石川県は、一昨日あたりから大雪です!

そして、私は昨日も今日もほとんど雪かきに明け暮れています。

国難と重なって頻発する、各地での地震、そして豪雪。

これらは、地上の人々に対する神々の警告である。

などといったら、「そんな馬鹿な。そんなことは迷信に過ぎない」と嘲笑う人が多いかも知れない。

しかし、昔信じられていたことが、いくら科学文明が進んだからと言って、一概に否定されるものでもない。

人間存在を超えた超越的存在、神仏への尊崇の念、礼節が失われたところに、現代社会の混乱の原因がある。

国家の背骨には、しっかりとした宗教的精神が必要である。

背骨なき、クラゲのような国家とならぬように、宗教立国をめざす。

それが、幸福実現党が宗教政党を標榜する所以であり、ここから逃げることはできないと私は考える。

正々堂々と、信仰の大切さを訴えていきたい。

以上、前置きですが、私の幼いころの想い出話を一つ。

雪深い山村の生まれゆえ、雪にまつわる思い出は数限りないのですが、

今日ふと、雪かきをしながら思い出したのは、

小学校3年生ぐらいの時のこと。

私はトタンぶきの納屋の屋根に登って、屋根雪を落としていた。

とつぜん、屋根雪が滑り落ち、私も一緒に滑り落ちた。

とっさに私は左手を伸ばして屋根の端につかまろうとした。

ところが屋根はトタンだったため、軍手をしていたが、軍手もろとも指を切ってしまった。

幸い屋根雪の下になって圧死することはなかったが、左手中指の切り口から白いものが見えた。

私はあわてて母を呼んだ。父は仕事でいなかったように思う。

母は、私を抱えて、当時まだ私の住む集落(阿手)にあった診療所に運んでくれた。

そこで縫ってもらったが、それ以来、中指の第1関節は曲がらなくなった。

小学3年生とはいえ、結構体は大きな方だったから、母が私を抱きかかえて走るのはかなり大変だったと思うが、よく走ってくれました。

もし母も誰もいなかったら、出血多量で死んでいたかもしれない。

そう思うと、母に感謝せずにはいられない。

まあ、面と向かっては照れくさくてあまり言えないので、ここで言っとこう。

「かあちゃん、ありがとう」。

ブログも見るわけはないので、この声は聞こえないだろうが。091219_0929012091219_0927013


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。