Posts Tagged ‘原発再稼働’

首相はこれに対し「日本は島国で、近隣諸国から電力を輸入することは極めて困難だ」と指摘。資源に乏しい日本では原発は引き続き重要な役割を果たすとし、安全確保を徹底した上で再稼働を進めたいと表明した。

「原発やめると言えない」「日本は電力輸入極めて困難」 安倍首相、独紙に書面で – MSN産経ニュース

「脱原発」先進国?とも言えるドイツで、堂々と原発再稼働を名言したことに大きな意義があると思う。

外憂内患山積の中、奮闘されている安倍首相。
今回の発言は、全くその通りで、僭越を承知で、
「グッド・ジョブ!」と言って差し上げたいです。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

参院選後も時折辻立ちをしているのですが、ほとんどひとりで立っているので、以前のように動画が撮影できませんでした。

9日も加賀市で辻立ちをし、「自分撮り」してみたのですが、見事に頭半分が切れておりました。
その方がいい、という説もありましたが(笑)、ちょっとあんまりなので、10日に別の場所で(室内で)動画を収録してみました。

サポーターの方にYouTubeにアップする、と約束したので、(自分でアップするのも初めてなので)四苦八苦しながらアップしてみました。

下記URLでご覧いただけます。

↓クリックすると直接ご覧いただけます。

2013.9.10 幸福実現党 みやもとさとし@金沢市内某所にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

誘致にご尽力された関係各位に、心からの敬意と感謝を捧げたいと思います。

オリンピック開催を機に、日本人の心が一つになり、再びわが国の自信と誇りを取り戻しますように。
そして、東京オリンピックが真に平和の祭典の象徴となり、世界の恒久平和への第一歩となりますように。

開催に向けて、これからやるべきことは山積されていると思います。
選手の強化やインフラ整備はもちろんのこと、決定前に「懸念材料」とされていたことを踏まえて、以下のことをできるだけ速やかに実行されますよう、提言させていただきたいと思います。

まず一つ目は、消費税の増税などは中止すること(これはやるべきこと、ではなくやるべきではないこと、ですが)。
ただでさえ物価が高いと言われているのですから、消費税など上げるべきではないのはもちろんのこと、できうる限りの税金は安くすること。

二つ目は、集団的自衛権の行使を可能とすること。
これは日本のみならず、世界中から選手やスタッフ、観客などが訪れるのですから、安全保障上当然のことです。
できれば憲法改正までやってしまいたいところですが、そこまでいかなくても最低限、集団的自衛権は行使できるようにしておくべきです。

三つ目は、原発の安全宣言をして、速やかに 再稼働を進めること。
安定的に十二分な電力が供給できなくて、こんな大事業を推進できるはずがありません。

そして、できうるならば、リニア新幹線は、国家プロジェクトとして、東京—大阪間は2020年までに開通させてしまいましょう。
JR東海ががんばっていますが、私企業としての限界があります。
2027年にやっと東京—名古屋間では、遅きに失したと後世言われることになるでしょう。

東京オリンピックを機に、日本が再び高度経済成長路線に入ることを願います。
日本がもう一段繁栄することで、世界経済を牽引し、さらには世界の平和にも貢献できることになります。
まさしく、日本が“ゴールデンエイジ”を迎えることで、ひとり日本のためのみならず、世界の希望の星となり、 正義と平和の守護神となることができます。
そのような時代が来ることを、心から祈念致します。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

関西電力大飯原発(福井県おおい町)の敷地内断層を調べた原子力規制委員会の有識者調査団は2日、評価会合を開き、関電が「F―6」と呼ぶ3、4号機の重要施設の下を通る破砕帯(断層)は「地盤をずらす可能性のある断層(活断層)ではない」との認識で一致した。

大飯原発「活断層ではない」 規制調査団の認識一致 原発再稼働問題 福井のニュース :福井新聞

これでとりあえず、再稼働に向けて一歩前進することにはなったので、喜ぶべきとは思います。

しかし、本質的な問題がいくつかあります。

一つは、そもそも、活断層はその上に原子力発電所を建ててはいけないような危険なところなのか。

もう一つは、再稼働するか否かの権限は、原子力規制委員会にはないにも関わらず、その判断が絶対であるかのように報じられる傾向があること。

前者についていえば、活断層があるところは地震が起こる確率が高いという科学的根拠は何もありません。しかも、40万年前に遡って活断層が危険ということになれば、日本列島どこに行っても、何を建てても危険ということになりかねません。これでは、そもそも、日本列島に住むことすらできなくなります。
はじめから原発を再稼働させないための規制委員会だと言われても仕方がありません。
たとえ地震に直撃されたとしても、冷却用の水源と電源が確保されていれば、原子炉は安全に停止できます。

