Posts Tagged ‘大川隆法’

こんにちは!みやもとさとしです。

震災を機に、増税に持っていこうとする勢力に対しては、何とかして阻止したいと思います。

それは、大げさではなく、この国の自由と繁栄をかけた闘いだからです。

以下、幸福実現党名誉総裁・大川隆法総裁著『震災復興への道―日本復活の未来ビジョン』より引用いたします。

もう一つ、政府がやるべきことは、財政出動です。

景気調整の方法としては、日銀を中心とする金融政策、つまり、市場に流通している資金量を調整するやり方と、もう一つは、財政出動といって、いろいろなところに政府予算を出動するやり方とがありますが、今は、この財政出動が必要なのです。

民主党政権は、ケチケチ運動から始まっていて、「財政出動が、いかに要らないか」ということを言い続けてきたため、このマインドを変えるのは実際には難しいだろうと思います。

国の借金を減らすことばかりを考えていたところ、“運よく”震災が起きたので、「これで、増税ができる。今なら、国民は臨時増税を呑むのではないか」などと考えている可能性が極めて高いのです。

自民党のほうにも、今、同じような動きが出ています。自民党にも増税論者がけっこういるので、「震災増税ならば国民も聞いてくれるのではないか」と考え、「震災対策に充てる」と称して、震災を受けていない人に増税をかけそうな雰囲気を感じます。

しかし、本当に、これ以上の経済音痴はありません。まさに、「経済音痴、ここに極まれり」で、もはや経済学など、なきに等しい考え方です。

日本経済への影響について、今のところ、「今回の震災のダメージは、GDPベースで、マイナス一パーセント分ぐらいに相当する」と言われていますが、いずれそれ以上の規模に被害が拡大し、今、増税をすれば、さらにダメージが大きくなるかもしれません。不況期に増税をかけたら、もっと不況が進むのは分かっていることなのです。

「不況期に震災が来て、ここで増税をかけたらどうなるか」といえば、企業活動はさらに停滞し、消費活動も停滞して、もっと景気が悪くなっていきます。

これでは駄目なのです。もし、火事場泥棒風に、ここで増税をかけようと考えるようなら、その“悪代官”のクビをはねなければいけません。「東日本復興目的税」などと称して、たくさん税金を取ろうとするようなら、もう辞めてもらわなければいけないと思います。

    (『震災復興への道』第1章 震災復興への道/3 「常勝思考」で大胆に日本をつくり変えよ/「震災増税」は、さらに景気を悪化させる より)

政府も野党も、震災復興の財源に、増税しか思いつかない発想の貧困さに、クラクラと眩暈がしそうです。
「今は増税すべきではない」と言っている人も、復興債を発行して、償還のためには増税やむなし、と思っているようです。

増税したくてしたくてしょうがない、一部の人にとっては、震災が”絶好のチャンス”と捉えているのでしょう。

「痛みを分け合おう」と思う志は尊いと思いますが、それを口実に増税に誘導しようとする”洗脳”圧力には十分注意しなければいけません。

震災復興への道―日本復活の未来ビジョン

震災復興への道―日本復活の未来ビジョン


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

国師・大川隆法師の最新刊、『未来への国家戦略』が間もなく発刊されます。
いち早く手にすることができたので、早速目を通しました。

第1章 「国難パート2」に備えよ(6/3、東京都・白銀精舎にて)
第2章 富国創造に向けて(6/5、栃木県・総本山 正心館)
第3章 景気回復の指針(6/20、宮城県・仙台支部精舎)
第4章 国家社会主義への警告(6/22、東京都・東京正心館)
そして第5章 未来への国家戦略(7/4、神奈川県・横浜アリーナ)

ほぼ1カ月の間の、5回の講演からなっています。
そしてその1ヶ月後には、書籍となって製本されて、書店の店頭に並ぶという、
簡単に言いますが、驚くべきスピードです。

さらに驚くべきは、大川総裁は、この1ヶ月間に、上記の5回のみならず、毎日のように、講演をされたり、霊言を収録されたりしていた、ということです。

超人的な仕事量です。
大川隆法総裁をして、ここまで突き動かしているものはなんでしょうか。
それは、「使命感」と言ってもよいでしょう。

自らを「憂国の士」であると言い、「国師」を名乗っておられるその願いは、
「ただ、ただ、この国の『光』でありたい。世界を照らす『太陽』でありたい。そう願うのみである」(まえがき)という言葉に表れています。

