Posts Tagged ‘リーダーシップ’

今日は初夏のようなさわやかな日です。

近未来予言映画「ファイナル・ジャッジメント」が6月から公開されますが、
この映画の公開に先立ち、この1か月を「国防強化月間」と勝手に銘打ち(笑)、
各地でお訴えさせていただきます。

想えば3年前の北朝鮮ミサイル危機に際し、
正面から堂々と国防を訴え、憲法改正を訴えた政党は、幸福実現党のみでした。

決して、日本列島を飛び越えて太平洋に落ちたから、あるいは今回の事件で言えば、1分ぐらい飛翔して落ちたから、と言って、笑って済まされるような問題でも、黙って看過できるような問題でもありません。歳月と共に忘却の彼方に流し去っていい問題でもありません。

あのような国に、このような傍若無人な振る舞いを許してしまうのは、ハッキリ言って日本がなめられているからです。
例えばアメリカ合衆国が隣にあったら、北朝鮮はそんなことは決してしないはずです。

北朝鮮ですら、核を持てばあのような強気な態度に出るのです。
ましてや、共産党独裁・軍事大国、中国はどうでしょうか。
虎視眈々とアジア、アフリカ、西太平洋に覇権を広げようとしています。そして、堂々と、尖閣諸島は自国の領土だと主張し続けています。

敢えて言いますが、抑止力となる「武力」を持たなければ、また、持っていても行使できなければ、戦いを抑止することはできないのです。
ミサイルが日本列島のどこかに打ち込まれ、被害が出てから(すなわち日本人の数千~数万人、あるいはそれ以上の方々が亡くなってからでなければ)反撃できない、もしくは今の体制ではそのような事態に陥ってさえ反撃できない可能性さえあります。
ということは、このことを侵略的意図を持った国が知っていれば(当然知っています)、脅すだけで、労せずに占領することが可能ということです。
こんなバカなことがありますか?

自分の国を自分で守る意志も責任感も気概もなければ、アメリカはいくら同盟国と言っても、自国の青年たちの血を流してまで日本を守ろうなどと思うでしょうか?
たとえ守ってくれるとしても、自分たちは血を流すこともなく、すべてお任せ、というなら、まことに情けないことだと思います。
国防を他国に丸投げしておいて、自国の平和と繁栄だけを求めるならば、それは全く自己中心的な態度であり、世界から軽蔑されてしまいます。

アジアや、イスラム圏の諸国は、日本を信頼し、日本に期待を抱いております。
彼らの期待に応え、世界の中でリーダーシップをとって、世界の平和と繁栄に貢献できる国家を目指すべきだと思います。

日本は国家の気概と誇り、本来のサムライ精神を取り戻さなければなりません。
dsc_6941
今朝は、野々市市イオン野々市前にて辻立ちをさせていただきました。
ご支援、ご声援をくださった皆様、本当にありがとうございました。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

【シリコンバレー=岡田信行】米アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズ会長が5日、死去した。56歳だった。1976年、個人向けのコンピューターを手掛けるアップルコンピュータ(現アップル)を創業。携帯プレーヤー「iPod」や高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」などをヒットさせ、同社を時価総額で世界最大の企業に押し上げるとともに、カリスマ経営者として業界の変革を主導し続けた。

米アップルのスティーブ・ジョブズ会長死去  :日本経済新聞

病とはいえあまりに突然の旅立ちでした。

激しい人生でした。

シュンペーターの言葉でしたでしょうか、

「起業家は現代の英雄である」と言われますが、

その意味で世界は英雄の一人を失ったといえましょう。

毀誉褒貶はいろいろありましょうが、

企業家精神、リーダーシップの一つの形を示した偉人、英雄と言ってよいでしょう。

魂は永遠です。

安らかにあの世に旅立たれた後は、

無事、天上界へと還り、

地上の起業家たちを指導され、

世界をさらに素晴らしくすることに力をお貸しくださいますことを、祈念いたします。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

東日本大震災で福島第1原発が津波による被害を受けたことによって、東日本では節電が続いています。

すでに夏の電力不足が心配されております(約2千万キロワット不足すると言われています)。

これに対して、計画停電、輪番制、サマータイムの導入、電力料金値上げによる電力使用の抑制、はては夏の甲子園の中止など、様々な対策が提案されているようです。
これらの提案の殆どは、電力の使用を抑えること、要するに節電です。

しかし、これから復興しようとするときに、電力をはじめとして必要なエネルギーが十分に使えずに、どうして復興が順調に進むでしょうか。

おそらく、福島第一原発は復旧せず、新しい原発の建設も難しいだろうし、たとえ建設するとしても当然、すぐには発電できるようにはならないだろうし、
代わりの発電ではとても供給が追い付かない、といった理由からだろうと思われます。

