Posts Tagged ‘国師’

消費増税法案可決のことである。

わが石川県選出の7人の代議士は、民主党も自民党も、全員賛成票を投じたようである。

まことに情けない。

今回賛成票を投じた人々は、
どのように言い逃れしようとも、
どのような理屈を展開しようとも、
どのように自己弁護しようとも、
日本の経済をさらに衰退させようとしたのであり、
日本国を滅亡させようとしたのであり、
その罪は重大である。

このことは、今すぐには結果が出ないため、
信じがたいことであろうが、
やがて明らかになるであろう。

私はむしろ彼らを憐れに思う。
真理を分からず、重い立場と責任を負ってしまったばかりに、
誤った判断をしてしまったのだ。

しかし、その結果、国民を大変な苦しみを味わわせることになるのならば、
その責めは負わなければならない。

いまからでも遅くはない。
人は、過ちを犯しても、反省し悔い改めることにより、その罪は消える。
「反省」は、神仏から与えられた慈悲でもある。
素直に、謙虚に、国師の声に耳を傾けるべきである。

そして、日本に「導きの光」がある限り、
それを信じる人が増え続けている限り、
それでも、「日本の繁栄は絶対に揺るがない」。
そう宣言するものである。

過てる価値観が一掃されたあかつきには、
再び不死鳥の如く甦るであろう。
しかしその間、国民はしばし塗炭の苦しみを味わわねばならない。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

国師・大川隆法師の最新刊、『未来への国家戦略』が間もなく発刊されます。
いち早く手にすることができたので、早速目を通しました。

第1章 「国難パート2」に備えよ(6/3、東京都・白銀精舎にて)
第2章 富国創造に向けて(6/5、栃木県・総本山 正心館)
第3章 景気回復の指針(6/20、宮城県・仙台支部精舎)
第4章 国家社会主義への警告(6/22、東京都・東京正心館)
そして第5章 未来への国家戦略(7/4、神奈川県・横浜アリーナ)

ほぼ1カ月の間の、5回の講演からなっています。
そしてその1ヶ月後には、書籍となって製本されて、書店の店頭に並ぶという、
簡単に言いますが、驚くべきスピードです。

さらに驚くべきは、大川総裁は、この1ヶ月間に、上記の5回のみならず、毎日のように、講演をされたり、霊言を収録されたりしていた、ということです。

超人的な仕事量です。
大川隆法総裁をして、ここまで突き動かしているものはなんでしょうか。
それは、「使命感」と言ってもよいでしょう。

自らを「憂国の士」であると言い、「国師」を名乗っておられるその願いは、
「ただ、ただ、この国の『光』でありたい。世界を照らす『太陽』でありたい。そう願うのみである」(まえがき)という言葉に表れています。

本書で述べられている論点は、多々ありますが、私なりに重要だと感じたところを3点ほどあげるとするならば、

①この国が、国家社会主義に向かっていることへの、強力なアンチテーゼであること。
②信教の自由なくして、基本的人権の根拠なし(神仏の子としての尊さが、人間の尊厳の本質)。
③日本は、リーダー国家となって、世界を平和と繁栄に導く使命があるということ。

何にもまして、本書は情熱の書です。

党派も、宗派も、主義主張も超えて、すべての国民に一読を薦める書です。
100804_223501


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

100520_151601

「賽は投げられた」。ただひたすらにルビコンを渡れ。(本書あとがきより)

国師・大川隆法総裁(幸福実現党名誉総裁)の決意表明の書でもあります。

なぜ、宗教が政治に進出するのか?

宗教とは何なのか?

宗教家に政治ができるのか?

政教分離をどう考えるのか?

こうした疑問に答えている書でもあります。

私は、宗教も、政治も、

方法論や活動原理は違っても、

「この地上から不幸を一掃する」「幸福を実現する」という目的を同じくするものであり、

きわめて創造的な仕事だと思います。

その意味で、宗教家も政治家も尊敬されるような社会でなければならないと思います。

宗教が裏側に押し込められ、政治もまた不信感を持って見られている現代において、

これを実現することはある意味、革命的であります。

困難なことの方がはるかに多いでしょう。

しかし、「賽は投げられた」のです。

「未来よ、開けよ」。ただただ、そう念じて、努力精進してまいりたいと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

本日は、幸福の科学金沢南支部にて、幸福実現党創立者である、大川隆法幸福の科学グループ創始者兼総裁による「『危機に立つ日本』講義」を拝聴させていただきました(全国に衛星中継)。

財政赤字の問題、不況の問題、外交の問題、まさに昨年、幸福実現党が警告を発した国難が、現実のものとなっています。

これらを解決するための、様々な示唆にあふれる内容でした。

私たちは、今夏の参院選の勝利を目指しておりますが、単に議席を得たいと言うだけではなく、10年~30年、いや、国家百年の大計に立ち、責任を以って日本と地球の未来を拓くという志と気概を持っております。

その実現のために、力を尽くし、訴えてまいりたいと思います。

本書のあとがきには、こう書かれています。

「国師・大川隆法、何者をも恐れることなく、『危機に立つ日本』を警告する。心ある者よ、真実の叫びというものは、実に実に強いものなのだ。真実は死なない。真実は絶対に死なない。

この世に希望というものがある限り、そして永遠なる真理が続く限り、勇者とは、ただ一人にても吼え続けるものなのだ。」

私の最も感動した言葉の一つです。

日本をすばらしい国にしたいと願っておられる方にぜひ、ご一読をお勧めいたします。

100418_194701

また、大川隆法総裁の最新刊『世界紛争の真実―ミカエルVS.ムハンマド』も発刊になりました。

これは、大川総裁を通して、ミカエルとムハンマドが降ろした霊言を収録したものです。

俄かには信じがたいと言われる方も多いかと思いますが、ぜひ、ご一読いただきたい内容です。

世界はいま、キリスト教文明とイスラム教文明とが激突していますが、その真相に迫ることで、解決へと一歩近づくことができます。

反目している2つの世界宗教を融和させ、この地球を、愛と美と調和の星に変えていくことも、幸福の科学および、幸福実現党の使命であると考えます。

その道は遠く険しいとはいえ、一歩一歩、歩んでまいりたいと思います。

100418_194801


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。