本書で述べられている論点は、多々ありますが、私なりに重要だと感じたところを3点ほどあげるとするならば、

①この国が、国家社会主義に向かっていることへの、強力なアンチテーゼであること。
②信教の自由なくして、基本的人権の根拠なし(神仏の子としての尊さが、人間の尊厳の本質)。
③日本は、リーダー国家となって、世界を平和と繁栄に導く使命があるということ。

何にもまして、本書は情熱の書です。

党派も、宗派も、主義主張も超えて、すべての国民に一読を薦める書です。
100804_223501


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

石川県羽咋市にある、幸福の科学北陸正心館の玄関先には、大きな鉢に蓮が植わっています。
その蓮が、ようやく花開きました。

えもいわれぬ美しい花弁を見ていると、とてもこの世のものとは思われません。
一瞬、霊天上界にいるかのような錯覚にとらわれましたが、わたしたちが生きている世界は、紛れもない、この世の現実社会。

幸福の科学グループ総裁・幸福実現党名誉総裁、大川隆法先生の著書『信仰のすすめ』には、次のように説かれています。

「この世というものは、なかなか、人々の思うようにならないものですし、善を目指しているものであっても、結果的に、全体をまとめることはできないこともあります。

戦争をなくすために、選挙という制度も編み出されましたが、選挙で決められないものも、どうしても出てきます。選挙や、会議による合議などでは決められないものが出てきて、どうしても衝突は起きてくることがあります。それもまた世の常ではあるでしょう。

このように、この世のなかを見渡してみると、不幸の種はあちこちにたくさんあるので、『これを取り除かないかぎり、幸福になれない』という考え方をし、不幸の種を完全に取り除いて極楽浄土の姿をこの世に下ろそうとしても、それは極めて極めて難しいことです。

しかしながら、『この世という世界は、そういうものである。この世には、闘争や破壊、憎しみ、嫉妬、恨み、怒り、狂気の世界がたくさんある。また、この世は弱肉強食の世界でもある。この世は、生きていくのがなかなか難しい世界なのだ』ということを認めつつも、それはそれとして、逆に、そのなかで、この世に自分たちが生まれた意義、生きている意味を見いだすことが、非常に大事なことなのです。

仏法では、これを『泥中の蓮華の花』にたとえています。

蓮華の花が咲いている沼や池を見たことのある人も多いと思いますが、そこは、どこも泥沼や泥池です。咲いている蓮の茎の下にあるのは、白い砂利を敷き詰めてある、澄みきった、きれいな池などではありません。下は泥です。泥んこです。この泥は、どう扱っても、誰もが『汚い』と言います。不潔で臭いものです。

こんななかからスッと茎を伸ばして水面に咲いた蓮の花には、白い花や赤い花など、いろいろな種類がありますが、この一輪咲いた花を見れば、まるで天国か極楽浄土のようにも見えます。そんな花が咲きます。

昔から、蓮の花は、そういう泥沼や、物がたくさん捨てられる、ごみためのような所などに咲くのですが、そんな汚い所から清らかな花が咲いてくるということに仏教者は憧れて生きたのです。」
                    (大川隆法『信仰のすすめ』第1章 泥中の花 より)

泥沼のなかにあっても、蓮の花のように、美しい花を咲かせて生きるというのは、人生の理想の一つでありましょう。

しかし、泥沼のような現実社会を、泥沼のままでよしとする言い訳に使ってはならないと思います。

泥沼のような現実社会を、少しでもきれいな池に変えていこうと努力することが、その人にとっての、一輪の蓮の花を咲かせる行為となっている、そういう役割、使命を帯びた人々もいるはずです。

心の世界の平和・幸福を実現しようと努力することと、現実社会を少しでも極楽浄土に近づけていこうと努力すること、前者は宗教的活動の本質であり、後者を政治活動の本質とするならば、宗教と政治とが共に手を携えて、努力していくことで、最高の幸福社会の実現へと近づいていくのではないかと思います。
100803_134101
100803_134001


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

間もなく書店に並ぶであろう、大川隆法著『民主党亡国論』。

衝撃の内容です。

内容には触れますまい。ぜひ、直接手にとって、お読みになることをお勧めいたします。

金丸信、大久保利通、チャーチルの霊言によって構成されている本書は、本年4月16日、幸福の科学総合本部にて、質問者との対話形式で、公開収録されたものです。

『松下幸之助・日本を叱る』『龍馬降臨』『西郷隆盛・日本人への警告』『一喝!吉田松陰』『勝海舟の一刀両断!』『世界紛争の真実―ミカエルVS.ムハンマド』などの霊言に加え、『エクソシスト入門』『「宇宙の法」入門』『危機に立つ日本』など、大川隆法師の著書は、今年に入ってすでに10冊を超えています。

