8月になりました。
お盆が近づいてまいりました。
私は、この日本の「お墓参り」という習慣は、とてもすばらしいものだと思っています。
それは、ご先祖にお参りをし、供養をするということですけれども、私たち日本人の心の中に、こうしたご先祖を敬う心、ご先祖を供養する心、こうした心が、しっかりと根付いております。
目に見えない、神仏を敬う心、ご先祖に感謝する心があるということ、
これは、目に見えない世界から、私たちを見つめている存在があるということを、心のどこかで信じているということではないでしょうか。
そして、そういう思いがあるからこそ、「神様仏様が見ている」「ご先祖様が見ている」と思えばこそ、誰もいないところでも、悪いことをしない、という抑止力が働くのではないでしょうか。

唯物論国家と言われる国では、基本的に、神仏を認めません。あの世を認めません。
この考え方を突き詰めていくと、結局、「自分さえよければいい」「今さえよければいい」という考えに行き着くのではないでしょうか。
しかしながら、私たち日本人は、神仏を信じ、ご先祖様を信じる心があり、目に見えない世界から、この世界を見ている目があることを、何となくであっても、信じているのだと思います。
だから、あのような大震災のような災害があっても、暴動や略奪を起こすことなく、お互いに労り合い、助け合うことができたのだと思います。
これは、日本が世界に誇るべき、すばらしい精神性だと思います。

また、お盆は、家族や親戚が一堂に会する機会でもあります。
お墓参りを機縁として、遠くに住んでいる家族や親戚たちが集い、旧交を温め合い、絆を強める機会でもあります。
こうした、家族の絆を深めていくことが、これから、世界最速で進んでいると言われる、少子高齢化社会にあって、家族の絆を強め、助け合っていく姿は、社会保障の一つの理想の姿ではないかと思います。

さて、8月15日は、お盆でもありますが、終戦記念日でもあります。
私たちの祖先、300万人とも言われる英霊が、先の大戦で、尊い犠牲となられました。
その尊い犠牲によって、今日の、日本、そしてアジアの繁栄の礎が築かれたとも言えます。

しかし、戦後70年近く、「自虐史観」と言われる毒水が流され続けてきました。
戦前・戦中の日本は、全体主義国家であり、侵略国家であるという歴史認識は事実でありません。
先の大東亜戦争は、マッカーサーも戦後認めた通り、自衛のための戦いであり、また、アジア諸国を、欧米列強の植民地支配から解放するための戦いでした。
わが国は、今一歩力及ばず、首都・東京の大空襲を敢行し、広島・長崎と2発もの原爆を落としたアメリカ合衆国に敗れたのです。

しかしながら、敗れはしたものの、わが国は、立派に復興し、戦前以上の繁栄を実現しました。
また、アジアのみならず、アフリカも、欧米列強の植民地支配から独立を果たすことができました。
当時、世界では、白人優位説が主流でした。有色人種は、白人より劣るので、植民地支配は仕方がないと思われていたのです。
しかし、日本は、アジア各地で勇敢に戦い、アメリカ以外には、負けておりません。
その、世界最強国のアメリカとも、4年に及ぶ、死活の闘争を演じたのです。
この事実が、アジア・アフリカ諸国に、どれだけの勇気と希望を与えたか、計り知れません。
このことに、私たち日本人は、もっと自信と誇りを持つべきであろうと思います。

南京大虐殺や、従軍慰安婦の強制連行などという、捏造に基づく批判や非難は一蹴し、私たち日本人に深く根付いてしまったいわれなき罪悪感や自虐史観を一掃しなければなりません。
当時の日本軍は、世界一と言ってもいい、軍律厳しく、礼儀正しい軍隊でした。武士道精神はしっかりと生きていました。世界から尊敬されるような軍隊でした。

日本を、侵略国家、全体主義国家にしなければ、日本と戦った連合国は、戦争の大義が立たなかった。
ゆえに、そのような自虐史観を押し付け、罪悪感を刷り込み続けてきたのです。
私たちは、改めて、この日本の、誇りを取り戻さなければならないと思います。
私たちの祖先は、そのような悪人ではありませんでした。
わが国を守るために、そして、アジア諸国を解放するために、まさしく命をかけて、勇敢に戦ったのです。

なぜ、日本だけが、誤った歴史認識によって、謝罪させられ続けなければならないのでしょうか。
こんなことをいつまでも続けていても、日本はもとより、世界のためにも、決してよいことはありません。

世界は今、第2の冷戦、新たな冷戦のまっただ中にあります。
アメリカ合衆国と中華人民共和国という2大強国の覇権争いであります。
この狭間にあって、日本は、いったいどちらの側につくのか、大きな選択を迫られています。

アメリカがすべて正しいとは思いませんが、少なくとも神の目から見た正義は、唯物論、共産主義、全体主義にはなく、
神によって創られた神の子としての人権、自由、民主主義を重んじる側にあります。
私は、わが国が、共産党一党独裁の全体主義国家の支配下に入るのではなく、
自由と民主主義の防波堤となるべきであると考えます。
さらには、自由と民主主義の旗手として、守護神として、世界の平和と繁栄に貢献すべきであると考えます。

このことを闡明するためにも、安倍総理は、300万英霊とその遺族に由々しき罪悪感を押し付け、国民にいわれなき自虐史観を強要しつづけた、「河野談話」「村山談話」を遡って無効であると宣言するとともに、
終戦記念日には、躊躇なく靖国神社に参拝され、英霊に心からの感謝と哀悼の念を捧げるべきでしょう。
さらには、憲法9条の改正を急ぎ、国防軍を創設することに全力を尽くすことを強く希望します。

わが国の誇りを、取り戻しましょう。

野々市市新庄にて

野々市市新庄にて


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。