることである。

自ら飛び込むのは最後の手段であり、よほどの達人でも一緒に溺れてしまう確率が高いからである。

いま、増税に甘んじてしまうことは、

自分も一緒に溺れてしまうことを意味する。

「将来世代に負担を先送り云々」は詭弁である。

政府の赤字を、国民の赤字にすり替えるな!

重要な復興のとき、

政府の赤字など、この際どれだけ増えたって構わない。

苦しんでいる被災地の救済、そして復興こそ最優先されるべきである。

政府が赤字で倒産したところで、また別の政府を立てればよいのだ。

徳川幕府が倒産しても、ちゃんと明治政府ができたではないか。

国民の皆さん、この国を大事に思うならば、絶対に増税に甘んじてはならない!

財政出動、20兆円から70兆円ぐらいの復興債発行、そして日銀による引き受けで財源は確保できます。

「少子高齢化に直面する日本が今後も直接税に依存していくのはもう無理」

「消費税を国民の皆さんにお願いするしか道はない」等とのたまう、

企業家精神のかけらもない財務大臣の戯言など、信じてはいけません。

「この国の繁栄は、絶対に揺るがない」と、国師・大川隆法が明言しているのです。

アメリカも、EUも、経済危機に入ろうとしているとき、

日本が牽引車とならずしてどうするのか。

日本は、世界のリーダーとして、世界の繁栄と平和を導く責務がある。

これこそが、日本の使命である。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

国会論戦で、被災者より公務員宿舎なのか、という議論が出てきて、民主党内からも反発が出てきた。野田佳彦総理は、10月3日、わずか10分間程度のパフォーマンス的な現場視察を行った後、5年間、事業の凍結を安住財務相に指示した。
 ブレる野田総理に対して政治的な批判があるが、今回の「凍結」というのは「中止」ではない。本来ならば、巨額の復興財源が求められる中で、公務員宿舎の建設計画は中止し、出来る限り国有財産を売却して、復興財源にあてるのが筋だ。今回の結論は単に「凍結」して先送りしただけにすぎない。

公務員宿舎の経済学 国有財産は売って借りるが基本|高橋洋一の俗論を撃つ!|ダイヤモンド・オンライン

安住財務相は、宿舎「凍結」であり、廃止・集約で15%削減できると主張している。

高橋氏は、2010.12に公表された財務省の「国有財産行政におけるPRE戦略について」を取り上げ、国有財産は手放さず、その活用を考える、という。
同氏は、それに対する反論として、国有財産は売却して、民間所有にした方がよい、なぜなら民間は最大利用を考えるから。法人税収も増える、というもの。
公務員宿舎が国有である必要はなく、必要ならば民間から借りればよい、家賃補助をしても、不動産売却しておつりがくる、という。
さらに、公務員宿舎は国有がいいというロジックは、資本主義下の私有財産の否定につながる、と警告し、
財務省が国有地を所有したがるのは、組織維持のためとしか思えない、と述べている。

政府の財政赤字は900兆円と言いわれつつ、資産の部は明らかにされない。
資産の部は、国有地その他を含めれば数百兆円あるともいわれている。
財政再建を叫ぶならば、増税などではなく、まずは売却できる資産などを売却するなどするのが筋だろう。

官僚には、基本的には企業家精神はないと考えた方が良い(まれに、そのような才能に恵まれている官僚もいるだろうが)。
資産を更なる富に変える方法は、わからないと見た方が良い。
ならば、企業家精神に溢れる民間に委ねて、新たな富を創出してもらえば、売却益も入るし、法人税、固定資産税などの税収も増える。新たな雇用が創出されれば当然、所得税収も増える。
なにより、私は、政府・官僚のこうした発想に、国家社会主義への萌芽を見てしまう。

基本的に、官僚的発想は、国家社会主義と親和性が高いと考えられる。
財務官僚が国有地を保有したがることが私有財産の否定につながるという指摘は決して大袈裟ではない。

野田首相は、松下政経塾出身であるにもかかわらず、松下幸之助翁の「自由と繁栄」の精神と「無税国家論」の理想を捨て、財務官僚の振り付け通りの増税路線を推し進めることは、この国を国家社会主義へと推し進めることに他ならず、野田首相に関しては、「保守」との期待値が高いにかかわらず、国家社会主義的方向へと進んでしまうのは、民主党の本質的に持つ痼疾に他ならない。

野田首相は、民主党そのものが国難の源であるという事実、そして真の「民主の敵」は民主党そのものであるという冷厳な事実を、正しく認識していただきたい。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。