--政権批判を強めていますが、菅政治の問題点は何ですか。

鳩山氏 私は道半ばで首相を辞めたけれども、「国民の生活が第一」という政策的考え方は継承してほしかった。東アジア共同体がTPP(環太平洋パートナーシップ協定)にいつの間にか衣替えし、地域主権の考え方も変わった。一丁目一番地で考えた政策が必ずしもそう扱われていない。もう一度、原点に戻ってほしいという気持ちで申し上げている。

特集ワイド:鳩山前首相の胸の内 問題は小沢氏より菅首相側 – 毎日jp(毎日新聞)

政治家は、言葉を武器に戦わなければなりません。
しかし、嘘や誤魔化しを言ったり、うまく言い逃れをしたりしてもいいというわけではありません。

鳩山前首相が「命を守りたい」と絶叫し、党是でもあろう「国民の生活が第一」という言葉とは裏腹に、スローガンのように「コンクリートから人へ」と言ったことが今回の震災で誤りだったことが明確になりました。
このことを、まず反省し、国民にお詫びすべきでしょう。

TPPも、「東アジア共同体」という、中国を盟主にしかねない危険なものよりは、はるかによいと思いますし、地域主権の考えも国家主権を分裂させる大変危険なものですし、震災の復興などのような大事業は国家主導でやらなければ不可能に近いでしょう。

また、政権交代以降の政治を混迷させている最初の原因の一つは、普天間飛行場移設問題の迷走劇でしょう。
さらに、温室効果ガス25%削減も、農家の戸別所得補償、子ども手当も間違ってないとお考えのようです。

「国難の時に…」と仰るが、みずからが国難の元凶となっているという意識は、まったくないようです。

このままであれば、菅首相ともども、日本国を最悪の国難の淵に叩き込んだ、最悪の宰相としてその名を歴史に残すことになりかねません。

マニフェストの「精神は間違っていない」と言い切る前首相ですが、このような「国難マニフェスト」は、さっさと捨て去るべきです。

鳩山前首相の政治家としての出自を見るならば、自民党田中派という、保守本流に属していたはずです。

この際、保守の精神へと回帰することが、汚名を雪ぐ唯一の道だと思います。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。