民主主義も人間が考え出したシステムである以上、完璧ではありません。
「大勢の人々の“民意”は正しい」という前提で成り立つものでしょうが、「常に正しい」とは限らないのも真理です。
右に揺れ左に揺れ、時に間違った選択をすることもあるけれども、長い目で見たら民意はそんなに間違わない、という、ある意味、”性善説”に立っているとも言えます。
「最善ではないけれども、最悪を防ぐためのシステム」と言われることもあります。

しかし、それでも民主主義を支持すべきである理由の一つは、自分たちの選択が誤りだったとわかったら、あるいはより良い選択肢が現れた場合には、また(選挙を通して)政府を作り変えていくことができる、ということです。
このように、いくらでも政府を作り変えていくことができる、ある意味での永久革命が可能である、ということが、民主主義の最大の利点でありましょう。

しかし、「権利の上に眠るものは保護されない」というのも真理であって、この権利を行使しなければ、すなわち、政治に無関心で、政治参加の自由を行使しようとしない人たちが大勢の場合、既得権益を得ている少数の人たち(必ずしも悪意があって、とは限りませんが)だけが永遠に自分たちに都合のいい政策を実現させようとするわけです。
そうすると、悪くすれば悪徳政治家とそれによって利益を得る人たちにとって都合の良い政治が延々と行われる、そうでなくてもイノベーションが起きづらい、停滞した社会になるでありましょう。

政治になかなか希望が持てなかったり、政治家を信用できなかったり、政治は難しいと思ったり、ということでますます政治不信になったり無関心になったりする人も多いと思いますが、そうすると世の中はますます悪くなっていきます。少なくとも無関心な人々にとっては不利益な政治が行われ続けることになりかねません。

正直に、誠実に、真摯に、正々堂々と正義を貫き、正しいと信ずる政策を訴える、というのも政治家の務めでありましょうけれども、国民の側も、努力して政治に関心を持つようにしたいものです。

(宗教についてもそうですが)政治に対する先入観を一旦取り去って、白紙の目で、政治を見ていただきたいものです。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。