ロシアのセルジュコフ国防相は1日、記者団に対し、同国の北極圏の経済権益などを守るため、ロシア軍参謀本部が北極圏に2つの旅団を創設、配備する計画を策定中だと述べた。タス通信などが伝えた。

国防相は配備の候補地として、北緯68度にある北極圏最大の都市ムルマンスクなどを挙げた。旅団の編成などについては、既に北極圏に同様の部隊を配備している北欧各国を参考にするという。

プーチン首相も6月30日、最大与党「統一ロシア」の会合で、ロシアは北極圏での存在感を高め、その地政学的権益を「断固として、かつ一貫して防衛する」などと述べた。

北極圏には石油や天然ガスなど豊富な資源が眠っているとされ、地球温暖化で開発が容易になりつつある。ロシア政府系天然ガス独占企業ガスプロムや国営石油会社ロスネフチなどは既に活動を活発化させている。

ロシア「北極旅団」配備へ 経済権益防衛と国防相 – MSN産経ニュース

CO2が地球温暖化の主因だとは信じておりませんが、とにもかくにも温暖化は進んでいるようで、北極海の氷も融けだしているようです。

かつてバルチック艦隊ははるばる喜望峰を回って日本海海戦に臨んだわけですが、北極の分厚い氷が日本を守ってくれた面もあったということですね。

しかし、冷戦期までは潜水艦しか通ることができなかった北極圏が温暖化のおかげで艦隊が容易に日本海側や太平洋側に出られるようになろうとしています。

もちろん、ロシアだけではなく、アメリカ海軍も北極圏戦略をいろいろ策定していますし、中国も韓国も北極海航路に商船を通航させているそうです。

わが日本国政府はというと、相変わらず平和ボケしてますから、北極圏に関しての戦略はあまり考えていないんじゃないでしょうか。

中国、北朝鮮に加え、ロシア海軍の脅威も心配しなくてはいけなくなることを意味しています。

ここは北極圏からの軍事的脅威に対する防衛力の強化とともに、資源開発に関してもイニシアチブをとりたいところですが。

中東~インド洋経由のシーレーンが封鎖されるようなことになっても、北極圏航路が使えれば助かるわけですし、
北極圏の天然資源開発にも協力しておけば、資源も確保しやすくなるというものでしょう。

国益をかけての戦いはやはり、外交から始まります。

自分たちの保身や延命ばかり考えているような方々に、そのような戦いは望むべくもないのでしょうが。

政治家には国家のために一身を投げ出す気概が必要だと痛切に思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。