自民党の石破茂幹事長は27日のNHK番組で、アルジェリア人質事件に関連して、海外での緊急事態に際して自衛隊が日本人を救出できるようにする自衛隊法改正案を28日召集の通常国会に提出したいとの考えを示した。

石破氏、人質事件関連で「自衛隊法改正案提出を」  :日本経済新聞

ことが起きてから対策を立てるという、「泥縄」を絵にかいたような対応だが、もちろん、何もしないよりは遥かによいでしょうね。

民主党の細野幹事長が政府の対応が「やや疑問だ」と言ったというのは、どの点が疑問なのか、この記事だけではわからない。

「共産党の市田忠義書記局長は『なにかあれば自衛隊を出すというやり方は行うべきでない』、社民党の又市征治幹事長は『海外で紛争が起きたときに自衛隊を派遣するのは行き過ぎだ』とそれぞれ表明した」と報じられていますが、
こんな発言が許されるということ自体、つくづく、日本は自由でよい国だと思います。

先日、テレビで日揮の社長の会見を見たが、大変立派だと感じました。
発展途上国の発展のために、プラントを立ち上げ、頑張っている日本人がいる。
世界に誇ってもいいことだ。
左翼的な見方では、「発展途上国から搾取してる」となるのでしょうが。

被害に遭われた方々は大変お気の毒ではあるが、彼らは、使命感を持って、現地で頑張っておられた。日本では絶滅危惧種と思われる「サムライ」だと感じました。

こうした邦人を守るためには、根本的な解決は、「自衛隊法改正」などではなく、
「憲法改正」または「憲法の解釈変更」。
ことは急を要するから、取り急ぎは、解釈変更でしょう。

これくらいで日本が軍国主義化して、アジアを侵略するなんてことは、ありえない、妄想でしょう。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。