しかし、できない理由を数え上げていても仕方がありません。
節電一本ではなく(節電を否定するものではありません。合理的な節電はもちろん大切と思いますが)、あらゆる手段を講じていかにして供給を増やすべきかということをまず第一に考えるべきではないでしょうか。

東京電力は、他の電力会社やIPP(石油・鉄鋼・科学などの他の事業者による電力供給)からの融通と、火力発電の増強により、850万キロワットを準備、また非常用電源、太陽光発電などの分散電源を導入することにより365万キロワット供給を増やすことができるようです。
それでもまだ1千万キロワットほど足りません。

スマートグリッド(ITを使い、電力の流れを制御し、使用量に合わせて最適な発電量・蓄電量を調整する)も早急に構築すべきでしょう。

太陽光、風力、燃料電池、などなど、打てるだけの手を次々と打ち、供給を確保することが大切だと思います。

しばらくは、ガスタービン発電が有効かと思いますが、原発も、単なる恐怖心やアレルギーで拒絶することなく、放射能が絶対漏れないよう、もう一段シェルターで完全に覆うなど、安全対策をもう一段高めるなどして、原発に替わるエネルギー源が出てくるまでは、簡単に捨ててしまわないことが大切だと思います。

代替エネルギーとしては、燃料電池が最も有望なものの一つだと思いますが、必要なエネルギー量を賄うまでには、まだまだ時間がかかるでしょう。
しかし、「必要は発明の母」と言われるように、このような事態になって、さらに開発速度は速くなる可能性はあります。

いずれにしても、これを成し遂げるには、必ず復興させるという、指導者の強い意志とリーダーシップが大前提として必要と思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

オバマ米大統領は30日、ワシントン市内のジョージタウン大学でエネルギー安全保障について演説、「米国は電力の5分の1を原子力エネルギーから得ている。原子力には大気中の二酸化炭素を増やすことなく電力を作る重要な能力がある」と指摘し、原発推進の姿勢を堅持する考えを表明した。

それでも…オバマ大統領は原発推進路線を堅持 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

YOMIURI ONLINEは、さらに、

「オバマ大統領は、福島第一原発の事故で米国内でも原発の安全に懸念が高まっていることに対しては『安全は必ず確保する。調査結果や教訓を、次世代の原発の設計、建設に役立てる』と述べた」

「また、中東政情が不安定になり原油価格が高騰している問題については『今から10年少しで、石油輸入量を3分の1削減する』とし、2025年までに石油の輸入量の3分の1を減らす方針を示した」

と伝えています。

実際の震災の当事者である日本の首相にこそ、こうした勇気ある決断をしていただきたいものです。

日本の選択肢は2つです。現状維持で行くか、さらなる発展を目指すのか。

しかし、残念ながら、戦って戦って、やっと現状維持できるかどうかというのが、今の厳しい世相の現実です。
したがって初めから現状維持でよしと思うことは破滅への道を意味します。
すなわち、日本がどんどん貧しくなる道です。

一方、発展を目指すには勇気が要ります。
それは、イノベーション、変革を必要とするからです。
そしてそれは、(少なくとも当座は)すべての人が納得し満足するものではありえません。
それゆえ、ひとは基本的には現状を変えることを嫌がります。
しかし、そのままではいつか”ゆでガエル”になると思えば、勇気を出してそのぬるま湯から出る必要があります。

日本が貧しくならないためには、もっと積極的に言うならば、さらなる繁栄への道を歩むためには、何といってもエネルギー供給は確保しなければなりません。
もちろん、合理的な省エネは必要でしょうが、さまざまな価値創造にはエネルギー消費はどうしても伴います。

それを原発に頼らないとするならば、代替エネルギーでは現状ではとても追いつきません。
ならば原油に頼るしかなくなりますが、これはシーレーンを押さえられたら(つまり石油が一滴も入ってこない状況になったならば)太平洋戦争と同じような状況になることを意味します。

ここは原発(原子力エネルギー)に対する否定的で感情的な議論ではなく、公平に理性的に議論する必要があります。

論理的に考えるならば、オバマ大統領が言うように、原子力はCO2を増やすことなく電力をつくることができ、中東情勢が不安定で原油が高騰していく状況下では、石油の輸入量を減らしていくのは当然の判断でしょうし、安全に関する懸念に対しては、「安全は必ず確保する。調査結果や教訓を、次世代の原発の設計、建設に役立てる」と明言することは、これこそがリーダーシップと言えるでしょう。

