‘携帯からの投稿’

DSC_0024.JPG

無責任な「脱原発」による電力危機の打破、国難の元凶・菅首相の即時退陣を訴え、加賀市内で街宣!
雨の中、サポーターのSHさん、JHさん、ありがとうございました。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

無責任な「脱原発」による電力危機の打破、国難の元凶・菅首相の即時退陣を訴え、白山市内で街宣!
サポーターのIさん、Hさん、ありがとうございました。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
110617_1334~01_Ed.JPG 110617_1336~01_Ed.JPG 110617_1404~02.JPG 110617_1416~01.JPG 110617_1451~01_Ed.JPG

こんにちは!
元気のみやもとです

「日本を守り抜く!国民集会」参加しました!

日比谷野外大音楽堂にて

実行委員長は惠隆之介先生。

来賓に、国会新聞社編集次長の宇田川敬介さん、元海上保安庁SST隊長の住本祐寿さん、
われらが幸福実現党ついき秀学党首、
そして慶應義塾大学の小林節先生も駆け付けて下さいました。

集会の後は、
7つの梯団で、
日比谷公園〜虎ノ門〜銀座へデモンストレーション。

時々雨が降るお天気でしたが、さわやかに行進致しました。

平日のお昼にも関わらず、沖縄から北海道まで、全国から集った同志たちを見て、とても頼もしく思いました。

「日本を守り抜く!」のは、志ある私たちしかいません!

今後ともがんばって参ります。

写真1:「君が代」斉唱
写真2:挨拶される惠隆之介先生
写真3:来賓挨拶・ついき党首
写真4:来賓挨拶・小林節先生
写真5:「沖縄の自由を守る会」の皆さま


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
110509_0819~01.JPG

こんにちは!
みやもとさとしです。

本日、朝8時より白山市内で辻立ちし、菅直人首相に対し、即時退陣と浜岡原発停止要請の撤回を求めました。

去る6日、菅直人首相は中部電力浜岡原子力発電所の「運転停止要請」を唐突に発表しました。
まさに「唐突」です。

従来のエネルギー・原子力政策を真っ向から否定するものであり、菅首相の「反原発」の心象風景をそのまま具現化するものです。

菅首相は国家のエネルギー戦略、夏場の電力供給、地元や日本全体の経済活動、国民の生活に及ぼす影響など、全く考えることなく、議論も手続きも一切放擲しています。

こんな「政治主導」ならぬ「政治の暴走」を放置しておくわけにはいきません。
このままであれば菅首相は、「独裁者」への道をひた走るのみです。

日本経済を沈没させるつもりなのでしょうか!

はっきりいえば、天変地異発生の根本原因は、時の政権が神仏の御心に適っていないということの天の意志表示、警告です。

「国民の生活が第一」と言っていたはずなのに、国民の生活を破壊するようなことを繰り返し、てんとして恥じない態度を続けるならば、天の警告はまだまだ続くでしょう。
その被害を被るのは外ならぬ国民です。

このような責任逃れの、人気取りのパフォーマンスは決して許さない!

「千年に一度」と言われる大震災が起こったいま、現政権においては誰一人、責任を取っていません。

震災の根本原因である菅直人首相本人が辞職することこそ、最大の防災対策です。

菅首相は、浜岡原発の運転を止めさせる代わりに、まず、自らが即刻、退陣せよ!

以上を、強く訴え続けて参ります。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

きょうから沖縄県知事選のお手伝いのため、沖縄に来ています。

10月3日のデモ以来、再び沖縄の地を踏みました。

沖縄の明るく、豊かで大らかな雰囲気が大好きです。

主として八重瀬町と糸満市の後援会の皆さまのお手伝いをさせていただきます。

那覇市内の金城タツロー後援会事務所を訪ねた後、八重瀬町と糸満市の後援会の皆さまにご挨拶させていただきました。

マスメディアの不公平な報道により、唯一、普天間基地の県内移設を訴える金城タツローが、立候補を予定していることすら知らない方々がほとんどです。
後援会の方々は、そうした県民の皆さまに、丁寧に膝詰めでお伝えしておられ、本当に頭が下がります。
こうした真摯で誠実な皆さまと一緒に活動できることを嬉しく、また誇りに思います。

今回の沖縄県知事選が、沖縄県はもちろん、日本の未来が明るく拓けてゆくターニングポイントとなることを祈念致します。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
100929_1102~01.JPG

大川隆法総裁著の最新刊『ストロング・マインド』。

自分が地上を去るとしたら、その前に息子に、遺言がわりに、贈りたい書です。

「人生は、それ自体が一つの学校であり、この世で楽をするために生まれてきたわけではない。いろいろな経験を積むために生まれてきた」

「決して乗り越えることのできない苦難・困難はない」

「どんなに客観情勢や環境が悪くても、そのなかで自ら灯火(ともしび)をともす。光を放つような人生を生きる」−。

汲めども尽きぬ生命の泉水のような言葉で満ち満ちています。

不覚にも涙が込み上げて来ました。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

まずはご決意に敬意を表したい。
国家のトップは、我々が想像もできない激しいプレッシャーを受けながら執務されていたと思うからである。
遅きに失したとはいえ、重大なご決意をされ、8ヶ月間お疲れ様でしたと申し上げたい。

