まずはご決意に敬意を表したい。
国家のトップは、我々が想像もできない激しいプレッシャーを受けながら執務されていたと思うからである。
遅きに失したとはいえ、重大なご決意をされ、8ヶ月間お疲れ様でしたと申し上げたい。

内容の是非はともかく、わかりやすい演説だった。
首相就任されてから、最もよい(あくまで内容の是非ではなく、論点が明確という点で)演説の一つなのではないか。

辞任する理由を2点簡潔に述べておられて、わかりやすかった。
一つは普天間問題での迷走。

もう一つは、政治とカネの問題。
これらはこれでわかりやすい説明だったと思う。

ただ、内容を検討すると、
政権交代、政治主導、さらに子供手当や高校授業料無償化など、(国家)社会主義的政策を「間違ってなかった」と確信されている。

「国民が聞く耳を持たなくなってしまった」と、「不徳の致すところ」とは言いつつも、やや責任転嫁なさっているように思える。

政権離脱した社民党への気の使い様にも違和感を感じる。
「社民党より日米関係を重視した」と批判されたとおっしゃるが、それは当然。特定の政党より国家の方が大事だろう。
安全保障についての考え方は、未だに米軍基地の県外移設に未練がおありのようだ。
米軍依存だけでなく将来的に米軍に頼らず「日本の平和は日本の手で」とおっしゃるが、このまま米軍のプレゼンスを排除すれば、中国の覇権下に入ってしまう危険性が極めて高い。
李明博大統領、温家宝首相との会談に触れ、”We are the One.”と…これは国境をなくし、属領化を認めるように捉えられかねない。

総じて、「この8ヶ月間、一生懸命がんばったことを認めてほしい」ということだろうか。
しかし、極めて社会主義的傾向の強い政策、さらにアメリカと距離をとり、中国の覇権下に入っていくような流れは、断じて受け入れることはできない。

首相辞任により、また首をすげ替えるだけだったら批判していた自民党政治と変わらない。

安全保障、経済問題など、昨年来私たちが「国難」と訴えてきたことは、現政権下で現実化してきた。
これは首相が替わって解決する問題ではなく、民主党自体が持っている問題なのだ。

また、小沢幹事長も辞任とのことだが、引き続き闇将軍として権力を振るうならば、それこそ民主主義の危機であり、益々この国は危うくなる。

このうえは、改めて解散総選挙をし、民意を問うべきであると考える。

ただ、いまのままでは、野党が内閣不信任案を提出しても、否決されるだろう。
民主党のなかの、健全な保守思想を持つ皆さまにぜひ立ち上がって頂きたいものだ。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。