震災を機に、原発も含めてさらに安全性を高めて復興させてゆく。
そして、世界で最も安全で、平和で、豊かな国を創ってみせること。
これこそが、震災で命や肉親、財産などを失った被災者の方々の、尊い犠牲に報いる道だと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

侵略の危機

歴史的にも、また国際法上も、わが国固有の領土であることは疑いのない尖閣諸島が、200年遅れてきた帝国主義国家・中国に、掠め取られようとしている。

このことは、今回の尖閣諸島での中国漁船による公務執行妨害、その事件に対する、中国側の高飛車な態度、そして拘束していた船長を、「今後の日中関係を配慮して」(那覇地検・鈴木亨次席検事)、釈放したことで、かなり現実的になった。

中国の言い分は、無茶苦茶である。
中国内においては、そのように洗脳し、通用する理屈であっても、国際的には通用しない。
そのような国に対して、弱みを見せては絶対にいけない。

結局、中国の脅迫に対して、日本政府が膝を屈したということか。

民主党政権の外交・安全保障政策のなさは、われわれ幸福実現党が、昨年の政権交代以前から警告していたことだが、そのことが普天間基地移設問題に続いて、さらに明らかになった。

毅然とした態度を

私たちは、日本政府に毅然とした態度を期待していた。
民主党・現政権にそれを期待するほうが、間違っていたというべきかも知れないが。

毅然とした態度とは、日本の領土と、国民の生命・安全・財産を守り抜くという、国家の強い決意を示すものでなければならない。
それには、一定の軍事力を含むところの強制力の行使も辞さない、という覚悟が(当たり前だけれども)必要だ、という当たり前の事実に気がついたというなら、この事件も、意義があったと見るべきかもしれない。

しかし、日本が植民地になってからでは遅すぎる。
取り返しがつかないのだ。

日本が毅然とした態度をとるということは、日本だけでなく、韓国や台湾などの東アジア諸国も日本に期待していたことだと思う。
覇権主義・軍拡路線をひた走る中国の横柄さには、他のアジア諸国も辟易としていることだろう。

安全神話からの脱却

日本人も、もうそろそろ、「空気と水と安全はタダ」(空気と水は、近年必ずしもそうではないかもしれない)、「自由と民主主義と平和はタダ」という迷妄から脱却しなければならないだろう。
これらは、不断の努力なしには、手に入れることも、維持することも困難なものである、という普通の、国際常識に目覚めなければならない。

現実にわが国の平和と安全が脅かされる状況において、かつ日本が直ちに自主防衛することが困難な現状では、どうしてもアメリカとの同盟関係、そしてそれをより強固なものにしてゆくことは不可欠である。
こんなときに、米軍基地は出て行ってほしい、などというのは、自殺行為である。

これから中国船が、大手を振って、大量に、頻繁に尖閣諸島沖に来る可能性は高いだろうから、海上保安庁の巡視艇や海上自衛隊の艦艇を増派し、領海侵犯に対処するとともに、南西諸島には陸上自衛隊を増強する必要があるだろう。

「地域主権」の危険性

また、「地域主権」を声高に叫ぶ菅政権だが、この考え方も注意しなければならない。
こと外交・安全保障に関する判断を、「民意」の名の下に、沖縄県民にゆだねるのは、中央政府としてあまりにも無責任である。
国家の指導者がリーダーシップを失っては、国家は解体してゆくしかない。

片務性の強い日米同盟

さらに、当面は日米同盟を強化することでしのいだとしても、片務性の強い現在の日米安全保障条約の下では、たとえば今回のように、尖閣諸島問題だけで、アメリカの軍事的プレゼンスを期待するのは益々難しくなるだろう。
アメリカの若者は、沖縄の基地に赴任するに際して、日本人のために命を賭けることを宣誓して来るという。
アメリカ兵が日本人のために血を流しても、日本の自衛隊は、アメリカ人のために血を流さない(流せない)では、どうして日本を守ってくれるのか。
これほど虫のいい話はないではないか。

避けられない集団的自衛権、憲法改正論議

この先、少なくとも集団的自衛権の行使、さらに言えば、憲法9条改正についても、どうしても避けて通れない議論になってくるだろう。

「自虐史観」の毒水

それにつけても、この一連の中国の態度、それに対するわが国の対応を見るに、「自虐史観」の流す毒水、害悪が、どれほど大きいことかと改めて感じざるを得ない。

中国においては、反日的教育によって、国内の不平不満の矛先を、日本に向けさせる、というのは国家戦略としてとりうるということは理解できる(そういうやり方は容認はできないが)。

しかし、日本がわざわざ自国を殊更に卑下し、自国民を貶めるような教育・洗脳をする必要がどこにあるのか。
これが、日本人の持つ、(ニセモノの)謙虚さカルチャーと一体となって、自国民の誇りと自信を奪い、自由と自助努力、そして繁栄の精神を損ねていると感じる。