内容の是非はともかく、わかりやすい演説だった。
首相就任されてから、最もよい(あくまで内容の是非ではなく、論点が明確という点で)演説の一つなのではないか。

辞任する理由を2点簡潔に述べておられて、わかりやすかった。
一つは普天間問題での迷走。

もう一つは、政治とカネの問題。
これらはこれでわかりやすい説明だったと思う。

ただ、内容を検討すると、
政権交代、政治主導、さらに子供手当や高校授業料無償化など、(国家)社会主義的政策を「間違ってなかった」と確信されている。

「国民が聞く耳を持たなくなってしまった」と、「不徳の致すところ」とは言いつつも、やや責任転嫁なさっているように思える。

政権離脱した社民党への気の使い様にも違和感を感じる。
「社民党より日米関係を重視した」と批判されたとおっしゃるが、それは当然。特定の政党より国家の方が大事だろう。
安全保障についての考え方は、未だに米軍基地の県外移設に未練がおありのようだ。
米軍依存だけでなく将来的に米軍に頼らず「日本の平和は日本の手で」とおっしゃるが、このまま米軍のプレゼンスを排除すれば、中国の覇権下に入ってしまう危険性が極めて高い。
李明博大統領、温家宝首相との会談に触れ、”We are the One.”と…これは国境をなくし、属領化を認めるように捉えられかねない。

総じて、「この8ヶ月間、一生懸命がんばったことを認めてほしい」ということだろうか。
しかし、極めて社会主義的傾向の強い政策、さらにアメリカと距離をとり、中国の覇権下に入っていくような流れは、断じて受け入れることはできない。

首相辞任により、また首をすげ替えるだけだったら批判していた自民党政治と変わらない。

安全保障、経済問題など、昨年来私たちが「国難」と訴えてきたことは、現政権下で現実化してきた。
これは首相が替わって解決する問題ではなく、民主党自体が持っている問題なのだ。

また、小沢幹事長も辞任とのことだが、引き続き闇将軍として権力を振るうならば、それこそ民主主義の危機であり、益々この国は危うくなる。

このうえは、改めて解散総選挙をし、民意を問うべきであると考える。

ただ、いまのままでは、野党が内閣不信任案を提出しても、否決されるだろう。
民主党のなかの、健全な保守思想を持つ皆さまにぜひ立ち上がって頂きたいものだ。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

以下、産経ニュース(2010.1.9 21:14)より引用

【揺らぐ沖縄】容認でも反対でも普天間に「壁」
 「知事…。私の方も知事の決断をお願いするかもわかりません」
 9日午前。沖縄県庁6階の知事応接室では仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事と向かいあっていた平野博文官房長官が突然、こう切り出した。
 政府の迷走にすっかり「県外移設論」に傾いていた知事は一瞬凍り付いた。
政府の最終結論は、知事が否定する「県内移設」かもしれない−。平野氏の発言をサインだと理解した知事は「恐ろしいですね…」とつぶやいた。
↑引用以上

なぜ、仲井真知事が「恐ろしいですね…」とつぶやくのか、理解に苦しむ。
ほんっとうに理解できない。

県外移設のほうがよほど恐ろしいではないか。
何度か繰り返し述べたように、沖縄に基地が必要な理由は、沖縄を守るためである。

県外移転派の根底にある考え方は、沖縄に基地があると、戦争に巻き込まれる危険がある、ということではないだろうか。
もしそうだとすると、グアム移転という話は、日本だけ戦争に巻き込まれなければよく、グアムは巻き込まれても言い、という手前勝手な論理となる。

たとえば、沖縄はサファリパークの中を走っているバスのようなものではないか。
頑丈な柵でバスを囲っていなければ、猛獣の餌食になってしまう。
米軍はこの柵の役割を果たしてくれているといっていい。
柵を取っ払っちゃって、どうやって乗客を守るというのだろうか。

中国はそんな猛獣じゃない、パンダのようなフレンドリーな存在だと勘違いしてる人もいるかも知れないが、パンダはなかなか獰猛だ。

中井真知事は、いったい何が恐ろしいといったのだろう。
中国の思惑通りに行かなくて、その怒りを買うことだろうか?

