安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、安倍内閣の閣僚らの靖国神社参拝に中国や韓国が反発していることに関し「国のために尊い命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。その自由は確保している。当然だろう」と述べた。

靖国参拝批判に首相「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」 – MSN産経ニュース

「歴史や伝統の上に立った私たちの誇りを守ることも私の仕事だ。それを削れば(中国や韓国との)関係がうまくいくとの考えは間違っている」もその通り。

このようなことを、外交問題とする方が間違っているのであって、「敬意と外交は分けなければならない」という、誰かの言葉は、いちゃもんをつけて来る国に対して言うべき言葉でしょう。

韓国、中国が「急に態度が変わった」「ある日突然抗議をしはじめた」のもその通り。

日本はどこかの国の属国ではないのだから、遠慮せず、堂々と参拝すればよろしい。こんなことまでわざわざ「毅然と」するまでもないほど、当然のことだから。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。