二点目について言えば、環境省の一外局に過ぎない原子力規制委員会に、国家のエネルギー政策を左右するような大権を与えるべきではないのは当然と思います。
野田政権時代に野田首相が、規制委員会の独立性を盾に、責任を丸投げしようとしたのですが、安倍政権もこれを「踏襲」(?)したのか、「原子力規制委員会が安全認定を出した原発を再稼働していく」という姿勢のようです。
が、政権与党が「責任政党」を自任するならば、無責任な「脱原発」」論に乗せられることなく、早期に再稼働させる意志を明確にするべきでしょう。

日本からエモーショナル(感情的)な原発アレルギー(というより、「核」アレルギーか)を払拭するには、まだまだ時間とエネルギーがかかりそうです。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

現在、唯一稼働中の泊原子力発電所3号機(北海道電力)が5月5日に定期検査に入ることで、日本にある原子力発電所は54基全てが停止することになるため、政府は、福井県の大飯原発3、4号機(関西電力)の再稼働に向けた取り組みを続けている。だが、大阪市の橋下徹市長を始め、滋賀県の嘉田由紀子知事、京都府の山田啓二知事が、事故があれば被害を受ける「地元」として、再稼働に反対の意向を強く表明している。

大飯原発再稼働で問われる政府のエネルギー政策方針 | ザ・リバティweb – 幸福の科学出版 | 幸福の科学・幸福実現党

沖縄・普天間基地移設問題も同様な問題を孕んでいますが、
外交・安全保障やエネルギー政策のような大きな国家の方針は政府が決めること。

国民や地方は意見を言うことは大切だし、政府は意見を聴くことも大切。

しかし、指導者は、人々の意見を広く聴き、感情を汲み取りながらも、最後の決断は自らの責任においてしなければなりません。

地元の人々の利害、目先の利益に反しても、国家百年の大計から見て、国民全体の利益に資するならば、そちらを選ぶという決断をしなければならないことも多々あるでしょう。
時に、囂囂たる批判、非難、中傷の嵐の中を進まなければならない時もあるでしょう。

しかし、それが指導者、特に国家の指導者に求められる資質ではないでしょうか。

いままさに国家の危急存亡の秋(とき)、
指導者には「千万人といえども、吾行かん」という気概こそ、必要です。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

野田政権が原発の再稼働に踏み切ろうとしている。

東京電力の柏崎刈羽原発6号機が定期検査に入り、全国で稼働しているのは、北海道電力の泊3号機1基になった。それも5月5日に止まる予定だ。

「稼働原発ゼロ時代」に向かうなか、原子力安全委員会は関西電力の大飯3、4号機(福井県)について「ストレステストの1次評価は妥当」と認めた。

これを受けて、野田首相と経済産業相ら関係3閣僚が「稼働しても問題はない」と判断し、地元の理解を得る段取りを考えている。

朝日新聞デジタル:社説

朝日新聞らしい社説です。

昨年の東日本大震災では万の単位の人が亡くなりましたが、原発そのものの事故で亡くなった人はいません。この事実をどう見るのでしょうか。
いろいろ言われるけれども、東電は、特に現場の人々は、かなり頑張ったと言えるのではないでしょうか。

この新聞社は原発の全廃を望んでいるのでしょうが、原発を止めてしまっては、経済上も政治・外交上も日本は危うくなります。

デフレで可処分所得が減っている中、電気料金が上がっては不況はさらに深刻になります。
また、日本から原発がなくなれば核兵器に転用する可能性がゼロになるわけですから、核抑止力もなくなります。それで喜ぶ国はどこでしょうか?

野田首相は「脱原発依存への大きな道筋」など語る必要はありません。
「日本の平和と繁栄を護るため、直ちに原発を再稼働させる」と勇気をもって語ればよろしい。

そして、増税法案に命を懸ける、などというバカなことを止めて、財務官僚の洗脳をこそ脱して、「脱増税」「脱デフレ」へと舵を切れば、世論の支持は得られるでしょう。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。