Posts Tagged ‘基幹産業’

いよいよ参院選公示となりました。
これから17日間の選挙戦が始まります。
2009年、衆院選に石川2区から立候補させていただいてから4年の歳月が流れました。
この間、亀のごとくではあったかもしれませんが、自分なりに精いっぱい前進してきたつもりです。

志は全く変わっておりません。
愛する家族、友人たち、同胞を守りたい。
愛する人々が住まう日本を守りたい。
そして、愛する日本を、世界に誇れるような、すばらしい国にしたい。
みんなが、「日本に生まれて、本当によかった」と思えるような国にしたい。
その一心です。

国防の危機はますます強まり、核兵器や弾道ミサイルで周辺国を脅すような、全体主義国家・軍事独裁国家の脅威が迫っております。
これに加え、経済面も、一見、アベノミクスで景気回復しそうにも見えますが、消費税増税が控え、原発も再稼働の道筋ははっきり見えず、まだまだ不安です。
まさに内憂・外患満載の、未曾有の「国難」に直面している状況は、4年前と全く変わっておりません。いや、ますます強くなっているというべきでしょう。

憲法改正、とりわけ9条の改正は、我が国が主権国家として存続する意志があるならば、避けて通れない課題です。
我が国は、自らの国を、自らで守る覚悟があるか否か。これが問われていると思います。
その覚悟なくば、全体主義国家の隷属下に置かれるのも止むなし、ということになります。
少なくとも、日本国憲法の前文にある、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」できない国に対しては、憲法9条の適用を除外するということを、法制化すべきでしょう。
これは、決して戦争をするためではなく、戦争を抑止し、他国に悪を犯させないために、どうしても必要なことと考えるからです。

また、消費税増税は、デフレ脱却を目指し、金融緩和等を進めているアベノミクスとは矛盾します。せっかく回復しかけた景気が、また悪くなります。
年金暮らしの高齢者も、自営業等の経営者も、もちろん、消費者の皆様も、みんなが困る消費税増税、国民を苦しめる添加の悪法と言っても過言ではありません。
なんとしても阻止しなければなりません。
むしろ減税と規制緩和によって、もっと消費を拡大すること、さらに世界経済を牽引するような基幹産業を立ち上げるべく、100兆円規模の投資をすること。こうしたことが必要と考えます。

日本を守り、さらに繁栄させるために、やるべきことは数多いですが、まず上記2点は、どうしても急がなければならない、最重要の争点だと思います。

日本は、これから決して下り坂を降りていくのではありません。
まだまだ登っていかなければなりません。
世界平和のためにも、日本はがんばらなければなりません。
「下山の思想」などというのは、怠け者の思想であり、無責任であると一蹴しなければなりません。
三千年にわたって私たちの祖先が築き上げてきたすばらしい国、日本をさらに強く、豊かにし、次代に引きついていくのが私たちの世代の責務だと思います。

4年前の衆院選立候補時より、既にこの身はこの国に捧げております。
畳の上で死のうとは思っておりません。
日本のために、そして愛するふるさと石川のために、不惜身命、精進してまいります。

皆様の一層のご支援を、心からお願い申し上げます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

【6月20日 AFP】(写真追加)欧州航空防衛大手EADS(European Aeronautic Defence and Space Company)は19日、パリ―東京間を2時間半で結ぶゼロ・エミッション(二酸化炭素排出量ゼロ)の超音速ロケット旅客機「Zehst(Zero Emission Hypersonic Transportation)」を日本と共同開発中であることを明らかにした。

パリ―東京が2時間半、ゼロ・エミッションの超音速旅客機開発中 写真5枚 国際ニュース : AFPBB News

すばらしい!

スーパーコンピュータに続いて、
航空機分野でも、日本の世界最高峰の技術力を活かす時。

いまや航空機は、日本の技術力なくして作れなくなっているといっても過言ではありません。
ボーイング787の機体の35%は、三菱重工、川崎重工、富士重工、新明和工業などの日本企業の技術で出来上がっていますし、
エアバス社のA380の製造にも、横河電機、ブリヂストンなど、日本企業20社が参加しています。

これを機に、航空産業を、日本の基幹産業にしたいものですね。

ただ、2020年までに試作機、2050年ごろ運用開始は、ちょっと遅すぎはしませんかね?

アメリカはケネディ大統領が “we choose to  go  to the moon.”と宣言してから(たびたび引用して済みませんが)10年も経ずして人類を月に送り込みました。

国家にビジョンと意志とリーダーシップがあれば、2020年ごろまでに運用開始できるのではないでしょうか?

リニアモーターカーもそうですが、
現代においては、時間を縮めるものはすべて、
大きな付加価値、すなわち富を生むものです。

自動車産業以上に、すそ野が広い産業と思われますので、
「日本の繁栄は絶対に揺るがない」という強い意志の下で、
ぜひ、基幹産業としての航空産業を興していきたいものです。

余談ながら、このAFP(L’Agence France-Presse)通信、ロイター、中央日報といった海外メディアは、この超音速ロケット旅客機を
「日本と共同開発中」と報じているのに、
不思議なことにネットで見る限り、読売ONLINE、日経電子版、時事ドットコム、Sankei Biz、日テレNEWS24、47NEWSなど、
国内メディアは一言も「日本と共同開発」という文字が入っていないのです。

これは何か意味があるのでしょうか???


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。