昨日(26日)、羽咋市の幸福の科学北陸正心館にて、政治学習会を開催させていただきました。

13時から、大川隆法総裁による『繁栄思考』セミナーの衛星中継があり(本会場:大阪正心館)、
その終了後、3時15分から開催させていただきました。
h0341
http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0341.html

『日銀総裁とのスピリチュアル対話―「通貨の番人」の正体』をメインテキストに、学びを深めてまいりました。
h7016
http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H7016.html#Related

大川総裁の霊言シリーズは、本人の守護霊(潜在意識)に直接アクセスして対話をするので、表面意識ではいかに取り繕うとも、基本的に嘘はつけません。
本音、つまり心の中で考えていることがズバリ明らかにされてしまいます。

というわけで、日銀総裁の本音がわかってしまいます。

「通貨の番人」の正体、ズバリ、一言で言えば、「ウルトラ貧乏神」ということです。
その証拠は枚挙にいとまがありませんが、いくつかランダムにあげてみると、

「民は貧しくなければいけないんだよ。」(上掲書p85)

「日本は、地球七十億の中の一億なんだから、本当は、七十分の一しか権利を持っちゃいけない。」(p102)

「人口も減って、国際競争力も落ちて、海外にどんどん抜かれていくのは、もう分かってるんだから、それを国民に自覚させることも大事なんだよ。『これから、君たちは、落ちぶれていき、抜かれていくから、それに耐えられるようにあらかじめ教えておいてあげるよ』と言ってね。」(p156)

「だから、私は、人口を減らすことに賛成なのよ。八千万ぐらいまで減らしたほうがいいよ。戦後は八千万ぐらいからスタートしたんだから、そのへんまで戻したらいい。
要するに、人口を四、三千万ぐらい減らす。そうすると、経済も、いちおう、半分か三分の一ぐらいは減るかも知れないけれど、それで、健全な経済活動をして、人間の精神活動が健全になることが大事だ。」(p176)

などなど。
これくらいにしておきますが、最近ようやく決めたインフレターゲットのようなものも、しぶしぶという感じで、「インフレ」という言葉を聴いただけでじんましんが出る、「インフレ・ターゲット」は悪魔の教えだと思っているのが本音のよう。

その日銀の最近の施策を、マルクス主義経済系統の人たちが批判しているところを見ると、白川総裁のもともとの思想はマルクス経済に近いようです。
左翼貧乏神政権との親和性の高さを思わせます。

松下幸之助の弟子であった野田首相といい、フリードマンの弟子筋である白川総裁といい、師匠と真逆をやるのが流行なのでしょうか?
野田首相ともども、即退陣していただきたい方です。

私たちは、「貧乏神」よりも、「繁栄の神」を愛します。
日本全体に憑依している貧乏神たちを追放し、自由と繁栄の未来社会を築くために、全力を尽くします。

※次回は、3月25日(日)、同じく北陸正心館にて開催の予定です。

北陸正心館・一倉洋一館長の講話。

北陸正心館・一倉洋一館長の講話。

私も解説をさせていただきました。

私も解説をさせていただきました。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。