細野豪志環境相が、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)のヒアリングで「菅直人元首相は何の躊躇(ちゅうちょ)もなく『撤退はありえない』と言った。日本を救ったと今でも思っている」と述べていたことが24日、分かった。民間事故調がホームページで公開した。

「菅元首相は日本を救った」と細野環境相 – MSN産経ニュース

環境相がこのような見解とは、あきれかえる。

国会も東電も、政府事故調も、「東電に全面撤退の意図はなかった」と結論付けたのではなかったか。つまり、菅氏が東電に乗り込んで全面撤退を阻止したわけでなく、菅氏はウソをついていたことになる。

さらに、事故2日目の早朝に、菅氏がヘリコプターに乗って現地視察をしたため、ベント作業を一時中断したため、水素爆発が起きてしまったという疑いがある。

これが事実だとすれば明らかに首相が引き起こした”人災”であり、「日本を救った」どころか、大変な犯罪行為ではないか。

こういうのを、「顛倒妄想」(テンドウモウソウ)と言うのだろう。

さらに言えば、菅氏は、日本中の原発を停めてしまった。「反原発」「脱原発」の世論の中では、この事の重大性は十分認識されていないだろうが、これらの問題は、いずれ日を追うに連れ、万死に値する、首相の犯罪であったことが明らかになるだろう。

細野環境相には、まだ若く、将来ある身であるのだから、ぜひ、正しい見解を持つことをお勧めする。

※「顛倒妄想」=仏教用語で、価値観が引っ繰り返っている様。真実と全く正反対のことを正しいと思い込むこと。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。