Posts Tagged ‘増税阻止’

幸福実現党より、ついき党首名で、「消費増税に関する3党合意を受けて」という声明文がリリースされました。
http://www.hr-party.jp/new/2012/25825.html

内容は、わが党がかねてから訴えていることですが、

  • デフレ下での消費増税→更なる景気悪化→税収減、となる。
  • 増税で国民から収奪し、再配分→官の肥大化、非効率な経済財政運営→政府債務の急激な累増をもたらす=これこそが、「ギリシャ化」である。
  • 財政再建に真に必要なのは、高い経済成長によってもたらされる税収増。そのためには、金融緩和と実効ある成長戦略である。
  • 納税者である国民に信を問うことなく、与野党挙げて消費増税に邁進する姿は、課税権の濫用であり、議会制民主主義の否定である。

付け加えるならば、大天災などがあった後は、普通は年貢を軽減するものですが、東北の大震災の傷も癒えぬ時期に増税するとは、愚策の極みという以上に、罪悪の極みでしょう。

マニフェスト違反の民主党は詐欺罪にも相当すると思いますし、自民党も自分たちが政権を奪還した後に増税するのは嫌なので、民主党政権時に増税してしまった方が得だという思惑が見え隠れします。

加えて、この時期を見計らったような、民主党の小沢元代表の離婚騒動、小沢ガールズの不倫騒動など、反増税勢力へのけん制とも見えるマスコミ報道。

「民意」を無視して、政治家、官僚、マスコミが一致団結して増税路線を驀進しているように見えます。

「日本亡国」!増税はまさしく亡国への道であることを、強く訴え続けてまいります。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

岡田副総理は23日夜、日本テレビの「NEWS ZERO」に出演し、年金制度の抜本改革を実現するためには、消費税率を15年に10%に引き上げた後に、さらに税率を引き上げる必要があるとの認識を示した。

岡田副総理「2015年以降、今の年金制度でも追加的な財源は必要になる。我々の制度は、それよりもさらに上乗せして、必要になる。2015年の消費税率5%アップだけで、ずっと賄えるということには、今の制度を前提にしてもなっていないということ」

副総理「年金改革には消費税10%超必要」 | 日テレNEWS24

この人は一体何を考えているのか。

この人に限らず、野田総理、総理以下の閣僚、また彼らやマスコミまで操る財務官僚(ここが本丸だろうが)は、一体日本をどうしたいのか。

語るに落ちたというべきか、もともと隠すつもりなどない、国家社会主義者なのか。

野田首相が言うように、「肩車」で支えるなら、単純に考えれば消費税50%になる。

まったく、増税したら大変なことになる、というのは、増税してみなければわからないのだろうか。

既に消費税導入後、20数兆円も税収が減り続けているにもかかわらず、全く歴史から学ぼうとせず、それを他の要因のせいにし続けるつもりだろうか。

「足りないから取る」というのは、どう考えても悪代官の発想ではないだろうか。

経済成長させて税収を増やそうという発想が全くない、というべきか、そんなことはもはや日本においては不可能と考えているのか。

それは自らのイマジネーションの貧困さを告白するようなものではないだろうか。
あるいは悲観的な未来をイメージする力だけが抜群に優れているのかもしれない。

日本を、社会主義国家にしないためにも、増税は何としても阻止しなければならない。
また、増税を推し進める内閣ならば、倒閣しなければならない。

真の自由こそが、繁栄を生むのだ。

日本悲観論が蔓延しているが、大国・日本は、世界経済を救うだけのポテンシャルを持っている。

それだけの大きな使命を、日本は担っているのだ。

そのことが見える者だけが、日本と世界の未来に対して、責任を負えるのだ。

私たちには、その準備ができている。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。