前原氏は18日の参院決算委員会で、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件を受けた中国側の「対抗措置」を、「極めてヒステリック」と厳しく批判。19日には中国外務省の反日デモに関する談話に「理解できない」とかみついた。

時事ドットコム:外相、対中強硬発言で釈明=真意は「協力重視」

「極めてヒステリック」「理解できない」などの前原外相の言葉は、きわめて全うだと思う。

これくらい言わなきゃ。わが国の領土と主権に関わる問題である。日本人は本当に怒っているのだということを、主張し続けなければいけないのではないか。

中国人は、仲がいいと喧嘩をし、親しくなればなるほど公に悪口を言うという。

尖閣諸島の領有権を声高に主張する中国に対して、ただ「領土問題は存在しない」として、おとなしくしていたら、中国の領土として確定しているから、領土問題は存在しないのだ、と捉えられそうではないか。

「権利の上に眠るものは保護されない」のだから。

揚げ足を取られるようではいけないが、「おとなしくする」必要なんて、ない。


◆◆◆よろしければクリックお願いします!!◆◆◆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 



コメントをお願いします!

アーカイブ
サイト内検索
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(幸福実現党)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小松情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 白山情報へ 
QuickLinks:
Blog
コンタクト


Site Resources:
RSS Feeds
Privacy Policy
幸福実現党:
公式ページ
お問い合わせ先:
お問合せフォーム
Conversatio: 辻立ちマップ

同時に党員も募集しています。