さらにランダムに挙げてみるだけでも、福沢諭吉、二宮尊徳、丸山眞男VS.岸信介、マルクス、毛沢東、高橋是清、田中角栄、土光敏夫、ハイエク、ドラッカー、ケインズ、シュンペーター、上杉鷹山マッカーサー、鳩山一郎、吉田茂、山本五十六などの霊言も収録済みで、それらを収めた著書も続々発刊が予定されています。


これだけ出ると、どの本がどんな内容だったか、すでにわからなくなっているのですが、これらは、まぎれもなく、あの世という世界があり、死後も個性を持った魂が、霊として生きているということを証明するために、矢継ぎ早に出しているという面があると思います。


これだけの量の本を、これだけの内容で、これだけのスピードで出し続けられるということ自体が、尋常ではないということに、多くの方々に気づいていただきたいと思います。

ただ、それだけではなく、その内容は、外交・経済・教育など、大変重要かつ、この国の未来を考えるについて、示唆に富むものです。


混迷する日本、危機に立つ日本、最大の国難に直面している日本。

この時に際して、いかになすべきかが、維新の志士、近・現代を拓いたリーダーたちによって、また、残念ながら、天国に還れなかった霊たちの言葉によっても(多くの場合反面教師として学ぶべき)語られています。

明らかに、生前の思いと行い、どのような思想を持ち、それを発表したか、あるいはどのような行為をなしたか、それが世の中にどのような影響を与えたか、その内容によって、死後どのような世界に還るのか、天国・地獄が分かれて来るということです。


もはや、この世の視点だけでは、あるいは従来の宗教・道徳・倫理だけでは、是非善悪が測れなくなってきています。

その意味で、宗教政党として、新しい世界宗教である幸福の科学が母体となって、幸福実現党が立党されたということは、時代の要請でもあると言えましょう。

わたしたちは、単に右か左か、という水平的な観点からだけでなく、天国・地獄という垂直的な観点からも、この国のあるべき姿、また世界のあるべき未来を考えている、ということを理解していただければ幸いです。


100501_155801-1


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

本日は、幸福の科学金沢南支部にて、幸福実現党創立者である、大川隆法幸福の科学グループ創始者兼総裁による「『危機に立つ日本』講義」を拝聴させていただきました(全国に衛星中継)。

財政赤字の問題、不況の問題、外交の問題、まさに昨年、幸福実現党が警告を発した国難が、現実のものとなっています。

これらを解決するための、様々な示唆にあふれる内容でした。

私たちは、今夏の参院選の勝利を目指しておりますが、単に議席を得たいと言うだけではなく、10年~30年、いや、国家百年の大計に立ち、責任を以って日本と地球の未来を拓くという志と気概を持っております。

その実現のために、力を尽くし、訴えてまいりたいと思います。

本書のあとがきには、こう書かれています。

「国師・大川隆法、何者をも恐れることなく、『危機に立つ日本』を警告する。心ある者よ、真実の叫びというものは、実に実に強いものなのだ。真実は死なない。真実は絶対に死なない。

この世に希望というものがある限り、そして永遠なる真理が続く限り、勇者とは、ただ一人にても吼え続けるものなのだ。」

私の最も感動した言葉の一つです。

日本をすばらしい国にしたいと願っておられる方にぜひ、ご一読をお勧めいたします。

100418_194701

また、大川隆法総裁の最新刊『世界紛争の真実―ミカエルVS.ムハンマド』も発刊になりました。

これは、大川総裁を通して、ミカエルとムハンマドが降ろした霊言を収録したものです。

俄かには信じがたいと言われる方も多いかと思いますが、ぜひ、ご一読いただきたい内容です。

世界はいま、キリスト教文明とイスラム教文明とが激突していますが、その真相に迫ることで、解決へと一歩近づくことができます。

反目している2つの世界宗教を融和させ、この地球を、愛と美と調和の星に変えていくことも、幸福の科学および、幸福実現党の使命であると考えます。

その道は遠く険しいとはいえ、一歩一歩、歩んでまいりたいと思います。

100418_194801


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。