共産党独裁の全体主義国家・中国は、それは恐ろしい。
だからといって、なんでも言いなりになるのは、主権国家として恥ずかしいことである。
人民を弾圧したり何千万人も粛清したりしている中国政府に、そんなことはやめて、もっと民主化するようにと忠告できるような、毅然とした国家になることが大切だ。
そうであってこそ、諸外国に侮られることなく、むしろ尊敬されうる国家となることができるではないか。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

皆さま、あけましておめでとうございます。

ほとんどの国民の皆さまは、神社仏閣に初詣でに行かれた(これから行かれる)ことと思います。

皆さまは、神仏の御前でどのような願いや誓いをなされました(これからなされます)でしょうか。

自我の思いから離れ、虚心坦懐に神仏に祈るという行為はとても清々しいものですね。

私も、幸福の科学の支部に詣で、今年一年の決意と、「幸福維新」の成就を誓わせて頂きました。

私たちは、「幸福維新」を掲げております。
それは、私流に解釈すれば、この地上から一切の不幸を追放する、永久革命です。

現首相は、昨年の政権交代を、「平成維新」、無血革命とうたっておりますが、政権交代の結果、国民が不幸になるなら、そんなものは革命、維新の名に値しない。

バラマキ政策によってもたらされる重税不可避の流れ、巨大な政府、社会主義的国家への道。
日米同盟を捨て、全体主義国家・中国にすりよるかのような外交姿勢。共産主義国家への隷従への道。

日本と世界の未来を暗黒化するような、現政権の誤りを糾し、真なる革命、真なる維新、「幸福維新」を成就するため、不惜身命の精進を、全能の主の御前で誓わせて頂いたと同様、国民の皆さまにも誓うものであります。

本年一年の、皆さま方のご多幸を、心からお祈り申し上げます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 

以下、アサヒ・コムより引用。

「成仏するのは仏教だけ」小沢幹事長、改めて文明観披露
民主党の小沢一郎幹事長が16日の記者会見で、仏教観と文明観を改めて披露した。

 10日に和歌山県の高野山金剛峯寺を訪れた際に、キリスト教を「排他的」「独善的」と指摘。これに対し、「日本キリスト教連合会」が「キリスト教に対する一面的理解に基づく、それこそ『排他的』で『独善的』な発言」と抗議文を送っている。

 これを受けて小沢氏は16日、「(仏教の世界観では)生きながら仏にもなれるし、死ねば皆、仏様。ほかの宗教で、みんな神様になれるところがあるか。根本的な宗教哲学と人生観の違いを述べた」と説明。さらに、エベレストに挑んだ登山家の「そこに山があるから」という発言を引用し「西洋文明は自然も人間のために存在する考え方。(エベレストの)地元では霊峰としてあがめられて、征服しようという考え方はアジア人にはほとんどない」と語り、西洋思想は人間中心だが、東洋思想は人間が自然の一部だと強調。最後は「僕も君も、死にゃ仏になれるんだ、だから」と締めくくった。
http://www.asahi.com/politics/update/1116/TKY200911160351.html

なんという酷い(底の浅い)仏教観と文明観だろうか。
宗教家でもないあなたが、宗教観などを披瀝してどうするのか。

伝統仏教では、「天台本覚思想」が主流になっているから、「死ねばみんな仏様」という思想は、人口に膾炙しているが、もともとはあなたがお話になられた高野山金剛峰寺の教義ではそうではない。
空海は日本初の総合的思想体系と言われる「十住心論」において、人間精神の発展段階を10段階に分けて論じている。
仏教の開祖・釈尊は、悟りの段階として、預流、一来、不還、阿羅漢いう段階を説かれている(それぞれに、それに向かっている途中、その心境を得た段階として、向・果という段階があある。阿羅漢向、阿羅漢果という具合に)。

当時新興宗教として教勢を伸ばしてきた天台宗の最澄と、南都六宗の徳一との間で、三一権実論争(簡単にいえば、「死ねばみんな仏様になる」とした最澄の一乗思想と、悟りには声聞・縁覚・菩薩の三段階があるとした徳一の三乗思想の論争)が起き、結果的にその後隆盛した天台宗の一乗思想が主流となった。

しかし普通に考えれば、「死ねばみんな仏様」なら、努力する必要がないではないか。
お釈迦様のように悟りを求めて修行する必要もない。

なるほど、農家への個別所得補償なる、努力した人も努力しない人も平等に補償するという結果平等・悪平等政策の思想的背景にはこのような偏った仏教観があったのかと妙に納得した。

「日本キリスト教連合会」が「キリスト教に対する一面的理解に基づく、それこそ『排他的』で『独善的』な発言」と抗議したのは正鵠を得ている。仏教理解についても、独善的な解釈だ。

このような浅薄で偏った宗教観・文明観を持っている方が、その強大な権力を背景に、自分の気に食わない宗教を迫害するなどといったことのないように祈りたい。

以前のブログでも触れたが、それはまるで、かつてインドのアジャセ王子が、ダイバダッタと共謀して、仏陀を暗殺しようとしたことを髣髴させる。

せっかくの政治的力量を持っておられるのだから、真実の仏陀の教えを、虚心坦懐に学び、真に宗教的寛容の精神を身に付けられ、正しい方向へと政治的力量を発揮し、この国を導いていっていただきたいものだ。

誤った宗教観・文明観に基づいて、人々を誤った方向に導いていったならば、死後、残念ながら仏様になるどころではなく、その真逆の世界へ行ってしまうのだから。

以上、宗教家でもある筆者からご忠告申し上げます。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
Search
アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。