もうそろそろ、この自虐史観からも脱却しなければいけない。

求められる「宗教立国」

日本が軍事力を持つと、必ず軍国主義国家となって、近隣諸国を侵略する、などということは、21年連続して10%以上の軍拡をやり、核ミサイルも何百発も持っており、実際に帝国主義的拡張路線をとっている国に言われるべき筋合いはまったくないのだ。

日本はそんな国ではない。サムライの国であり、正義や礼節を愛する国である。
もともとは仏教や神道、儒教が長く国の背骨となってきた宗教的精神にあふれた国であり、慈悲を具現化する国家である。
これぐらいのことはきっちりと言ってやるべきだ。

そして、日本は、真の意味での世界のリーダー国家となって、世界の平和と繁栄のために、主導的な役割を果たすべきだ。
そのためには、どうしても、宗教的精神が、国家の精神的支柱として必要だ。
これなくしては、どうしても唯物論的な価値観に流され、この世での生存のみを尊しとする思想になってしまう。
己の命を賭してでも守るべき、崇高なものは、やはりある。
これが、人間と動物とをわける、根源的なものだからだ。

「日本よ、世界のリーダーたれ」―。
日本のみが、世界の希望なのだ。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

こんばんは。みやもとさとしです。

今日も寒い日でしたが、私の住む白山市から、白山がくっきり見える、すばらしいお天気でした。

空気もとても澄み切っていました。

今日の青空のごとく、透明で澄み切った心で生きていきたいものだと思いました。

きょうは、某証券会社の課長さんとお会いして、いろいろお話を伺う機会を得ました。

概して、ビジネスの第一線でご活躍されている方は、経営感覚、世界情勢、経済環境についての認識、自助努力の精神など、幸福実現党の主張する思想と親和性があり、健全な保守の精神を感じます。

この課長さんも、そのようなお一人でした。

左翼的な思想のなかには、お金持ちにたいする嫉妬心、富を憎む心があるようですが、誰か富、あるいは価値を創造する人がいなければ、この世はみんな貧乏になってしまいます。

自分がそうでないからと言って、お金持ちがすべて悪人であるかのようにみる見方は、どこかいびつだと思うのです。

努力や知恵を使い、成功し、豊かになることはすばらしいことです。

それを肯定的にとらえ、成功者を祝福する文化を醸成することこそ、大事だと思います。

件の課長さんには貴重なお話を多々伺ったのですが、最後に言われて印象深かったのは、「強力なリーダーシップを持つ政治家が必要だ」ということです。

ビジネス社会においても、厳しくはあっても、正しいことは正しいと言って、みんなを率いていくリーダーがいてこそ、ビジネスは成功し、社業は発展していく。国家においても同じだ、ということでした。

まったく同感です。

この国難の時期において、今こそ、政治家に強力なリーダーシップが求められている時代はないといえましょう。

しかしそれは、単に独裁的で強権的なリーダーシップであってよいわけはなく、

希望の未来を指示し、人々を幸福の彼岸へと導くものでなければならないのは言うまでもありません。

つまり、私利私欲や利権ではなく、日本、ひいては世界を繁栄と幸福に導く未来ビジョン、構想力、そしてそれを信念を持って実現するための忍耐力、断行する力が必要だと思います。

そのような、強いリーダーシップを持つ政治家として成長してまいりたいと強く決意いたします。

さて、今日は、幸福の科学の金沢支部と、金沢北支部の2つの支部を訪問しました。

もちろん、幸福実現党も、幸福の科学グループの一つであり、私自身も信者ですから、幸福の科学の施設にはよく行きます。

しかし、きょうは2つの支部で、それぞれ、かなり熱く、未来ビジョンや、政治のあるべき姿について、懇談できました。

訪れたのは両支部とも日中だったので、ご婦人の方がほとんどだったのですが、みなさまとても今の政治を憂いておられ、日本と世界の平和を願っておられました。

政治については、時代に迎合することなく、信念を貫く政治家の出現を待望しておられました。

この日、たまたま今春から大学に進学するHくんとお会いすることができました。

古くからの友人のご長男でもあるH君のことは、私もとても気になっていました。

無事、大学に合格されたとのこと、本当によかったと思いました。

(私自身、3人の子供がおり、長男はH君と同じく、今年大学に進学しました)

そして、これから、日本がゴールデン・エイジを迎えるにあたり、彼らの世代が、本当に活躍できるための土台を、私たちがつくっていかなければならないのだという思いを強くしました。

決して、日本をこのまま沈没させてはならない。

改めて、そう決意させていただきました。

100330_163701


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。